<   2018年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

スパークリングワインがあれば幸せ!

これがあれば幸せ!
というものを、いくつ持っていますか?

最近、私は結構それを書き出して意識しているのですが、
そのひとつが、スパークリングワイン。

と言っても、アルコールにはめっぽう弱いので、
1杯飲めば酔っぱらってしまいます。

イベントや講座の後の懇親会では、
飲める人が多いです。
ほとんどの方がビール。
みんながビールでかんぱ~い!

ビールも嫌いではないのですが、
なにしろ弱いので、1杯だけ飲むとしたら、
やっぱりスパークリングワインを選んでしまいます。

もっと飲めたら楽しいのにな~と思う反面、
本当に美味しいのを1杯だけ、というのも幸せです。

家では、お風呂上りに、
白ワインにソーダを入れて飲みます。
これが、アルコール分薄まって、ちょうどいいのです。

これは、ちゃんと「スプリッツアー」というカクテル名があります。
さっぱりしていて、家で飲むには、ほんとにおすすめ。
家でスパークリングワイン1本空けても、飲めませんから。

昨日は、早稲田の「ピッツェリア Takata bokusya」に行って、
スパークリングワインとシーフードサラダを注文。
ほんとうに幸せな時間でした!

f0159480_21431955.jpg


ここは、歴史ある「高田牧舎」が、最近リニューアルしてこの名前に。
もちろんピザ(マルゲリータ)も、そしてローストビーフも食べましたが、
この組み合わせ最高でした!
(写真を撮るのを忘れました><)

これがあれば「幸せ」を、「なんとなく」ではなく、
数えて、意識できると、毎日が違ってきます。

ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-31 22:46 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

人が思わず話したくなる距離感、その場所とは?

先日、久しぶりにネイルサロンに行きました。

何かここ一番というイベントがあるときには、
マニキュアを塗ってもらうのですが、先日は、お手入れだけ。

たまにしか行かないので、常連ではないのですが、
そこに座ったとき、ふと不思議な感覚になりました。

初めて会うネイリストの方だったのに、
自分が、結構べらべらとしゃべっていることに気づきました。

こういったサービス業、
例えば、美容院とかエステとかマッサージに行ったときとは、
ちょっと違うのです。

何が違うかというと、椅子の位置です。
ネイルサロンでは、ネイリストの方と
直に近い距離で、真正面に座ります。

なんだか、話したくなる空気、距離感なのです。
ふだんは、初対面の人に、自分のことなどほとんど話さないのに、
ネイルサロンでは、過去にも結構しゃべっていたな~と気づきました。

ところで、一昨日、セミナーコンテスト東京大会がありましたが、
優勝した黒羽雄二さんのタイトルは
「家族の会話がどんどん増えていくダイニングチェアの選び方」
というもの。

家の中で、ダイニングルームの果たす役割がいかに大切か、
ダイニングテーブルは、家族が向き合って座る場所で、
リビングとは違うとのこと。

だからこそ、ダイニングで会話が弾み、
テーブルの配置も、椅子も大切だということ。


f0159480_20250526.jpg


この話は、全く目からウロコでした!

これまでも、家族が仲良くなる家づくりとか、インテリアの話などを
聞くことはありましたが、
ダイニングにスポットを当て、さらに椅子について取り上げるということは、
あまりなかったように思います。
(写真は我が家のものなので、椅子のイメージは違いますが;)

それを聞いて、私は、まさにネイルサロンで向き合う椅子について
思っていたところだったので、ピーンと来ました。

椅子に座って向き合うということ、適度な距離感、
それで、思わず話したくなってしまう、
家族の会話も増えていくなんだな~、と強烈に納得したのです。

他にも、バーカウンターとか、
打ち合わせ、商談をするときとか、
真正面になるということは、よくあります。

ちょっと照れくさい、話をソフトにしたいという
恋人同士などは、
90度の席に座った方がいいですね。

大家族なら、向かい合いも、90度もありで、
みんなで食卓を囲めば、大いに話が弾みます。

いろいろなシチュエーションがありますが、
人と人との距離感、位置は、とっても大切ですね!


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ



by ecott | 2018-07-30 21:16 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

個性を尊重しつつ一体感を味わえるセミナーコンテスト

昨日行われたセミナーコンテスト東京大会。

台風の進路が気になりましたが、結果90人もの人が集まり、
6人の発表に耳を傾けました。

f0159480_19470066.jpg


セミナーコンテスト(セミコン)とは、
「自分の体験をノウハウに変えて、10分で発表する」
というもの。

私自身は、2014年に出場し、
その後は卒業生として、ずっとサポート側でかかわっています。

10分で伝えることの難しさ、楽しさ、
どちらも知っているので、
みなさんの苦労や想いが、とてもよく分かります。

聴く側に立つと、いろいろな分野の方から、
役立つノウハウを知ることができ、まさにお得感が満載です。

例えば、
家を建てるときに、まず家族で準備すること
気軽に座禅を取り入れる方法
苦手な人とのコミュニケーションの取り方
ダイニングチェアの選び方

など、など、、、

私が、こんなに長くセミコンとかかわっていることの
理由のひとつは、

さまざまな人と出会い、刺激し合い、
それでいて一体感が味わえる
ということなのです。

ここに集まっている人は
出場者、オブザーバー(観客)、コメンテーター(審査員)
そして、準備・運営をしているオフィシャルサポーター

オフィシャルサポーターは、かつての出場経験者。
オブザーバーは、ひょっとして未来の出場者です。

発表するときは、だれもが主役となり、
それをこんなに大勢の人が、応援します。

みんなが、その役割を交代で行ってきたわけで、
その個性をお互いに尊重することができるのです。

これこそが、「自分らしくいられる」パーソナルブランドです。

コンテストなので、順位が付きますが、
ここからは、もう毎回悲喜こもごものドラマが生まれます。

懇親会でも、涙あり、笑いありで、盛り上がりました。

東京大会、次回開催は10月7日(日)です。
我こそは、と思う方は、ぜひチャレンジしてみてください
      ↓
第36回セミナーコンテスト東京大会

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-29 20:46 | セミナーコンテスト | Comments(0)

自分の目で見て、選ぶ、買いものの楽しさ

最近のお買いもの、ネットで「ポチっ」ひとつで
カンタンにできるようになりました。

あちこち歩きまわることなく、
欲しいものが手に入るのは、ほんとうに便利ですが、
私は、まだまだ昔人間なのか、
やっぱり自分の足で出かけて、
この目で確かめて、買いたいのです。

それは、服も、本も、食料品も、です。

服は、あちこち見る楽しさプラス、やはり試着したい。

本も、本屋さんに行って、どんなコーナーにあるのかを
確かめて、パラパラっと見て買いたい。

食料品は、「今日は冷蔵庫に何が残っていたかな~」
と考えつつ、そのときの入荷状況や、お買い得などを見ながら決めたい。


f0159480_22313594.jpg


お米とか、瓶類などの重いものは、
夫が買ってきてくれますが、
野菜や肉、魚などは、やっぱり自分の目で見たいのです。

実家の母は、車椅子生活になってからは、
一人では買いものに行けなくなりましたが、
それでも、私や姉が行ったときにスーパーに一緒に行くと、
本当に楽しそうに、あれこれ選んでいました。

人に頼むこともできますが、
やっぱり自分の目で見ることは、楽しいのです。

日本全体で、高齢者の買いもの難民が問題になっています。
近所で買える所が減って、大型スーパーへ行くには、
バスを乗り継がないと行けない・・・とか。
そんなことを、以前テレビで取り上げていましたが、
私には、その気持ちがよくわかります。

誰かに頼めば、
ネットでお買いものすれば(これも若い人に頼みつつ)
と思いがちですが、
遠くたって、自分で行きたいのです。

スーパーへ行くことが、気分転換だったり、
たくさんの商品を見ることが刺激になったり、
なにより、自分の目で本物を見て、確かめて、選ぶということの喜び。

そんな風に考えると、
私も、少しでも長く、自分で歩いて、見て、楽しむことができるよう
日々心がけて、体力をつけておきたいな~と思うのです。

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-27 23:04 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

食洗機と手洗いを使い分ける

みなさんは、食器洗いに、食洗機を使っていますか?
それとも、手洗い派ですか?

こういった意見は、結構大きく2つに分かれるんですよね。

私は、夕食時の食器が多いときは、食洗機を使い
そこに入れられないものは、手洗いと
使い分けています。

f0159480_20282114.jpg


もう38年も前になりますが、
新婚当時、夫の転勤でアメリカに住んでいました。

1980年、日本では、食洗機はほとんど普及していませんでしたが、
アメリカでは当たり前に、どの家庭にも付いていました。

後片づけ、食器洗いが好きでなかった私は、
大きな食洗機を見て、「ヤッタ~!」という思いでした。

汚れたお皿を、さっと水に通して、次々食洗機に入れていき、
バタンと扉を閉めて、スイッチを入れれば、
もうおわり~
キッチン台は、短時間で何もなくなります。

ひとつずつ手洗いして、水切りカゴに入れ、
乾くまで少し待って、拭いて、食器棚に戻すには、
相当の労力と時間がかかります。

自動で洗ってくれるという以上に、
乾かしてくれる、それを放っておけるなんて、
もうこの上ない便利さだと思いました。

ところが、駐在員の奥さまでも、ベテラン主婦だったりすると、
長年、手洗いをしてきて、
食洗機がかえって不便だと感じて、使ってないという人もいました。

これは、日本の食器の形にもよるからでしょう。
茶碗、お椀をはじめとして、
お皿の形も実にさまざまで、繊細なものも。

アメリカで食洗機が普及していたのは、
食事形態にもよります。
食器は、ほぼ平らなお皿。
大中小の大きさがあるくらいで、しかも丈夫。

日本では、さらに食洗機自体が小さいので、
あまり入らないうえに、そんな風に繊細なお皿を分けていると
「え~い、全部手洗いの方がめんどうじゃない~」
と、なったりするんですね。

でも、私は日本でも食洗機を積極的に使い、
手洗いのものは、手洗いで、と分けても
便利!と感じています。

お皿をたくさん使った、油ものが多かったというときは、
やはり食洗機の威力は頼もしいです。

そして、ちょこちょこしている手洗いは、、、
これはこれで、若いころよりずっと好きになりました。

というのは、お皿洗いは、とてもいい気分転換なのです。
人は、イライラしたときに、水をさわるといいと言います。
ただ手を洗うというより、それにはお皿洗いがピッタリ。

特にこんな暑いときは、
水でじゃーじゃー皿洗いは、本当に気持ちいいのです。
(お湯の方が洗浄力がありますが、夏はぬるま湯かあえて水でも)

食洗機と手洗い、うまく使い分けて
とにかく快適、快適に~~


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-26 21:38 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

猛暑日こそ冷えなくては大変!【冷蔵考】

連日35度超えでしたが、
ようやく今日は、ほんの少しですが気温が下がりました。

それでも、まだまだ予断は許されない今年の暑さ。
そんなときこそ、冷蔵庫はフル回転で、
冷たい飲みものや氷を取り出す回数が増えますね。


f0159480_14550608.jpg


そして、外気温が高ければ高いほど、冷蔵庫の冷え方が気になります。

まず冷蔵庫の周囲の気温が35度C以上の時は、放熱が難しくなるので、
側面や上部は、スペースを空けること。

使い方としては、
1 冷蔵室には、詰め込み過ぎない 7割収納

これは、ふだん使いやすさの面からお伝えしていることですが、
冷却機能としても、とても大切なことです。

2 吹き出し口をふさがない

冷蔵庫には、吹き出し口がいくつかありますが、
詰め込み過ぎていると、それも見えなくなってしまいます。

3 開閉回数を減らす

外気温が高いと、空ける度に特に冷気が失われてしまいます。
冷蔵庫の開閉回数は、1日平均35回と言われています。
少しでも回数を減らすには、
料理のときに取り出す食材を、一度にキッチンに運んで、
使い終わったら、一度に戻すなど、ちょっとした工夫をしたいものです。

開けたときの時間も、ごそごそ探しものをしていると、
いつまでも開けっぱなしということになりますが、
これも7割収納であれば、探さなくてもすぐに取り出せますね。

冷蔵庫って、さまざまな面から検証してみると、
つくずくいろんな要素がつながっているなと思います。

整理され、仕組みができていれば、
取り出しやすい → すぐに料理できる 時短
ムダな二重買いがない → 節約
余裕の空間 → 冷却効果 節電 

少しでも効率アップするように、こんな機会にこそ、
冷蔵庫を見直し、労わってあげましょう~


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-07-25 15:51 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

「できない私」でなく「できる私」だと考える

暑いながらも、体のリズムを整えたくて、
今日も太鼓ビクスのレッスンに行ってきました。

これまでも、何度か書いてきましたが、
私の大切な健康法のひとつである太鼓ビクスとは、
ストレッチと和太鼓とダンスを一緒にしたようなもの。

曜日によって、先生が違うので、
ストレッチひとつとってみても、やることは違います。

今日の先生は、ヨガの動きを取り入れていて、
体が年々硬くなっている私にとっては、結構辛い動きも。

膝や腰も痛いので、他の曜日のときも、
これは体にキツイ!と、思うこともしばしば。

でも、今日やりながら、ふとあることに気づきました!
私は、こうしてやっている間、いつも、
硬い、痛い、
元々運動オンチ、
みんなよりできなくてあたり前

と考えることが、習慣になっていたのではないか?と。
ひょっとして、「できない自分」だと決めつけていたのでは?と。

もしかして、「できる自分」だと考えたら
もっと楽しくなるのでは?と。

それに気づいたら、
これまで、すごく損をしていたような・・・

そういえば、これまで何度かブログで
太鼓ビクスのことを書いてきましたが、
そのたびに書いていたことは、
「元々運動オンチの私」

「できない私」を、強調してしまっていたのです。

でも、レッスンに10年も通い続けている・・・
ひょっとして、こっちの部分に、もっと自信を持ってもいいのでは?
と、今日の今日、気づいたら、
これからは、「できる自分」だと考えてやろうと決心しました。

これは、運動だけに限らず、
どんなことも、考え方ひとつで、
自信は、いくらでも自分で作っていけるのでは!!

太鼓ビクスの写真は、なかなかないのですが、
ごそごそと探してみたら、
発表会に出たときの写真をまとめたアルバムが出てきました。

なんと、時は2010年。

f0159480_21000280.jpg


あれから8年も経ったかと思うとびっくりですが、
私より年上の人も多く、まだまだみなさん「自信を持って」がんばっています。

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-24 21:55 | こころオーガナイズ | Comments(0)

「きれい」は、気持ちも効率もアップする

先日行った東京ドームシティーの「スパ・ラクーア」、
最近リニューアルしたこともあって、とてもきれい!

温泉、更衣室、休憩室、レストラン、カフェ、、、
全てに渡って、のんびりリラックスできたのは、
この「きれいさ」があってのこと。

f0159480_08581424.jpg

この清潔感、まさにスパでは、最重要視されることですが、
その他の場所でも、「きれい」が、人の気持ちをいかに
穏やかに、落ち着かせるかは、大きな要素だと思います。

例えば、病院。
本来なら、あまり行きたくないところ。
でも、だからこそ、そこが明るくて、きれいで、清潔なら、
とても安心できるし、病気も早く良くなるような気がします。

私が今通っている歯科を、最初に決めたきっかけは、
建物の外壁の素材と色でした。
とてもおしゃれな土壁で、
「この歯医者さんは、きっと中もきれいで、落ち着くに違いない」と
直感で。

その通り、中もしゃれていて、先生も親切で、
以来、もう何年もここに通っています。

それから、昨日は
枚岡合金工具株式会社の3S活動についてのセミナーに参加し、
工場での取り組みについて話を聴きました。

自動車部品の金型を作る工場は、
元々汚くなりがちで、雑然としていたところを、
「整理」「整頓」「清潔」の3S活動により、
大改革をしたとのこと。

工具も、書類ファイルも、文具も、
全てが定位置にあり、取り出しやすくなり、
毎朝の清掃も、みんなで行うという習慣ができたのです。

写真で見せていただいたBefore After で、
その変化は、一目瞭然。
効率は格段にアップし、社員のみなさんの気持ちもアップ、
売上もアップしたということです。

家庭でも取り入れられるヒントが、たくさんありました。

どんな場所でも、整理、整頓され、清潔であるということは、
効率を良くし、気持ちを良くしていくということ、
痛切に感じています。


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-07-24 10:09 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

10年前の自分になんという言葉をかけますか?

昨日は、環境ボランティア・JFSの感謝の会があり、
私がここに入ったのは、何年前だろうと調べてみました。

ずい分前の手帳を引っ張り出し、
この年には、こんなこともあった、あんなこともあった
と思い出しながら、ちょうど10年前のことだと分かりました。

もう10年も経ったんだと思うと、感慨ひとしお。
思えば、2008年は大きな変化の年でした。

20年間住んでいた静岡県三島市から
東京に引っ越した年なのです。

三島は夫の転勤先なので、当初は慣れないと言いつつも、
私は、そこで地域のボランティアをし、情報紙のライターになり、
国際交流団体の長になり、数えきれないほどの仲間ができました。

後半の5年間ほどは、東京の義父の介護のため
三島と東京を行ったり来たりしていました。

それが、どうしても無理になってきたとき、
家族で東京に移る(帰る)決心をしました。

そのときに、私は三島での全てのかかわりから離れることになり、
20年間やってきたことは何だったのだろう、と
寂しさと焦燥感でいっぱいになりました。

東京には、たくさん刺激があるにもかかわらず、
そこに私の居場所はないような気がして。

そんなときに始めたのが、JFSの活動でした。
三島で一からスタートしたときのように、
また、一からのスタートでした。

いや、実質的には、三島での経験があったからこそ、
その後につながっていったのです。

それが、実を結び、花開いたと分かったのは、
さらに数年経ってからのことですが。

もしも、当時の私に声をかけるとしたら、
「よくがんばったね」
「その道で正解だったよ」
と、言いたいです。

不定期に開催している「時間のオーガナイズ講座」の中で、
10年後の自分は、どうなっていたいか?について
書くワークがあります。

10年なんて、そんな先のこと分からないと思いがちですが、
それなら、10年前の自分はどうしていたでしょう?
ちょっと思い出してみましょう。
という風に、私は声かけをすることがあります。

10歳若かった自分は、今に比べれば、
未熟だったかもしれないけれど、
でも、一生懸命だったことには、変わりはないです。

そんな自分を俯瞰することができたら、
きっと10年後の自分を、もっと充実させることができるかもしれません。

懐かしい三島の源兵衛川。
きっと、今も美しい清流の風景は変わらないでしょうね。

f0159480_22285328.jpg

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ



by ecott | 2018-07-22 23:07 | こころオーガナイズ | Comments(0)

この活動がなければ、私の「今」はなかった

かつて私がボランティアでかかわっていた
環境NGO・JFS(ジャパン・フォー・サステナビリティ)
この7月で活動を休止することになりました。

今日は、その16年間を振り返る「感謝の会」があり、
懐かしい人たちとの再会で、濃い時間を過ごしました。

f0159480_20460172.jpg


JFSは、日本の環境情報、取り組みを、
16年間で5054本の記事として、世界91カ国に配信してきました。

情報検索チーム、和文作成チーム、英訳チーム、Webチームなど
そこに関わったボランティアは延べ900人。

代表である環境ジャーナリストの枝廣淳子さんは、
「朝2時起きで、なんでもできる!」の著者であり、
アル・ゴア氏の「不都合な真実」の翻訳者でもあります。

枝廣さんとのご縁があって
私は、2008年に和文作成チームに入って
記事を書き始めました。
そして、ここで本当に多くのことを学んできました。

環境問題は、どんどん悪化しつつも、
日本ではこんないい取り組みをしているという肯定形で
考えるJFSの活動。

枝廣さんは、それを「希望の泉」をこんこんと絶やさず、
という言い方をしていて、
だからこそ、これほど多くのボランティアが存在したのだと思います。

私が、2011年にライフオーガナイザーの資格を取ったとき、
「片づけ」と「エコ」をつなげたい、と
言い切ることができたのも、
このJFSの活動が原点にありました。

それが、冷蔵庫の整理によって、食品ロスがなくなる
ということに特化し始めたのは、後になってからですが、
この学びがなければ、そこへは行き着かなかったと思います。

社会を変える、少しでも貢献する
みんながそんな気概を持ってやっていたこと、
今日は、たくさんの思い出話に花が咲きました。

活動休止は、本当に残念ですが、こういうときは、
それぞれが次のステップに行くスタートだとも言えます。

そして、枝廣さんがいつも話すことで
もうひとつ好きな言葉があります。
それは、
「重なる部分でご一緒に」

ボランティアを無理なく続けていける秘訣は
このひと言に集約されているかもしれません。

今日も、締めくくりの言葉はこれでした。
「また、いつか機会があれば、重なる部分でご一緒に」

ここでの全ての出会いに、感謝です!
ありがとうございました!


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-07-21 22:36 | Comments(0)