<   2018年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

やっぱり白物家電と言うからには【冷蔵考】

冷蔵庫の私なりのこだわりと言えば、
やっぱり色は「白」

f0159480_22273523.jpg

まあ、昭和の時代に普及し始めたころは、
洗濯機などと並んで、冷蔵庫は「白物家電」の代表とされていたから、
長い間「白」のイメージは強かったと思います。

ところが、ここ何年かは、すっかりベージュやシルバーなどの
色ものを多く見るようになって、ずい分様変わりしました。

2~3年前に家電量販店に行ったときは、
ほぼ色付きで、白い冷蔵庫がほとんどない!と
軽くショックを受けたくらい。

そのときの店員さんの説明によると、
「今は、家具調などの重厚感が求められ、
白は、昭和のちょっと古いイメージですね~」
とか。

でも、最近、量販店に行ったところ、
白と色つきは、半々くらいになっていました。

流行は繰り返すと言いますが、
また、また、白も見直されてきたのでしょうか。

でも、今はキッチンスタイルも、部屋のイメージも
さまざまなので、あくまでも
自分の家や、好みに合った色を選びたいもの。

容量にしても、機能にしても、色にしても、
「今は、これが流行っています」
「これが人気です」
「みなさん、これをお使いですよ」
な~んていう店員さんの言葉に惑わされることなく、
自分の目で選べるといいですね。

あ、もちろん、専門家である店員さんの声には
大いに耳を傾けたいのですが、
その前に、まずは自分の食生活やキッチンカラーについて、
自分らしく考えることからスタートしたいです。

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-31 22:56 | Comments(0)

フルーツサンドの美味しさにぞっこん

以前は、フルーツパーラーという場所にほとんど行ったことがなかったのですが、
なぜか最近、ハマリ始めました。

元々、あまり果物好きではなかったのが、
花粉症がきっかけで、嗜好が変わったからかもしれません。

フルーツパーラーにある「フルーツサンド」というメニューも、
最近(といっても、ここ1年ぐらい)になって、初めて味を知りましたが、
今や「ぞっこん!」です(^^)

薄いふわふわの食パンに、ホイップクリームと、
イチゴやキーウィーやバナナなどの果物がはさんである定番。

最初に食べたのは、有名な千疋屋のフルーツサンド。
そして、タカノフルーツパーラー。

お店によって、クリームや果物のバランスが少しずつ違っているから
美味しさもそれぞれ。

そして、最近の私のなかでヒット作!と思ったのが、こちら。
新宿丸井の「フタバフルーツパーラー」のフルーツサンドです。

f0159480_10403418.jpg


ホイップクリームが軽くて、フルーツとのコンビネーション抜群で、
小さく切ったひと切れが、おやつにちょうどいい!

子どものころから、甘いもの好きで、
一時は、ケーキ屋さんになりたかったほど。

でも、今さらながら、新しく知った味に新鮮な想いを抱くなんて、
年齢を重ねても、うれしい、甘い
出あいは、まだまだあるものですね(^^)


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-30 11:12 | カフェ、街歩き | Comments(0)

「紙袋が捨てられない」と「エコバッグ」問題を解決

買いもののときにエコバッグを持参するって、
もうずいぶん浸透しましたね。

レジ袋が有料になったお店が増えたからということもありますが、
私は、10年以上前からエコバッグ持参を習慣化しています。

これまで使っていたのが古くなったとき、
おしゃれで機能的なのがないかな~と探して、見つけたのが、これ。

PLECO
トウモロコシで出来ているプリーツ仕立てで、こんな風に小さくなって


f0159480_20413112.jpg


カラフルな色が揃っていて、私が選んだのは、こんな鮮やかなブルー。
ショルダータイプにしても、持ち手を縛っても、いい感じ。

f0159480_20472737.jpg

・・・が、スーパーで買ったお肉や魚や野菜を入れるには、
もったいない!

これまでの経験上、この形だと、お肉や魚のパックが整列せず、
縦にぐちゃぐちゃになってしまって、汁が出てきてしまう。

このきれいなプリーツを汚したくない~><
と思ったら、結局使えず、
これは、エコバッグというより、
荷物が多いとき、カーデガンや日傘などを入れるサブバッグとすることにしました。

それから、しばらくは、エコバッグとして汚れてもいいものとして、
100円ショップのナイロン袋を使うことにしました。

あまりおしゃれじゃない上に、肉や魚のトレイが
同じように整列しないで、ぐちゃっとなるのは同じ。

そこで、、、あ、思い出しました!!
それこそ10年ぐらい前に、私はエコバッグとして
これを使っていたんだ!ということを。

それは、デパートなどでもらう丈夫なマチ付きの紙袋です。
紙袋は、底がしっかりしていて、
肉や魚のトレイも、他の食品も、
きっちり、かっちり整列状態で入れられるんです。

元々、紀伊国屋とか、デパ地下のスーパーでは、
「紙袋にしますか?ビニル袋にしますか?」
と聞いてくれます。
紙袋と言うと、とてもしっかりとした袋を、
重いときには、2重にしてくれたりもします。

そうそう、私は、かつて、
「袋持っています」なんて、
前にもらった同じものを取り出したりしていました^^

ちょうど先日、久しぶりに我が家の袋ものを整理して、
紙袋も、ど~っさり出てきました。

ちょっと気を許すと、こんなことに!

f0159480_20564520.jpg


以前に、「紙袋が捨てられない?」というブログ記事を書きましたが、
これが、不思議なことに、何年も経っても、
人気記事の上位に来ているのです。

みなさんが、困っていることなんですね。
なので、私も久しぶりに、またこのことを書こうと思っていたところ。

そこで、今日は、声を大にして、
「紙袋は、エコバッグにして使いまわしましょう!」
ということにします。

私も、多過ぎる紙袋を、このまま(またはゴミ袋にして)
捨てようと思っていましたが、
エコバッグにして、しばらく使い、
汚れたら捨てることにします。

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-05-29 21:39 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

「ユーモア・スキル養成講座」で笑い過ぎました

少し前に、友人がFacebookで書いていたお知らせ
「ユーモア・スキル養成講座」のことがずっと気になっていて・・・
「面白そう!」と興味しんしん。

というわけで、昨日はグッド!タイミングが合ったので、
参加することができました!

講師は、日本即興コメディ協会代表の矢島ノブ雄さん
この日のテーマは
「講座の成功は最初の30分で決まるー参加者の意欲を上げるアイスブレーク術」


f0159480_10254038.jpg


講座での最初の「つかみ」、これは講師なら大いに迷い、課題となることです。
ここがうまくできれば、受講生との距離が一気に縮まります。

そのためのアイスブレークを、実践としていくつか行いました。
2人一組、またはグループで、全体で、
いろいろなパターンをゲーム感覚で楽しんだので、
しっかり笑って、心が開いて、
初対面のみなさんとすっかり打ち解けました。

まさに、緊張が笑いに変わる瞬間のアイスブレーク。
私は、笑い過ぎて、涙も出過ぎて、びっくり!

笑いの効用は、本当に大きいです。
講座でも、授業でも、家庭でも、
笑いがあれば、入ってくるものがぐっと違ってきますね。

人は「楽しい」とか「面白い」ということに興味を示すから、
そこに、さらに人が集まってきます。

人を笑わすことができるユーモア・スキルを、もっと磨くことができたら。
難しそうですが、日常であたり前に転がっていることを、
拾い集めて「笑い」に出来たら、言うことないですね!

懇親会では、講師の矢島さん(写真右手前)が、
まさにその即興コメディを披露してくださって、盛り上がりは最高潮に!


f0159480_10260023.jpg



この講座を紹介してくださった吉田聡さん(写真左手前)、
一緒に笑って、一緒に時間を共有できたみなさん、
本当にありがとうございました!


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-05-28 11:18 | Comments(0)

「磨く」掃除で「自分磨き」

片づけ心理研究家・伊藤勇司さんのこちらの本を読みました。

f0159480_20535795.png


片づけに関して、これまでさまざまな本を読みましたが、
この本で、特に印象的だったのは、
何度も「磨く」というキーワードが出てきたことです。

「磨く」で思い浮かぶのは、
シルバーの食器やアクセサリーなど、
くすんでしまったものを、磨いて光らせるとか、
水栓や洗面周りをピカピカに磨くとか・・・

でも、ここで紹介されているのは、
モノを全部出した後、その場所や、出したモノを磨くということ。
「片づけ」と「掃除」を一緒にしているわけです。

「片づけ」と「掃除」は、別ものと考えることが多いのですが、
確かに、片づけている最中に、埃を取ることは自然にしますね。

そこに着目しているところがユニークで、
さらに、それを「埃を取る」とか「拭く」ではなく、
「磨く」としているところ。
服や、ぬいぐるみなど、柔らかいものでも、
「磨く」とは、「なでる」感覚に近いのだとか。

特に「床磨き」のことが詳しく書かれていて、
部屋全体が輝き、運気も上がってくるとのこと。

ここも、「床拭き」ではなく、「床磨き」としているのが
ポイントです。
そのコツは、片手に固く絞った濡れ雑巾、片手に乾いた雑巾を持って、
濡れた方で拭いた後に、乾いた雑巾をかけていきます。

確かに、この方法だときゅっきゅっと「磨く」感じ。

私もさっそくこの方法で試してみましたが、
気持ちが引き締まって、気分爽快!

そういえば、「自分磨き」というけれど、
「自分拭き」って言わないですね。

とすると、「磨く」は、
やはり大切なものを特別な想いで光らせること。

これは、やはりどう考えても、運気の上がる行動です!

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-05-26 21:52 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

やった!Zoomデビューで新境地

Web上の会議がぐんと楽になったZoom。
去年あたりから、このZoomが私の周りで
急速に広がってきたことを感じていました。

f0159480_19534164.jpg


私が所属している日本ライフオーガナイザー協会でも、
セミナーコンテストを主催するパーソナルブランド協会でも、
Zoomを頻繁に使うようになったのです。

・・・が、しばらくは私自身がそれに参加するまでには及ばず、
「ふ~ん、私には難しそう」
と、指をくわえて見ていた状態。

ところが、昨日はセミナーコンテストのサポーター仲間の
Zoomミーティングがあるということで、
ついに、いよいよ、やるべきときが来た!と、
デビューを果たしました!

一体どうやったら?と、Web関係はもっぱら疎いのですが、
前日までにZoom入門編のページを開けてみて
アカウントだの、パスワードだの、
その通りにやってみたら、カンタンに準備ができました!

昨夜は、リーダーに従って、画面に入ることができ、
仲間の顔が映し出され、自分の顔も映し出され、
きゃあ、ちょっと興奮^^;

次第にメンバーが増え、約10人くらいだったか、
初デビューとしては、ただ興味しんしん、画面に目が釘づけ。

ここで、私は、重大な発見をしました!

前に、ちょっと友だちと話していたことも思い出しましたが、
「自分の顔って、鏡以外では絶対に見ることができないのよね」
(写真や動画は別として)

リアルなミーティングでは、ずっと仲間の顔を見ているわけで、
自分の顔は見えず、ひたすら他人の表情や声のトーンから
気持ちを汲み取ろうとするわけです。

ところが、Zoomでは、自分の顔も見えている!
他の人たちと同じように、自分がそこに並んでいることを見るって、
生まれて初めての経験です。

これは、すごいことです!
他の人の様子をうかがうばかりでなく、
自分自身をも、俯瞰して見られること。
自分が、人の話を聴きながら
どのように相槌を打ったり、どのような表情をしているかって、
初めて知ることばかり。

こんな顔してるんだ~
笑顔が足りないな~と、客観的に見られれば、
それを治すきっかけにもなります。

Zoom革命と言われるだけあって、
さまざまなメリットがあると思いますが、
私にとっては、自分の顔がみんなと並んでいる!
ということ自体が革命だと思いました。

さて、さて、遅い時間のミーティングで、
外で会うのとは、またちょっと違い、
みなさん自宅ですっかりリラックスモード。

お風呂上がりのすっぴんでは~、
こんな服では~
なんて、私はちょっと緊張気味で
失礼のない程度に整えましたが、
外ではしないメガネを。

そうしたら、あ、メガネ率高し!
あの人も、この人も、、、
ちょっと外では見られない顔。

なんだか、距離がぐっと縮まったようで、
Zoomさま、さま、面白いです(^^)!


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-25 21:16 | Comments(0)

袋ものが多すぎる!?

ハンドバッグ、サブバッグ、
ちょっとした布ものバッグ、
紙袋にビニル袋、
気づけば、たくさんたまっていませんか?

私も、以前にかなり整理したものの、なんだか
このテのバッグが、すぐにごちゃっとなってしまいます。

ウォークインクローゼットの中が、
いつの間にか混沌と。。。

まずは、サブバッグ的のものだけでも出してみると・・・

f0159480_21084626.jpg

これは、私が使うものばかりなので、
クローゼットの服の近くに収納しています。
(収納法は、ちょっと悩み中)

でも、これ以前に、
旅行カバンや、用途のはっきりしないバッグなど、
家族共用で使うものも混在していたこともあり、
まずは、個別に分けてみることが先決ですね。

全部を集めてみると、そもそも多過ぎる!?
ということに気づきます。

「分ける」基準その1は、
だれが使うか?
または、共用で使うか?

それによって、収納場所が変わってきます。

その後に、使用頻度とか、ときめくという
基準で分けていって、手放すものもはっきりすれば、
手持ちのものはスッキリ!

紙袋やレジ袋も、気づけばいつの間にか
たくさ~ん!
・・・ということも、多くの方の悩みの種のようなので、
これについては、また改めて書きたいと思います。


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-24 21:13 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

自分に合った服の手放し方が決まれば、ラクで楽しい

先日、雑誌を読んでいたら、
家の中の整理で、一番困っているモノ、
捨てられなくて困っているモノは?
というアンケートの答えが、
ダントツ「服」が一番とのことでした。

確かに、新しい服は欲しい
でも、今あるものも捨てるには惜しい
そんな気持ちを抱いてしまいますよね。

この辺りの、気持ちの折り合い&仕組みづくりとして、
入口があれば、必ず出口を設けなければということです。

今は、安くておしゃれな服を気軽に買えるようになって、
入口の方は、比較的カンタンにどんどん入ってきます。

ところが、出口となると、リサイクル?リユース?ゴミ?
いろんな方法があるけれど、それを考えるのも億劫、面倒
ということに。
だから、ついつい先延ばしとなると、
クローゼットはどんどん膨らんでいくわけです。

そこで、私は、自分なりの流れ、循環をつくる、ということを
おすすめしています。

リサイクルするにしても、自分が負担のないように
楽しんでできる仕組みを考えるのです。
それがどんな方法かは、人によって違うので、
まずは、自分に合う方法を試してみます。

私の場合、以前はよく渋谷の委託販売店に
服を持っていっていました。
そこで値段を付けてくれるのですが、
売れたかどうかは、後日もう一度行かなければ
わかりません。

売れなければ、そこから至近距離にある
渋谷区の清掃センターのリサイクルボックスに
入れていました。

この流れを、私は定期的に楽しんでいたので、
完全に習慣化していました。
お陰で、いつもクローゼットは一定量に。

引っ越してからは、そのお店は少々遠くなったので、
今は、古着リサイクル、リユースをしてくれる
H&Mに持っていっています。

どんな袋でもいいので、
ひと袋分の古着を持っていくだけで

f0159480_22003552.jpg


お店で使えるクーポンがもらえます。

f0159480_22010884.jpg

これが、今のところ、私なりの一番スムーズな流れとなっています。

人によって、そのお店は近いとか、
車で行けるとか、
ネット販売の方がいいとか、
まとめて箱詰めしたいとか、
好みや使い勝手は、さまざまだと思います。

自分にとって一番いい方法を見つけることで、
出口がピターっと決まったら、
入口からの楽しみも、また倍増すると思いませんか!

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-05-23 23:02 | おしゃれオーガナイズ | Comments(0)

自分との約束を果たすと充足感アップ

日々、やらなくてはいけないことに追われていませんか?

To Do リストの項目がなかなか消えなかったりすると
アセるばかりか、達成感が得られませんよね。

でも、よく見ると、
やらなくてはいけないことには、
人に頼まれてやること、人の意思で動くことと、
自分が意図してやることがあります。

自分が意図してやったことは、
ひとつずつ出来ると、とても満足感、充実感につながります。

例えば、
イベントの予約ができた
羽毛布団を干して、収納した
ずっと行きたかったカフェに行けた

日常のさもないことばかりですが、
それが仕事や家事、趣味でも、
自分との約束が果たせたと思えることで、
充足感になるのです。

大きな仕事を達成したとか、
イベントを成功させたとか、
資格試験に受かったとか、
もちろん、そんなスペシャルなことの
充足感は格別ですが、

ほとんどの日常では、
自分が意図したことの小さな達成感の積み重ねです。

それを、ひとつひとつ意識することで、
幸福度は、ぐっと違ってくると思います。

f0159480_22111082.jpg

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-22 22:16 | こころオーガナイズ | Comments(0)

幸せ過ぎて「もったいない」

母の日にもらったカーネーション。

f0159480_21263298.jpg


今日、お誕生日には、
バースデーケーキで、家族にお祝いしてもらい

f0159480_21305198.jpg

5月は、こんなにありがたいことが
2週連続で続きました。

今の私の心境は、幸せ過ぎて「もったいない」!

私がブログのタイトルとしている「もったいない」には
いろいろな意味があります。

モノや、時間や、空間を無駄にしてしまって
「もったいない」

また、自分には過分であるから、幸せ過ぎて
「もったいない」

今日は、まさに後者の意味です。

ありがたい
うれしい
感謝

そんな言葉を上まわるような
「もったいない」です。


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-05-21 21:43 | Comments(0)