カテゴリ:たべものオーガナイズ【冷蔵考】( 192 )

味噌汁も鍋ごと保存で2日間【冷蔵考】

一昨日アップした記事
毎日の食事作りは2日単位で考える【冷蔵考】
を多くの方に読んでいただき、ありがとうございました!

今日は、補足として味噌汁の保存について。
私は、味噌汁もだいたい2日単位で考えて作っています。

f0159480_10323085.jpg


味噌汁は、出来立てでないと風味が落ちてしまうということはありますが、
私は、むしろ時間を置くことで
野菜の味が浸透して、また違った美味しさが出てくると思っています。

翌日も食べよう(飲もう)と思うときは、
必ず冷蔵保存で。
特に夏場は、そのまま常温で放置しておくと傷んでしまうので注意を!

よく冷ましてから、鍋ごと冷蔵室へ。

f0159480_10351753.jpg


冷蔵庫の整理法でいつもお伝えしているのが、
下段の一番目につきやすい場所は、基本的には空けておいて、
そして、すぐに鍋ごと入れられるようにしておく
ということです。

うちの場合、すぐ上のスライド式の棚板を半分にしているので、
その分下が広くなり、鍋も楽々入るというわけです。

長期保存するものは、ここには置かず、
昼、夜、翌昼~という風に1日半~2日単位で考え、
他のおかずも、ここと決めておきます。

それらは、容器に移し替えることなく、
そのままお皿にラップします。
すぐに見えるし、すぐに食べるからです。

そうそう、味噌汁も卵や野菜を足したりすれば、
前日とは、またひと味違ったバリエーションになりますね。


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


by ecott | 2018-07-10 10:56 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

毎日の食事作りは2日単位で考える【冷蔵考】

主婦にとって、毎日の食事作りは、ほんとうにエンドレス。
家族が多い家庭、自宅で食事することが多い高齢者などと一緒だと、
その仕事量は、相当なものです。

我が家は、今のところ昼食、夕食を家族一緒にということが多いので、
メニューは、いつも昼、夜、翌日の昼、という具合に
2日単位で考えます。
(朝食は各自で、というパターンです)

それも、きちんと献立を立てておくわけではなく、
昼に多めに作って夜も食べ、そこに何か加えるとか、
夜に作ったものを、翌日の昼にアレンジして食べるなど、
ゆるゆるとつながっていく感じです。

「つくり置き」などというきちんとしたものでなく、
「冷蔵庫はホテル」と考えて、
食材様には、1泊2日の滞在、もしくは2泊3日ぐらいの滞在に
してもらいます。

例えば、先日、前夜の残りの焼き鮭がたくさんあったので、
翌日のお昼には、おにぎりに。

鮭のおにぎりなんて、本当に久しぶりでした。
一から焼いて、ほぐして、というのなら面倒ですが、
既に冷めた鮭があって、ほぐすのはカンタン。

f0159480_14174783.jpg


そして、多めに作ったスクランブルエッグ乗せサラダは、
その日の夜にも繰り越し。

そんな感じのエンドレスなのです。

そこに何を足していこうか、
どんな組み合わせで、栄養バランスが取れるか、など
冷蔵庫の中身を見ながら考えるのは、楽しいことです。

もちろん、今にもくたっとなりそうな野菜を
優先的に使いながら。


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


by ecott | 2018-07-08 22:42 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

使い勝手抜群のステンレス行平鍋

先日、合羽橋で買ったステンレスの行平鍋。
こんな記事を書きましたが → どんな鍋を使えばいいの?と試行錯誤した結果

その後、毎日使うたびに、これにして良かった~と大満足しています。

f0159480_21193541.jpg

最近は、特にお昼に蕎麦やそうめんを茹でることが多く、
この直径18センチの鍋では、小さいかと思いきや、
いやいや、そんなことないのです。
3人分くらいOKです。

これまでは、麺類は重い琺瑯の両手鍋で茹でていました。
それだと熱伝道も良くないうえに、
重いのと、鍋つかみを使い、両手がふさがっているという
なんとも不便なことをやっていたのです。

この行平は、熱伝道も良く、
軽く、片手鍋、しかも両側に注ぎ口が付いているので、
麺を冷水でじゃーじゃーするには、実に楽なのです。

もちろん、野菜を茹でたり、煮物をするにも便利。

店頭で眺めているだけでは、なかなかわかりませんが、
キッチン道具は、使ってみて初めてその良さが分かりますね。
(まあ、服も、靴も、バッグも、そうですが・・・)

この鍋は、新潟県の竹井器物製作所のものです。


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-02 21:53 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

旬の野菜・果物が体にいい理由

最近は、野菜も果物も、1年中ほとんどのものが手に入るようになりました。
それだけに、そのものの本来の「旬」はいつだっけ?と思うことも。

でも、こればかりは、今が「旬」という
わかりやすい「さくらんぼ」!

店頭にたくさん出まわるようになって、
今こそ「食べたい!」と、そのみずみずしさに
体が自然に呼ばれているよう。

大好きなブルーのコップに入れてみました。

f0159480_20195831.jpg

でも、愛らしい赤は、白い器の方が映えるかな~と、
ちょっと移し替え。

f0159480_20202627.jpg


私は、花粉症になってから特に、体が自然に欲する食べものを
敏感に察知するようになりました。
その大きな要素が、季節のもの。旬のものです。

旬のものは、体にいいと昔から言われますが、
それは、その季節に合って生長する野菜や果物の
栄養価が増しているからです。

そして、私たちがその季節で自然に必要としている
栄養が旬のものには含まれているのです。

さくらんぼは、カリウム、カロチン、鉄分が多く、
疲労回復、貧血改善、疲れ目予防、美肌
と、効能はいいことづくめ。

「さくらんぼ」は、
「サクランボ」とカタカナではなく、
ひらがなで書く方が、個人的には好きです。


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-06-29 21:29 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

収納もダイエットも7割?8割?【冷蔵考】

「冷蔵庫の整理法」として、私がいつもお伝えしている中で、
冷蔵室は「空ける」というのがあります。

空間を広めに取るということですが、
あるときのセミナー資料で、冷蔵室収納は「7割」で
と書いていました。
ところが、あるときは「8割」と書いています。

これは、感覚的なものなので、だいたい7~8割で
いいのですが、
この数字から、ハタと思い至ったのが、ダイエットのことです。

私は、40代のころにあるダイエット方法でうまくいったのですが、
その方法は、「腹8分目」!
なんでも好きなものを食べるけれど(もちろんバランス良く)
8割でとどめておこうということです。

でも、本当にほんとうに体重を落としたいとき、
8割では効果は出ません。
そのときは、ちょっと我慢を強いられる7割にしないと。

これも、とても感覚的なものではあるのですが、
「もっと食べたい」「ここを我慢」という感覚が腹7分目なのです。

腹8分目は、その後のキープのときの数字です。
リバウンドさせないための8分目です。
でも、これは慣れて、ずっと今でも8分目の習慣になっているので、
お腹いっぱい10割食べてしまうと、苦しく感じます。

とすると、7割と8割では、大きな差があるのです。

これを冷蔵庫の話に置き換えてみると、
ダイエットと同じように、大片づけして、大幅に減らした後は、
これくらい=7割収納?

f0159480_19155926.jpg


でも、いつも食べるものをちょっと置いておくと
8割収納ぐらい。

f0159480_19163380.jpg


このぐらいにしておいて、決して10割パンパンに詰めないこと。
リバウンドさせないコツは、ダイエットと同じです。

詰め過ぎたら、翌日にすぐ減らして~
宴会やパーティーでお腹いっぱい食べたら、翌日は減らす!
これも、全く同じですね(^^)

ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-06-28 20:00 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

100均の保存容器をフル活用【冷蔵考】

我が家の冷蔵庫内では、いつもこんな容器を使っています。

中身がすぐわかるように半透明
軽くて、フタが取りやすい
長方形で揃える

ということで、私は100円ショップのものを使っています。

f0159480_20090230.jpg

中身は、開封後の小麦粉やパン粉、
開封後の豆腐、
ピクルス(っぽい野菜スティック)
茹で野菜 など。
(作り置き総菜はあまりなく、あったとしたら陶器にラップで)

100均にしては、ほんとうに長く活躍してくれています。
でも、さすがにしばらく経って気づくと、
フタが反ってきたり、ゆがんだりしてきて、
そろそろ買い替え時だな、と。

そこで、新しいものを揃えました。

こんなにコストパフォーマンスが高いなら、
いつもきれいなものを使っていたいですね。

f0159480_20093618.jpg


フタが使えなくなっても、容器だけはまだしっかりしています。
それを捨てるには、もったいないので、
野菜室のスライドケースに仕切りとして置くのがおすすめです。

f0159480_20111686.jpg


小さなもの、カットした使いかけの野菜などを入れて。

f0159480_20114790.jpg

そして、メロン半分をキッチリ入れるのにも、いいですよ!
容器なしで、ラップしたメロンをそのまま置くと、
下がびちゃびちゃしてしまいますが、容器がお皿代わりとなってくれて、
すぐに洗えますから。

やはり、この手軽さ、100均容器様さま、大変お世話になっています!

関連記事 → 私が100均の保存容器を使う理由【冷蔵考】


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-06-26 21:18 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

今ある食材で何日食べられるか考えてみる【冷蔵考】

今日は夏至。
そして、日本電機工業会が制定した「冷蔵庫の日」でもあります。

冷蔵庫内の見直しをするには、ちょうどいい季節ですが、
先日の大阪地震が、食料備蓄についても考え直すきっかけとなっています。

一部のコンビニやスーパーでは、インスタント食品が売り切れ。
棚から品がなくなってしまうなど、東日本大震災のときも問題になりましたね。

確かに不安になる気持ちはわかりますが、
その不安を少しでもなくすには、日ごろから家にある食料品を
「把握しておく」ことが大切です。

例えば、家に「今ある」全ての食材で、何日分の料理が可能か?
ということをシミュレーションしてみるのです。

私は、これまで全てを書き出してみるということを
何度かやってきました。

時々公開している我が家の冷蔵庫は、
あまり入っていないように見えますが、
全てを書き出すと意外とあるんですね、これが。

f0159480_20390992.jpg

冷蔵・冷凍品と、常温の乾物類も合わせて
主食、主菜(主にたんぱく質)、野菜の
3つに分けて、書き出してみます。

例えば
主食 
 お米(使いかけの5Kg袋と、未開封の5Kg袋)
 パン
 冷凍のうどん、ピラフ、焼きおにぎり
 乾麺(そば、そうめん、スパゲッティ、マカロニ)
 レトルトパックのご飯、おかゆ
 お餅

f0159480_19432377.jpg

主菜(たんぱく質)
 チルドルームに入っている肉、魚、納豆、厚揚げ、ベーコン
 豆腐
 卵
 冷凍室に入っている肉、魚
 ツナ缶、サバ缶
 レトルトパックのカレー、シチューなど
 
野菜((果物)
 野菜室の野菜・果物
 冷凍野菜(市販品、うちで冷凍したもの)

水は、もちろん多めにストックし、
あとは、卓上コンロと、カセットボンベと、ポリ袋があれば、
防災備蓄アドバイザーの岡部梨恵子さん
教えてもらったパッククッキングができます。
関連記事 → 命も食材も救うパッククッキング

野菜は、多少不足してしまうかもしれませんが、
お米があれば、かなり安心。主食になるものが意外に多く、
家族3人で、5日~1週間大丈夫そうです。

備蓄品=カップ麺、乾パン
という考えではなく、
家にある全ての冷蔵・冷凍、乾物食材を「把握」しておくということ。

書き出して、ちょっとメニューを想像してみるだけで
安心できますよ。

ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-06-21 21:15 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

お得な「見切り品」を「使い切る」気持ち良さ

今日は、久しぶりにスーパーの「見切り品」コーナーで
こんな和風ステーキソースを買ってみました。

f0159480_19273191.jpg

家に牛肉があったので、今晩さっそく使ってみると・・・
うん、美味しい!
なにより、いつもの我が家の味とひと味違って。

賞味期限は、7月4日まで。
見切り品と言っても、余裕の日数です。
賞味期限は、未開封の状態でのことなので、
開封したら、短期間で使いきり。
この少量パックなら、裕に使いきれる分量です。

一般的に調味料のムダは、本当に多くて、
焼き肉のタレやドレッシングを何種類も揃えると、
使いきれずに古くなってしまうというケースが多いのです。

それが分かっているので、最近の我が家は、
ごくごく基本の調味料しか揃えていません。

この「見切り品」について、
以前の私だったら、素通りしていました。
鮮度が落ちたものは買いたくない、と。

でも、ハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、
多くの食品ロス問題にかかわるようになってからは、
見逃せない思いです。

きちんと見てみると、
決して、鮮度が落ちてるなんて言えません。
スーパーでは、もちろん消費、賞味期限内のものを
売っているわけですから。
それも、かなりの余裕を持った日数で。

これが売れなくて残っていたら、
やがて廃棄され、本当に「もったいない」ことに!

もちろん、私自身が使えそうな、好きなものだけを
選びますが、
私にとっては、値引きになっているお得感と、
それを「使えた~」という満足感。

買いものとは、消費者の「投票」だと言われますが、
「見切り品」を買うというのも、これに投票したということ。

「ゴミ」になるか、「美味」にななるかの瀬戸際を、
なんとかおうちにお持ち帰り~で、「使い切る」ことができたら、
うれしいですよね!


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ





by ecott | 2018-06-19 20:55 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

氷と保冷剤は重要な備蓄品【冷蔵考】

今朝は、大阪の大地震のニュースで、びっくりしました。

日ごろは、つい忘れがちになってしまう防災のこと。
家庭で備えておきたいコト、モノは、いろいろありますが、
私は、いつも冷蔵庫について考えてしまいます。

停電になったとき、冷蔵庫は、もはやただの収納庫となります。
そんなときは、冷蔵室のものを、まず冷凍室へ移してください。

f0159480_19555093.jpg

冷凍室には、保冷剤と氷が常備されていれば安心です。
これで、かなり温度の上昇を遅らせることができます。

その昔、初めての冷蔵庫が出来たころは、
電気冷蔵庫ではありませんでした。

ただの箱(と言っていいのかどうか?)に
大きな氷がど~んと入っていて、
それが冷気の源。
なんと素朴で、なんとエコだったのでしょう!

私が幼いころに、うすぼんやりとそのイメージはあったような・・・
氷売りが街をまわっていて、売りに来ていたような・・・

現代は、電気の便利さを享受しながらも、
震災などで使えなくなれば、脆いものです。

そんなとき、昔の知恵そのままに
氷で冷やす、
そして、きっとどの家庭にも余り気味の保冷剤が、
こんなときこそ役に立つのです。

参考記事
・被災体験で「コンセント抜きました」にびっくり!【冷蔵考】
・フードロスなし、冷凍法知って、防災備蓄で最強【冷蔵考】

ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-06-18 20:31 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

1日35回の開閉は収納棚でダントツトップ【冷蔵考】

部屋中片づけたい!でも、どこから手をつけたらいいのか?
と、お悩みの方に、
私は、「冷蔵庫から始めるのがおすすめです」
と言っています。

その理由は、
冷蔵庫の開閉は、1日平均35回と言われ、
どの収納棚よりも、ダントツに多いのです。

f0159480_20041392.jpg


それだけ毎日、数多く目にしている場所が
きれいかどうかで、気持ちが全然違ってきます。

でも、あまりにあたり前に開け閉めしていて、
ほとんど人に見せることもないですね。

だから、真っ先に片づけるのは玄関やリビング
と思いがちですが、
ぜひ、冷蔵庫からスタートしてみてください。

大々的な片づけをするときの判断基準である
「使う」「使わない」
「好き」「嫌い」
と、モノの場合迷いますが、

食品ならば、
「食べられる」「食べられない」
要は、傷んでいるかどうかの判断だけなので、
迷いなく進められます。

これも、最初にとりかかるにはいい大きな理由です。

さて、1日35回と言いますが、これは平均。
我が家で、ある日数えてみたら、ゆうに40回以上になっていました。
数えるのも大変!というこの回数。

家族が多いご家庭なら、もっともっとかもしれませんね。

節電面では、もっと控えたいところですが、
いずれにしても、毎日こんなに目にしているところ。
だからこそ、一番にきれいにして、十分に可愛がってあげたいですね~

ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-06-14 21:11 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)