カテゴリ:たべものオーガナイズ( 179 )

家庭でサルベージ・パーティ

今日は、ライフオーガナイザー仲間5人で、
サルベージ・パーティ(サルパ)に挑戦しました。

家庭で余っている食材を持ち寄って、おいしい料理にして、
みんなで食べようというサルパ。
これまでのパーティとは趣が違い、
今回はぐっと家庭的に、少人数での試みでした。

まついまりさんのお宅のキッチンにて、
料理を担当してくれたのはあかはねみきさん
そして、よこすともこさんヤギハシスミコさんという
ライフオーガナイザーの心強いメンバーがそろいました。

持ち寄った食材は、こちらです。
これだけでも、結構な量。

f0159480_22535439.jpg

そして、みきさんがさくさくと料理をこなし、
思いのほか短時間で出来上がったのが、なんと9品も!

f0159480_22543336.jpg

カナッペ2種、
トマトソースと小松菜のパスタ
焼きネギ
スペイン風オムレツ(ズッキーニ、カレー粉入り)
長芋とおからのグラタン
牛肉の大和煮缶と麩とネギのスープ
いんげんのピーナッツ和え
ネギ入り五目ご飯(非常食用)
ヨーグルトとフルーツのデザート

コクある味も、あっさり味も、洋風も和風も、
メリハリがあって、素晴らしい組み合わせでした!

f0159480_21243931.jpg

食材を持ち寄る前の家庭の冷蔵庫を見まわすところから始まるサルパ。

ライフオーガナイザーは、「片づけ、整理のプロ」ですから、
普段から食材も整理されていて、基本、余りものはないのですが、
(まあ、基本ですが^^;)
今回はそれなりにいろいろな気づきがありました。

こんなものが余りがち、こんな調味料が使いきれないなどの意見を出し、
自分では思いつかない料理アイデアをシェアする、など。

オーガナイズ(整理)することで、フードロスがなくなり、
サルパは、そのひとつのきっかけとなるパーティなんです。

ライフオーガナイザーのブログが、集まっています。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-03-17 23:32 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

なぜ「ライフオーガナイザー」と「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」?

今日のタイトル、長くてすみません。
それも、ほとんどカタカナ!

そこで、先日習った木暮太一さんの4マス説明法を使って、
「わかりやすく伝える」にチャレンジしてみます!

まずは、
★ライフオーガナイザーとは?
1 アメリカ発の「片づけ」「整理」のプロです。
      ↓
2 「もの」の整理の前に、理想とか好みとか価値観など
「思考」の整理を大切にしているところが特徴
      ↓
3 整理ができなくて、もやもやしているという方のお宅へ行って一緒に作業、
または、講座やブログや本でその考え方をお伝えしています。
    ↓
4 「ライフオーガナイズ」という暮らしの土台ができれば、
  「もっと楽に、もっと生きやすく」なります!

★フードロス・チャレンジ・プロジェクトとは?
1 フードロス(食料ロス・食料廃棄)をいかになくせるかを、
  企業、行政、NPO、生活者が一緒になって考え、解決していこうというもの
      ↓
2 日本では、生産者、小売店、家庭などでまだ食べられるものが
  大量に捨てられていますが、 
  だれもが「捨てたい」と思って捨てているのではないのに、
  どうしてそうなるのでしょう?
      ↓
3 さまざまな分野の人が、スタディツアーで、工場や飲食店など
  「捨てない」取り組みをしている所を見学し、
  ワークショップでどのような解決策があるかを探りました。
      ↓
4 それぞれの原因、つながりがわかれば、社会の仕組みが変わり、
  食品の「もったいない」は、なくせるはずです。

f0159480_22303583.jpg

私は、ちょうど去年の今ごろ、このスタディツアーに、
ライフオーガナイザーとして参加させていただきました。

このプロジェクトが立ち上がるということを知ったときに、
「ライフオーガナイザー」とのつながり、共通点が、感覚的にビビッと来ました。
なぜ共通点?
そのときは、よくはわかりませんでしたが、ただ「なんとなく」!

そこでは
「冷蔵庫の整理をすると、奥から賞味期限切れの食品がたくさん出てくる家庭が多い。
整理(オーガナイズ)することが、フードロスをなくすかなり重要ポイントではないか」
という思いがあり、それをアンケートに書きました。

「整理」というのは、英語の「オーガナイズ」で言いかえると、準備して計画的に整え、
維持していくという、もっと広い意味になります。

ライフオーガナイザーは、ただ片づけサービスを行ったり、収納術を教えたりする
こととはちょっと違います。

「その場をきれいにする!」という目的でしたら、どんどん不要なものを捨てて、
そこでおわりです。
一度、冷蔵庫の大整理をするときは、大幅に賞味期限切れのものが出てきたら、
その場では一度大量に捨てることになります。

でも、そこで、なぜそれを捨てることになったかの原因を考えます。
買い置きがないと不安、つい忘れてしまった、
整理法がわからなくて取り出せない、ただ買い物が好き・・・
そこには、さまざまな原因があります。

では、次からはどうしたらその無駄がなくせるかを考えるとき、
家族構成や、その家庭の食生活、買い物の仕方によって、みんな違ってきます。
そして、その家庭に合った「循環と仕組み」をつくることが大切なのです。

これが、まさにフードロス・チャレンジ・プロジェクトとの共通点かもしれません。

家庭の仕組みが変われば、買い物の仕方が変わり、お店が変わります。
お店が変われば、生産者が変わります。

わたしたち個人の「心地よい」暮らしが、社会につながっていくとしたら。。。
この仕組みづくり(ライフオーガナイズ)を、多くの人に伝えたいというのが、
今の私の想いです。

一度冷蔵庫のオーガナイズをすれば、
食べものを「捨てない」「使い尽くす」「食べつくす」ことが定着するとともに、
食べものをより大切に思い、新しい料理アイデアも浮かびやすくなるんです~

「ライフオーガナイザー」と「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」との
つながり。。。
いやあ、今日は熱く語ってしまった3月1日でした(^^)

ライフオーガナイザーの情報は、こちらに集まっています。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-03-01 23:04 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

相模大野でサルパ!

去年からスタートしたサルベージ・パーティ(サルパ)が、
今日は相模大野で開催されました。

f0159480_23352634.jpg

相模原の「ユニコムまちづくりフェスタ」というイベントの一環で、
参加者が家庭で余った食材を持ち寄って、シェフが料理するサルパ。

受付で缶詰や麺類や乾物などが、続々と集まり。。

f0159480_23354892.jpg

調理担当は、地元のイタリア料理店、お好み焼き屋さん、お2人の料理人で、
数時間後には、和洋バラエティに富んだものが次々と登場しました。

f0159480_23323640.jpg

今日、私の持っていった缶チューハイ(新幹線に乗るときに間違って買ったもの)は、
柑橘類のマーマレードの中に使われたようです。
もうひとつ持っていった黄桃の缶詰も、デザートのシャーベットの中に!

f0159480_23361712.jpg

冷蔵庫や棚に、しばらく眠っていたものが、
今日も無事サルベージ(救い出された)と思うと、
うれしいし、ほっとしますね~

フードロスをなくし、おいしく食べて、地域交流にもなる、など、
今日も気づきがいっぱいでした!

食材もオーガナイズ。そんな情報もこちらに
 ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-02-11 23:34 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

「もったいない」を「ちょうどいい」に

今朝の東京は、どこも雪、雪、雪景色。
晴れ間が見えて、どんどん解けてきましたが、
それでもいつもの風景とはガラリと変わっていました。

f0159480_21223232.jpg

写真とは関係ないのですが、先日まとめていた記事
「『もったいない』食べ物を必要な所に届ける試み」が、
Think the Earth地球ニュースのサイトにアップされました。

世界には食料が余っている所と、足りない所があります。
でも、日本国内でも6人に1人が食べものに困っているということを、
ご存じでしょうか?

まだ食べられるものが、工場やスーパーや家庭で捨てられています。
それを足りないところへ届ければ、ちょうどいいですよね!
その活動をしているのが、セカンドハーベスト・ジャパンです。

個人でも、使いきれないもの、たくさんのいただき物などを
そこへ送ることができるし、
グループでそんな食材をまとめて集めて、送ってもいいのです。

「もったいない」を「ちょうどいい」にするために、ぜひ!

詳しい記事は、こちらをご覧になってくださいね → 地球ニュース

ライフオーガナイザーの情報は、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについて
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-02-09 21:36 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

ちょっとエ~コとしませんか

昨日は、「FMいずのくに」の「ちょっとエ~コとしませんか」という番組で
お話させていただきました。

パーソナリティーの辻村千鶴さんとのトーク形式で1時間。

f0159480_15324560.jpg

テーマは、ライフオーガナイザーとして、
最近特にかかわるようになった「食」のことについて。

冷蔵庫や棚の食品を整理して、まず私自身が楽になったこと。
全てが把握できていれば、買い物も料理も流れができ、
おいしいものを食べて、健康にもつながり、無駄なゴミも出ないなどなど。

この1年、フードロス・チャレンジ・プロジェクトとのかかわりで、
食品廃棄の現状を知るなど、大きな視点から見る機会も多くありました。

世界でまだ食べられるものの3分の1が捨てられていること。
日本国内で言えば、家庭で捨てられている食品がとても多いこと。

「もったいない」を「ちょうどよく」するには、
と日々あれこれ考える機会が増えたのですが・・・

締めくくりに話したのは、
自分の家のキッチンや冷蔵庫がスッキリ使いやすくなれば、
時短になり、お金の節約になり、健康になり、
自分にとってのエ~コとです。

それは、自然に社会、地球全体のエ~コとにつながります。

地球のために、社会のために自分がエ~コとしようと力んでも
長続きしません。

まずは、自分の快適さ、幸福さあってのことですよね・・・
と、リスナーの皆さんにうまく伝わったかな~

話しやすいように質問を投げかけてくださった辻村さん、
局のみなさん、お世話になりましてありがとうございました。

ライフオーガナイズ情報はこちらから
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについてはこちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-02-07 15:44 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

冷蔵庫の話から広がる、広がる

この1年ほど、冷蔵庫について考える機会が格段に増えました。

毎日食べものを出したり、しまったり、
冷蔵庫様にお世話にならない日はありません。

ずっと電源が入っていて、よく働いてくれているんですが、
なんだかあたり前過ぎて、ふだんはその存在すら意識することなく
暮らしに溶け込んでいますよね。

ところが、意識し始めたら、もう大変です!

冷蔵庫の俯瞰、整理、把握は、とてもとても大切。
食べものが入っている場所だから。
無駄にしたら「もったいない」。

この無駄が、フードロス問題につながっているということに
気づいて、勉強して、発信し始めたら、
見える世界が変わってきました。

ただ単純に、この話をすることで、
たくさんの人たちと、つながることができました。

さて、2月の前半、それはまた広がっていきそうです。

f0159480_21361416.jpg
ーーーーー
☆カフェセミナー
 「らくらくキッチン整理法」を開催します。
 冷蔵庫の話も盛りだくさんです。
  2月8日(土)、2月12日(水) 

「俯瞰と仕組み化で楽々」
ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフに関する素敵な記事が集まっています。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-02-02 21:57 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

「ふぞろい」でいいじゃあありませんか

近所のスーパーで時々売り出ししている「ふぞろいどら焼き」

f0159480_19253824.jpg

これが、小さめサイズでおいしいんです!
そして袋にぎゅうって7個も入っていて、安いんです。
なぜ安いかというと、ふぞろいだから、ですね。

これも、私の大好きなふぞろいの割れせんべい。
これも安いです。

f0159480_19255042.jpg

きちっと形が揃っているのより、なぜかおいしいんですよね。

ドイツのドキュメンタリー映画「もったいない」の映画を観たとき、
大量の農産物を捨てる場面が、いくつも登場しました。

小さいじゃが芋も大きいじゃがい芋も、捨てられるんです。
中くらいだけを残すために。
バナナだって形を一律にするために、驚くほどはじかれてしまうんです。

消費者が、きれいに揃ったものを求めるから、、、
でも、ほんとうにそうでしょうか?

先日もある方と話していて、きれいに揃ったもののばかりの間に
ひとつ見た目の悪いのがあったら、買わないかもしれないけれど、
みんなふぞろいだったら、買いますよね~という話。

現に野菜の直売所とか、自然食品店などでは、泥付き、ふぞろい
よくあることですが、新鮮でおいしそうに見えますよね。

ふぞろいのもの捨てないで~
ふぞろいのもの、食べたい~

わたしたち買い手が、そんな風に声に出して言っていけばいいでしょうか。

―――
☆カフェセミナー「らくらくキッチン整理法」を開催します。
  家庭で食べものの無駄を出さないために、
  まずは冷蔵庫の整理から

2月8日(土)、12日(水)
どちらも13:00~15:00
表参道のタウンデザインカフェにて

ライフオーガナイザー情報
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフに関するプロの情報が集まっています
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-01-25 19:47 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

ひと呼吸おけばマイルドに

3年ほど前に、渋谷区の「エコアイディア・コンテスト」の「もったいない部門」で
優秀賞をいただいたことがあります。

ほとんどの料理を、余熱でしようという「ほっとくっキング」のアイデアです。
火にかける時間はわずかで、要するに放っておくわけです。

カレーやおでんなどの煮込み料理はその代表格で、
ひと晩おいた方がおいしくなりますが、
そのほかのほとんどの料理も、少しでもいいからおくと効果的。

最近は、バタバタと短時間でつくることが多いのですが、
それでもすぐ食べるよりも、
ほんのひと呼吸でもいいので、おくことで味がマイルドになるんです。

味噌汁もソテーも、火を止めて少しおく。
揚げ物だって、油を切っている間に、余熱がじわっと浸透して
おいしくなります。

お茶を淹れるときも、沸騰したお湯をすぐに注がず、少し待ちますよね。
そして、急須に入れてからも少し待つ。

忙しくても、このひと呼吸が大切なんです。

f0159480_20203818.jpg

ふだんの行動でも同じことが言えますね~
人になにか伝えるとき、メールの返事を書くとき、

ちょっとひと呼吸で、マイルドになるかもしれません^^

ーーーーー
☆カフェセミナー
衣・食・住の「もったいない」整理法
  2月は「らくらくキッチン整理法」
     2月8日(土)、12日(火)午後 開催です。


ライフオーガナイザーの情報はこちらです。
 ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

こちら、シンプルライフのカテゴリーにも参加しました。
素敵なブログが集まっています!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-01-21 21:09 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

今年初のサルベージ・パーティ

夕べは、外苑前アイランドスタジオで、
サルベージ・パーティ(サルパ)が行われました。

昨年から数えて5回目のパーティ。
今回は、いつも料理担当をしているシェフの高田大雅さんの会社
Foodist Linkの2周年記念ということで「テーマはちょい足し」。

高田さんが既に用意していた華やかなパーティ料理に、
参加者が持っていった食材で作ったものをプラスしていくというスタイル。

オープンキッチンでのライブパフォーマンスで、実況中継もありました。

f0159480_21523529.jpg

サーモンやわかめを入れたファルファーレ(リボン型パスタ)、
レモスコ入りサラダを作っています。

レモスコとは、広島のレモンに、酢、こしょう(青唐辛子)、塩が入っているという珍しいもので、
お料理のアクセントにバッチリです!

私が持っていったのは、春雨。
買い置きしておいた春雨、賞味期限はずっと先でしたが、
いざとなるとどんな料理にするかが全然浮かばず、シェフにお任せ~

そうしたら、タコと一緒に煮込んだスープとなって登場!

f0159480_2158269.jpg

う~ん、タコとコラボとは、思ってもみませんでした。
味がしっかりとしていて、見事に春雨の存在感もありました。

ほかにも、酢菊のスパゲッティゆずこしょう風味とか、
ひよこ豆とじゃが芋の酒かすソテーなど、

締めは、カレーリゾット。
アフリカ料理風でもあり、これも初めての味で、
おいしくて後を引きました~

f0159480_21584665.jpg

そして、昨日は出張バーテンダーさんもいらしていて、
ユニークなカクテルを作ってくれたのです。

そのひとつが、
芋焼酎とジンジャエールに、サルベージしたレモスコを入れたカクテルで、
これも初めての味!
さわやかで、お料理との相性、とてもよかったです!

f0159480_21534169.jpg

久しぶりにお会いできた人とも話し、また偶然のうれしい出会いもありました。

サルベージ・パーティ、今後はいろいろなバージョンで展開していきそうです。

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
お陰さまで、ランキング1位が続いています。ありがとうございます!
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2014-01-19 23:22 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

「幻の」「絶品」スープ

残りものスープに、これまた冷蔵庫のありものをどんどん入れていったスープ。

f0159480_20121598.jpg

自分ひとりのお昼でしたが、あまりの美味しさに、
ひとりで感動して、写真を撮ったというわけ!
  (あまり美味しそうにも見えませんが^^;)

鶏のささみと生姜を茹でた茹で汁が残っていたので、
そこに野菜とか塩麹とか、なんやら足していったのですが、
ちょっと前のことで詳しいことは忘れました。

家庭でつくる総菜や汁ものって、ほとんどこんな感じです。
残りものに少しずつ何かを足すので、同じ味は2度とできなかったりして。
このときも、ただ偶然。

レストランのメニューだったら、こうはいきませんよね。
偶然できた味でなく、きちんと決まった味を提供しないと、
それを楽しみに来ているお客さんがいるわけですから。

私は、かつて高級店ばかりを集めた某有名グルメサイトで、
記事を書いていたことがありますが、そのときに使う言葉として、
「幻の」とか「絶品」「究極の」という表現は、NGでした。

「あまりに美味しい」を表現するのに、
こういった言葉が使われ始めたころは新鮮でしたが、
それが多用されれば、もはや「手垢のついた」言葉になってしまうからです。

何軒も情報が並ぶグルメサイトで、
また新しい言葉を捻り出す作業は、楽しくも難しいものでした。

でも、毎日変わる家庭料理の味、2度と同じものが作れないから、
これこそ、「幻の」「絶品」・・・な~んて、今日は敢えて言ってしまいます(^^;

もちろん、一流シェフの一流の味は、全く別ものです。

ーーーーー
☆オーガナイズサービス
  あなたのキッチンの食品整理に伺います
 

☆カフェセミナー 1月~3月
  衣食住の「もったいない」整理法

☆一流シェフの味「サルベージ・パーティ」
   1月18日開催
   

情報満載のこちら、大勢の方に見ていただいています。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2014-01-08 20:30 | たべものオーガナイズ | Comments(0)