カテゴリ:たべものオーガナイズ【冷蔵考】( 192 )

3日単位の買いものでチルド室のフル活用【冷蔵考】

食料品の買いもの頻度について、
これまでも度々書いてきましたし、
私もよく人に聞いています。

毎日
3~4日に1度
週に1度

この中では、3~4日に1度という方が一番多いです。

地域や年齢層にもよるので、一概には言えないのですが、
働いている若い人は、週1度のまとめ買いが多いかもしれません。

私は、ほぼ毎日派でしたが、
最近はメリハリをつけて、
3日に一度ぐらい、まとめ買いをするようにして、
間の日に、足りないものだけ買うようにしています。

もっと多くのまとめ買い(5日~1週間ぐらい)も
試してみたのですが、
そうなると肉、魚は冷凍保存ということになります。

冷凍が得意ではないので、これは結局定着せず。

なぜ、定着しなかったかというと、
家庭で冷凍するには、買ってすぐに
肉を小分けにして、空気に触れないようラップに包み直す
急速冷凍
そして、解凍時に時間がかかる

ということが、面倒だと感じてしまうからです。

手間をかけて、2~3週間もつとしても、
2週間も買いものに行かないことはないので、
新しいお肉を買ったら、新しい方を食べたくなってしまいます。

近くにスーパーがない、
長い間、買いものに行けない、
という地域、状況なら、この方法はとても有効です。

でも、我が家の場合はそうではないので、
3~4日分の保存なら、チルドルームで十分。
冷凍せずに、そのまま使える日数が、イコール買いもの頻度というわけです。


f0159480_19244060.jpg


買いもの頻度も、保存方法も、使いどきも、
今のあなたの生活パターンに本当に合っているかどうか、
もう一度考えてみませんか?

先日書いた記事、冷凍室より、野菜室優先がいいな~ということで、
野菜室は真ん中がいいと切に願います【冷蔵考】
に、多くの反響をいただきました。
ありがとうございました!


ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村



by ecott | 2018-08-09 20:54 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

目指すところは同じ「冷蔵庫の講座」と「時間の講座」

現在、私が開催している講座は、主に2つ。

私のオリジナル講座として、定期的に行っているのが、
「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」

そして、もうひとつは、
日本ライフオーガナイザー協会監修の
「時間のオーガナイズ講座」です。

一見関係のないように見えるこの2つ。
実は、密接につながっているのです。

時間の講座では、
自分にとって、本当に大切なことをまず考えて、
その他の時間の使い方を見直していきます。
すると、日々の優先順位もわかってきます。

冷蔵庫も、まずはどんな食生活にしたいかの
イメージを明確にしたうえで、
スッキリをキープするための仕組みを作ります。

買いもの~収納~料理の計画、段取りができれば、
時間は有効に使えます。

f0159480_21304476.jpg


その結果としての大きなメリットが「時短」。

材料を「すぐ取り出せる」
調味料を「すぐ取り出し」「すぐ戻せる」
という状態は、料理をスピーディーにしてくれます。

浮いた時間は、
さらに自分がやりたいことに充てることができます。

どちらの講座も、結果として「より幸せな暮らし方」
を目指そうということ。

私自身、明確にそのゴールを思い描きながら、
お伝えしています。

ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村



by ecott | 2018-08-06 21:56 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

「おいしい仕事」は天職でした

私は、現在なぜ「ハッピー冷蔵庫アドバイザー」という肩書で、
仕事をしているのか?

自分でも不思議なくらい、偶然のようにして
たどり着いた道です。

自己紹介では、一例としてこんな風に話すことがあります。
「かつてライターとして、食、環境に関する記事をたくさん書いてきました。
そこで、食べること、もったいないをなくすことが、つながってきました」

他にも、いろいろな要素があり、出会いがあり、偶然もありましたが、
長年やっていたライター、特にグルメライター的な仕事が、
原点でもあったし、今思えば「天職」だったのかも、と思います。

静岡県三島市に住んでいたころ、
朝日新聞系列のタウン紙に、10年間記事を書いていました。
私の担当は、静岡県東部、主に伊豆の取材を多くしていました。

伊豆ならではの農家、牧場、漁港から、
隠れ家的な料理屋、カフェ、オーベルジュまで、取材にとびまわっていました。

つねにアンテナを立てて、
下見の味見、取材アポ、取材・撮影、原稿書きという流れ。
味見で食べて、取材時に食べて、原稿を書きながら味を思い出すという
文字通り「おいしい仕事」でした!

自分では、シェフのようにうまく料理できない、
でも、それを再現しているような気持ちになって文章にする、

次から次へと、そんなことを繰り返している自分がミーハーで、
結局、特技がないからでは?なんて思ったこともありました。

でも、あるとき、あるお店のオーナーに言われたこと。
「伊豆のお店、ほんとにたくさん知ってますね~
今度教えてください。
こういう仕事をしていると、ずっと自分の店の中ばかりで、
なかなか食べ歩く時間もないのです」

私は、それを聞いて「そうかー!」と、気づきました。
プロフェッショナルな料理を作っている人たちは、
もちろん研究しつつも、
ほとんどの時間は、自分の料理作りに没頭していて、
食べ歩きの時間は限られています。

おそらく、私の方が、はるかに多くの店に出向き、
話を聴き、文章にしていることで、その情報を
一般読者のみならず、お店のオーナーやシェフにも
教えてあげることができる。

これって、すごい仕事かもしれない!
と、自信を持てた瞬間でもあったのです。

取材して聞いた料理人の意気込み、
食べてみたときの喜び、
それを、どんな文章にしようかと考える時間、

そのどの過程もが好きで、好きで、
やがて、これは「私の天職だ」と思えるようになったのです。

東京に引っ越した後、ぐるなびの仕事もしました。
「プレミアム」「こちら秘書室」がメインで、
一流ホテル、料亭にもずい分行きましたが、
でも、あの伊豆の素朴なもてなしを、とても懐かしく思い出します。

f0159480_19464944.jpg


自分の強みは、なんだろう?と考えるとき、
いろいろな掘り起こし方があります。

これまでやってきたことを、細かく区切って思い出してみます。
それぞれのことが、
やっていて楽しかった、わくわくした、人にほめられた
ということであれば、十分に「強み」となります。

ひょっとして自分が何気なく、当たりまえと思ってやっていることが、
人にとっては難しいこと、苦手なことかもしれません。
だとしたら、「強み」は、意外と気づかないところにも
隠されているかもしれません。

その強みを生かしていくことが、
あなたの人生を最大に充実させ、幸福度を高めていくことになります。

私は、元ライターとして、
今は、ハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、
強みを生かせればと、日々考えています。


ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2018-08-03 21:15 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

野菜室は真ん中がいいと切に願います【冷蔵考】

我が家の冷蔵庫は、375リットルの無印良品製。
もう10年も、大切に使っています。


f0159480_18122001.jpg


このデザイン、仕様が気に入っているので、まだまだ使いたい~という思いでいっぱい。
これは、上から順に冷蔵室、野菜室、冷凍室となっている3ドア。

f0159480_18125076.jpg


ところが、今売り出されている冷蔵庫のほとんどは、
真ん中が冷凍室で、下が野菜室となっています。

無印良品も、そのような配置に変わっています。

冷凍室が真ん中の方が、冷気の流れとして、
構造上いいという理由と、
働くお母さんが増えて、冷凍品をよく使うようになった
という理由があるそうです。

でも、私個人としては、冷凍品よりも、
はるかに野菜の出し入れの方が多いのです。

もちろん、一番出し入れのしやすいのは、腰高になる真ん中。
そこに野菜があればOKですが、
下なら、いちいちかがまなくてはなりません。

野菜室が真ん中という冷蔵庫も、一部のメーカーでは
出していますが、
主流が冷凍室真ん中というのは、
本当にほんとうに現代の暮らしに合っているのでしょうか?

メーカーさんには、ぜひ消費者の多様な声を聞いて
いただければ、と思っています。


ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


by ecott | 2018-08-02 22:44 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

スパークリングワインがあれば幸せ!

これがあれば幸せ!
というものを、いくつ持っていますか?

最近、私は結構それを書き出して意識しているのですが、
そのひとつが、スパークリングワイン。

と言っても、アルコールにはめっぽう弱いので、
1杯飲めば酔っぱらってしまいます。

イベントや講座の後の懇親会では、
飲める人が多いです。
ほとんどの方がビール。
みんながビールでかんぱ~い!

ビールも嫌いではないのですが、
なにしろ弱いので、1杯だけ飲むとしたら、
やっぱりスパークリングワインを選んでしまいます。

もっと飲めたら楽しいのにな~と思う反面、
本当に美味しいのを1杯だけ、というのも幸せです。

家では、お風呂上りに、
白ワインにソーダを入れて飲みます。
これが、アルコール分薄まって、ちょうどいいのです。

これは、ちゃんと「スプリッツアー」というカクテル名があります。
さっぱりしていて、家で飲むには、ほんとにおすすめ。
家でスパークリングワイン1本空けても、飲めませんから。

昨日は、早稲田の「ピッツェリア Takata bokusya」に行って、
スパークリングワインとシーフードサラダを注文。
ほんとうに幸せな時間でした!

f0159480_21431955.jpg


ここは、歴史ある「高田牧舎」が、最近リニューアルしてこの名前に。
もちろんピザ(マルゲリータ)も、そしてローストビーフも食べましたが、
この組み合わせ最高でした!
(写真を撮るのを忘れました><)

これがあれば「幸せ」を、「なんとなく」ではなく、
数えて、意識できると、毎日が違ってきます。

ーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-31 22:46 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

自分の目で見て、選ぶ、買いものの楽しさ

最近のお買いもの、ネットで「ポチっ」ひとつで
カンタンにできるようになりました。

あちこち歩きまわることなく、
欲しいものが手に入るのは、ほんとうに便利ですが、
私は、まだまだ昔人間なのか、
やっぱり自分の足で出かけて、
この目で確かめて、買いたいのです。

それは、服も、本も、食料品も、です。

服は、あちこち見る楽しさプラス、やはり試着したい。

本も、本屋さんに行って、どんなコーナーにあるのかを
確かめて、パラパラっと見て買いたい。

食料品は、「今日は冷蔵庫に何が残っていたかな~」
と考えつつ、そのときの入荷状況や、お買い得などを見ながら決めたい。


f0159480_22313594.jpg


お米とか、瓶類などの重いものは、
夫が買ってきてくれますが、
野菜や肉、魚などは、やっぱり自分の目で見たいのです。

実家の母は、車椅子生活になってからは、
一人では買いものに行けなくなりましたが、
それでも、私や姉が行ったときにスーパーに一緒に行くと、
本当に楽しそうに、あれこれ選んでいました。

人に頼むこともできますが、
やっぱり自分の目で見ることは、楽しいのです。

日本全体で、高齢者の買いもの難民が問題になっています。
近所で買える所が減って、大型スーパーへ行くには、
バスを乗り継がないと行けない・・・とか。
そんなことを、以前テレビで取り上げていましたが、
私には、その気持ちがよくわかります。

誰かに頼めば、
ネットでお買いものすれば(これも若い人に頼みつつ)
と思いがちですが、
遠くたって、自分で行きたいのです。

スーパーへ行くことが、気分転換だったり、
たくさんの商品を見ることが刺激になったり、
なにより、自分の目で本物を見て、確かめて、選ぶということの喜び。

そんな風に考えると、
私も、少しでも長く、自分で歩いて、見て、楽しむことができるよう
日々心がけて、体力をつけておきたいな~と思うのです。

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-27 23:04 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

猛暑日こそ冷えなくては大変!【冷蔵考】

連日35度超えでしたが、
ようやく今日は、ほんの少しですが気温が下がりました。

それでも、まだまだ予断は許されない今年の暑さ。
そんなときこそ、冷蔵庫はフル回転で、
冷たい飲みものや氷を取り出す回数が増えますね。


f0159480_14550608.jpg


そして、外気温が高ければ高いほど、冷蔵庫の冷え方が気になります。

まず冷蔵庫の周囲の気温が35度C以上の時は、放熱が難しくなるので、
側面や上部は、スペースを空けること。

使い方としては、
1 冷蔵室には、詰め込み過ぎない 7割収納

これは、ふだん使いやすさの面からお伝えしていることですが、
冷却機能としても、とても大切なことです。

2 吹き出し口をふさがない

冷蔵庫には、吹き出し口がいくつかありますが、
詰め込み過ぎていると、それも見えなくなってしまいます。

3 開閉回数を減らす

外気温が高いと、空ける度に特に冷気が失われてしまいます。
冷蔵庫の開閉回数は、1日平均35回と言われています。
少しでも回数を減らすには、
料理のときに取り出す食材を、一度にキッチンに運んで、
使い終わったら、一度に戻すなど、ちょっとした工夫をしたいものです。

開けたときの時間も、ごそごそ探しものをしていると、
いつまでも開けっぱなしということになりますが、
これも7割収納であれば、探さなくてもすぐに取り出せますね。

冷蔵庫って、さまざまな面から検証してみると、
つくずくいろんな要素がつながっているなと思います。

整理され、仕組みができていれば、
取り出しやすい → すぐに料理できる 時短
ムダな二重買いがない → 節約
余裕の空間 → 冷却効果 節電 

少しでも効率アップするように、こんな機会にこそ、
冷蔵庫を見直し、労わってあげましょう~


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-07-25 15:51 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

残りご飯の保存はどうしましょう?【冷蔵考】

炊きたてご飯に勝るものなし~と、思っても
どうしても少しずつ余ってしまうご飯。
保存方法については、悩ましい限りですが、
みなさんはどうしていますか?

炊飯器で保温状態に
おひつに入れ替え、常温保存で
冷蔵する
冷凍する

いろいろな選択肢がありますね。
炊飯器の保温は、あくまで短時間ですし、
この時期、常温で置いておくのも心配です。

とすると、冷蔵か冷凍に。

一般的には、ご飯は冷蔵してしまうとパサパサしてしまうので、
冷凍した方が向いていると言われます。

・・・が、それがわかっていて、
あえて私が行っている方法はというと・・・

翌日食べる分は、そのまま冷蔵室へ。

それよりも多そうだと思ったら、
1杯分ずつを密閉容器に入れて、冷凍室へ。

f0159480_20571558.jpg

翌日食べる分まで冷凍してしまうと、
すぐにまた解凍という手間がかかってしまうので、
それなら、冷蔵室に一時置きの感覚で。

2日以上もたせたいときは、冷凍室ですが、
そのときにおすすめの容器は、長方形(または四角)で、
お茶碗一杯分のご飯がちょうど入る大きさ。

以前に丸い形の容器を使っていたこともありますが、
それだと、収納にどうしてもムダが出てしまいます。

長方形(四角)だと、きっちり重ねて(または立てて)
置くことができるのです。


f0159480_20580163.jpg


ご飯は、この容器にぎっしり詰めるように入れた方が
美味しさがキープできます。

さて、これを食べるのは、2~3日後。
遅くても1週間後くらい。

冷凍だからもっと日もちはしますが、
長く経てば経つほど、食べる気がしなくなるので、
このご飯を特別扱いしないことです。

炊きたて、冷蔵、冷凍
と、順ぐりに食べていきます。
もちろん、チャーハン、ピラフ、ドリア、、、など、
いろんな工夫も混ぜながら。


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

by ecott | 2018-07-17 21:52 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

収納ケースの多用が良くない理由【冷蔵考】

もう何年も前のことになりますが、
実家の父と母が80代で2人暮らしをしていたころ。

私たち兄妹3人が、交代で訪ねていって
家事の手伝いをしていました。

私が行ったときは、やはり一番気になる
冷蔵庫をいつもチェックしていました。
ぎっしり詰まっていて、ごちゃっとしていて、
中には古いものもあるので、
とにかく要注意だったのです。

ところが、ある日のこと。
いつも通り、何気なく冷蔵庫を開けると
びっくり!!

この写真のように、白い収納ケースが
ぎっしりと収められているではないですか!
(写真は、そのときのイメージを再現したもの)

f0159480_19295529.jpg

こ、これは、誰が整理したもの?
なんと、父だったのです!

母は初期の認知症で、歩くこともままならなくなっていたので、
買いものは、ほぼ父の担当でした。

それで、何を思ったのか、この収納ケース。
きっとテレビか何かで、「食材をまとめると便利」
というような情報を、見たのかもしれません。

し、しかし、あまりにびっしりとすき間なく詰まっているので、
これでは、お総菜の残りのお皿や、大きなものを
ちょっと置くにも、全くスペースがありません。

父は頑固なので、私は何も言わずに帰りましたが、
その次に行ったときには、このケースはなく、
元通りになっていました。

「つっかいにくい~~」と、陰でこそっと言っていた
母が元に戻したのでしょう。

元通りというのは、父がいつも食べる
佃煮とか、煮物とかがちまちまと乗った「おつまみセット」
のような平らなお盆が、そのまま入っていました。

確かに、冷蔵庫整理の工夫として、
食材の種類別にケースにまとめるといいというのは、
いろいろなところで見聞きしますよね。

でも、私は、まとめることはいいとしても、
深いケースは決しておすすめしません。

見た目はとてもきれいになりますが、
取り出すときのアクション数が確実に増えます。

冷蔵庫の扉を開ける、
収納ケースをひっぱり出す
中をのぞく
探す
取り出す
ケースを戻す

という具合です。

種類別といっても、冷蔵庫の中身は
しょちゅう変わるので、
どうしてもカテゴライズできないものも出てきます。

ラベルを貼ればいいかというと、
これまた、冷蔵庫に限っては、微妙に変わっていくので、
文字の分類よりも何よりも、
食べものそのものを「見る!」ということに尽きるのでは。

そう、「見える化」です。
「全てが一度に見える」ということです。

となると、細かな収納ケースを使わず、
食材そのものを、ぽんぽんとすき間を空けて置くだけ。

「まとめる」という意味では、
うちの場合は、ごく浅いトレイ型のケースを使っています。
この浅さだと、引き出すこともなく、
じかに取ることもできます。

f0159480_19350701.jpg

扉を開ける
ダイレクトに食材を取り出す

ケースを使わなければ、たった2アクションで済みます。

父は、2年前に他界しましたが、
きっと今ごろ、遠いところで苦笑いしているかもしれません。


☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2018-07-14 20:46 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)

落ち込んだときはひたすら美味しいものを食べる

落ち込んだとき、元気が出ないときの解消法・・・
いくつか持っていると心強いです。

私にとっては、いろいろな解消法の中で、欠かせないのが
ひたすら「美味しいものを食べる」こと。

そうでなくても、人は1日3回食事をして、
プラスお茶を飲んだり、おやつを食べたりしていますから、
それを、いかに充実した時間にするかということです。

落ち込んだときの「やけ食い」とは、全く違います。

いかに豊かに、自分を満たすことができるかの時間を
積極的に取っていきます。

例えば、家族との夕食。
買ったお寿司は、大好きなお店のもの。
他のおかずもあって、好みの白ワインもあって、味噌汁もあるという
家ならではの自由さ。

f0159480_20413409.jpg


例えば、講座の後にみんなでランチに寄ったイタリアン。
ピザもパスタも分け合えば、そのうれしさ倍増です。

f0159480_20420696.jpg


例えば、午後のティータイム。
好きなものが少しずつ手つきバスケットに乗せられて、
これまた大好きなミルクティーと一緒に。

f0159480_20422871.jpg


時間も場所も違っても、
毎日どこかで出来るカンタンなこと。

例え、1杯のコーヒーでも、1杯のお茶でも、
美味しいもので自分を満たそう~と考えれば、
じわじわと心の充電ができるのです。

ほんとうに幸いなことに、
食べることは日々の暮らしに直結しているから
落ち込みからの回復に効果絶大です~


☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


by ecott | 2018-07-12 21:26 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)