カテゴリ:くらしオーガナイズ( 127 )

片づけ、掃除は学校では習わない!?

片づけや掃除って、あまりに日常のことすぎて、
これまで、できて当たり前という風潮がありましたよね。

でも、学校でそれを教えてくれるわけでもないし、どこで覚えるかというと、
やはり家庭での躾とか、親の見よう見まね・・・というくらい。

でも、でも、最近特に思うのですが、これって自然にできることじゃあないんです。
やはり、キチンと学んで覚えることでは?

特に現代では、できなくなっている状況が多いということは、モノや情報の数が
昔に比べて、はるかに多いからなんです。
片づけのハードルは、それだけ上がっていると言えます。

昨日は、友人に誘われて、
急きょアメニティアドバイザー・近藤典子さんの講演会に行ってきました。

近藤典子さんと言えば、整理収納、掃除の達人で、大活躍されている方。
タイトルは「すっきり~1日で終わる大掃除 虎の巻」。

その近藤さんこそ、最近の家庭科の教科書に登場されているとのこと。
やはり、
「これまで、料理、裁縫は家庭科でありましたが、片づけ・掃除はなかったんです」と
おっしゃっていました。

掃除をキチンと学ぶということ、昨日の2時間の講演で実感しましたよ~
ベテラン主婦だって、今ごろ(^^; なにしろ、300人の満席でしたから~

キレのいいトーク、素晴らしかったです!

f0159480_2102850.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-04 21:03 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

素敵なお宅での「冷蔵庫オーガナイズ」講座

今日は、ライフオーガナイザー志水花帆さんのお宅で
「冷蔵庫オーガナイズ」の講座を受けました。

ご自宅を開放しての講座、憧れます!
しかも、しかも、こんなに素敵で、感激の連続でした!
明るい陽射しが差し込むリビング。

f0159480_2201999.jpg

冷蔵庫のオーガナイズを効率的にするには、どうしたら?
というキメ細かな講座内容は、とても勉強になりました。

f0159480_2203350.jpg

キッチンに立つ花帆さん。

f0159480_2204217.jpg

キッチンも冷蔵庫も、実際の目で見られるということは、
何よりのインパクトです!

あ~、うちもなんとかしなくては!と、課題がいっぱい見えてきました。
まぶしいほどの白さをキープしているお宅って、気持ちまで
ほんとうに明るくなります!

ちょっと午後までお話させていただき、ささっと作ってくださった
ランチも、なんて素敵。

f0159480_2205340.jpg

センスの良さと、
ふだんの暮らしを、ほんとうに大切にしている様子が伝わってきて、
今日の学び、まさに五感を刺激されました!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-11-21 22:29 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

「すぐ使える、すぐ戻せる」食器収納

食事の支度、後片づけ・・・
少しでも早くしたい~という忙しいときに、
食器をすぐに取り出したり、元へ戻したりできますか?

使いたい食器が、上の方で取り出しにくい、
奥のを取りたいのに、手前のがじゃま、
重なっていて、下にある皿を取るのが面倒・・・
などなど、
使いにくくても、そこに置いてあるのが「当たり前」と
思い込んでいたら、ちょっと見直しを!

少しの工夫で、変わります。そして、家事は見事に時短になります。

コンパクトですが、今気に入っている我が家の日常使いの食器棚。

f0159480_19304311.jpg

奥行きが20センチととても浅いので、楽々全てに手が届くのです。

これは、元々床から天井まで、扉が付いていない素通しの飾り棚だったのですが、

f0159480_21325793.jpg

あまり実用的ではないので、
目線から腰の高さぐらいの部分だけ扉を付けて、食器棚にしたものです。

モノの出し入れには、この高さが一番で、
大皿は、別の棚に収納し、重いものは下の方、密閉容器など軽いものは上の方に。

ライフオーガナイザーになってから、こういうことを意識できるようになりましたが、
以前はどうだったかな~と思い出してみると、
前の家では、流し台の上についている開き扉の収納棚に食器を入れていました。

高くて届きにくいうえに、奥や、そのもう一段上は、
踏み台がなければ届かないから、手が届くのは前の一列だけ。

大きな食器棚は、リビング側にあって、わざわざ取りにいくのも億劫で、
そこは、ほとんど飾り棚状態でした。

キッチンの状態は、それぞれの家によって違いますが、
ちょっとした工夫で、うんと楽になりますよ~

ーーーーー
☆カフェセミナー開催します。
年内に片づけたい方
 「キッチン整理で変わる!心地よい暮らしの第一歩」

日時 11月27日(水)13:00~15:00
場所 タウンデザインカフェ (渋谷区神宮前)
参加費 2,500円(スイーツと2ドリンク付き)

詳しくはこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-11-17 21:47 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

「もの」は袋や箱から出しましょう

家の中にあるものが、すぐに目で見てわかること・・・
整理収納では、これがうまくいけば、しめたもの。
使いたいときに、使いたいものが、さっと取り出せるからです。

そのためには、ものを袋や箱に入れっぱなしにしないということです。

f0159480_2265572.jpg

例えば、買ってきたものをいつまでも袋に入れたまま放置とか、
引っ越し後の段ボールを開けずに、放置。

または、開けたとしても、とりあえずはこの段ボールのままでいいか、と
部屋の隅に置いておくと、いつの間にかそれが見慣れた風景になって、
定位置になったりなんてことも。

それから、高齢者の方にありがちなのは、ものを大切にするあまり、
丁寧にひとつずつ袋に入れたり、布で覆ってしばって、ものを収納していること。

一見きちんとしているようですが、これだといざ使おうというときに、
中身がなんだったか、いちいち開けてみないとわからないですよね。
書いておいても、それが多すぎると、すぐに使いたいときは面倒になってしまいます。

まずは、全部がひと目で「見える」ことが大切。
ものは、袋や箱から出しましょう~

ーーーーー
★11月のライフオーガナイザー入門講座のお知らせ

日時 2013年11月19日(火)9:30~12:00

場所 「家庭クラブ会館」
     JR新宿駅南口から徒歩8分

内容
・ライフオーガナイズとは?
・ライフオーガナイザーの仕事とは?
・暮らしに役立てるライフオーガナイズの手法

詳細はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-11-04 22:12 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

部屋が白くなると広くなる

部屋の床に、ものをあちこち置いていませんか?

買ってきてそのまま紙袋に入ったままのもの、
しまい場所に困っている雑貨や本、
捨てるに捨てられないもの、

床にスペースがあると、余計に置きたくなりますよね。

でも、それを片づけると、白い床が見えてきて、
段々広くなります。
全部片づけると、もっと見えて
「うちってこんなに広かったっけ!」と思うはず。

「床置きしない」と決めれば、白い部分がたくさん見えて、
いつもきれいをキープしていられます。

そしてもうひとつ、掃除して埃を取ると、広くなるんですね~
いやっ、実際は埃の厚さって、1センチもない!(場所によってはある!?)
まあ、ふつうは1ミリだってないですよね。
それが、なぜ広くなるかというと、白い部分がくすんでいたのが、白くなると、
うんと広く見えます。

特に窓ガラスが汚れていたら、部屋は狭く見えて、
ピカピカだと外がよく見えるから、広く見える効果は抜群。

片づけと掃除、
少しの手間で、白くなると広くなるんです~

ーーーーー
★11月のライフオーガナイザー入門講座のお知らせ

日時 2013年11月19日(火)9:30~12:00

場所 「家庭クラブ会館」
     JR新宿駅南口から徒歩8分

内容
・ライフオーガナイズとは?
・ライフオーガナイザーの仕事とは?
・暮らしに役立てるライフオーガナイズの手法

詳細はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-10-26 20:48 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

拭き掃除がおっくうなのはなぜ?

拭き掃除、なぜか後まわしになっていませんか?

特に仕事が忙しいとか、外出つづき、となると
掃除そのものをする時間がない~
ましてや拭き掃除なんて~ と。

でも、気になる。
だんだん埃っぽくなってきたら、快適じゃない。

これを、さっと簡単におわらせたい。

でもね、掃除の前にやることがあるんです。
片づけです。
テーブルや棚の上に、ものがたくさん出ていたら、
拭けません。

拭くとしたら、ものとものの間をぬうように、ちょこちょこ拭くか、
ものをどかしながら、拭くか・・・
あ~、これがメンドウなんです!これがおっくうで、ストレスなんです!

結局隅々まできれいには拭けないから、なんとなくスッキリしない。

ものがなければ、面がたくさん出ていれば、
さーっと拭いておわり。

それには、土台となるオーガナイズを、いつかどこかでしておいて、
テーブルの上、棚の上、まずはものをスッキリさせることが大切です。

冷蔵庫も同じです。
ギッシリ詰まっていたら、拭けません。

野菜室も、たまには全部出してみれば、気持ちよく拭けますよ~

f0159480_22221522.jpg


ライフオーガナイザーのブログは、こちらに集まっています。
     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-10-15 22:25 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

利き脳「左左」タイプは、こんな感じ

ライフオーガナイズでは、利き脳を生かした片づけ術をお伝えしています。
大まかに言うと、感覚派の右脳タイプか、理論派の左脳タイプかによって、
向いている片づけ法が違うということです。

インプットとアウトプットが、それぞれ右脳派か左脳派かということを合わせると、
タイプは、「右右」「右左」「左右」「左左」と4つに分けられます。

片づけだけでなく、ふだんの行動を考えてみて、その人がどんな脳タイプかによって、
「はは~」「やっぱり」と、思うことが最近よくあります。
絶対にというわけではなく、大まかにそんなタイプということが分かるだけでも
興味深いことです。

わたしの周りには、「左左」タイプが多いかな、と感じている最近。
9月には、カフェにて「利き脳片づけ術セミナー」を開催しましたが、
受講生の方が「左左」タイプでした。

ちょうど、カフェで出されたお菓子やシュガーを入れた箱。

f0159480_22434942.jpg

こんな区切りがある箱、使いやすそうですね~と、話がはずみました。
細かく区切ってある方が収納しやすいと感じるのが、まさに「左左」タイプなのです。

そして、共通して言われることが、
「会社ではモノがうまく戻せるけれど、家ではうまくできない」ということ。
それは、会社などのオフィスでは、仕組み化がきちんとできている場合が多く、
家庭では雑多なものが多いので、仕組み化(オーガナイズ)するまでが
ちょっと大変かもしれません。

でも、一度土台ができてしまえば、家庭でも会社でも同じように、
収納すること、戻すことは得意な「左左」タイプなのです。

90歳になる母は、雑多なものに囲まれて暮らし、感覚派かと思いきや、
先日利き脳チェックをしてみたら、なんと「左左」でした。

でも、よく考えてみると確かに行動は「左左」的かも・・・
と、そこで発見したのがこれ!

f0159480_22411583.jpg

母手づくりの薬箱。
きっちりとした仕切りです。

私は「右左」タイプですが、利き脳研究、面白いです(^^)

ライフオーガナイザーの皆さん、利き脳のことも多く書いています。
     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-10-05 23:30 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

帰宅後すぐにやること

仕事帰りでも、買い物帰りでも、たくさんの荷物を持って
「あ~疲れた」と、家にたどり着いて、まずやることは?

結構いろいろありますよね。
エアコンのスイッチを入れたり、窓を開けたり、手を洗ったり、
服を着替えたり・・・
食料品の買い物があれば、真っ先に冷蔵庫や冷凍庫に入れたいし。

ここで、あとほんの数分、ほんの少しの心がけでできることが、
持ち物を「定位置に置く」ということです。

服はハンガーにかける、アクセサリーは所定のボックスに戻す、
バッグは決めた場所に置く、
洗濯モノは、洗濯機のところまで持っていく。

そして、郵便物が来ていたら、家族の宛名別に、それぞれの部屋(とか机)に置く、
チラシがあったら、即判断して、要らないものは捨てる、
ちょっと気になる、後で見るというものは、後で見るコーナー(?)
要は「所定の位置」に置く、
などなど、ここまでやってから休憩です!

早く休憩したいと思って、これを怠ると、
バッグもアクセサリーもチラシも(もしかして服も)、
なんとなくリビングに置きっぱなしということになって、
それが日々たまると、たいへんなことになります。

積み重なり、沈殿して、次に使うときに「ないない」と探しまわることになり、
チラシの判断も後まわしにするほど面倒になります。

すると、そんな部屋では疲れをとるどころか、ますます疲れてしまいますよね。

帰ってからすぐの、ほんの数分。
習慣化で所定の位置に戻すだけというのは、実はとてもカンタンなこと。
習慣化してしまえば、楽に体が動くので、疲れませんよ~

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-09-22 23:14 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

「ある」のに「ない」

クローゼットをごそごそして、「着るものがない~」と、
嘆いた経験、ありませんか?

いや、クローゼットには、服がぎっしり詰まっているのに、です。
「今、着たいもの」が、すぐに取り出せない、ということなんですね。

ひょっとして、奥には着たいものが忘れられたり、
見えなくなったりしているかもしれないのですが、
これはオーガナイズ(整理)されていないために起こることです。

冷蔵庫にぎっしり食料品が詰まっているにもかかわらず
「食べるものがない」・・・これも、ちょっと似たことです。

オーガナイズ(整理)されていれば、
食べるものは、きちんと手前にあって見えるはずなのです。

特に高齢者の場合、こんなことが起こりやすいです。
いろいろな暮らし形態によるので、一概には言えないのですが、
オーガナイズの重要性・・・
「ある」のに「ない」ことを、ぜひなくしていきたいです。

「敬老の日」の今日、
快適なシニアライフについても、改めて考えたいものです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-09-16 23:29 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

空き箱、必要ですか?

家の中に、空き箱がたくさんありませんか?

f0159480_20414858.jpg

これ、結構場所ふさぎになっている場合が多いですよね。

紙袋やレジ袋と同じで、目的は買った商品を運んでくるもの。
なので運んできたら、一応役目は終わりです。

でも、捨てられないのは、
しっかりした箱だから、またはきれいだから、収納ボックスとして使えそう
という理由が多いかな。

私もそんな理由で取っておくことが多いのですが、
ではどの収納に使うかというと、
すぐには思い浮かばず、「いつか」となります。

ピッタリした用途が見つかればいいんですが、
それ以上に空き箱の方が増えていくと、
気が付いたときには、びっくりするくらいの数に。

以前にも、食品保存のタッパーなどのことを書いたのですが、
そもそも何かを入れて保存しておくものだから、
空き容器がいっぱい棚の中を占めているというのは、空間がもったいないです。

家電製品が入っていた空き箱も、取っている人が多いと思いますが、
これは「いつ使うか?」というと、
たいていが「引っ越しのとき」。
「それはいつ?」となると、当分引っ越しの予定がなかったりして…^^;

思いきって、整理、処分すれば、それだけ空間ができます。
空間があれば、次にもっといいもの(こと)が舞い込むかもしれませんよ~

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-09-14 20:42 | くらしオーガナイズ | Comments(0)