この収納庫はだれのため?【冷蔵考】

ハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、
つねづねお伝えしているポイントがいくつかあります。

そのひとつが、
冷蔵庫の整理収納は、他のモノの整理収納と
全く違うということです。

部屋の片づけは得意だけれど、冷蔵庫は苦手
という人がいる一方で、
その逆もあり。

それは、食材という中身がしょっちゅう入れ替わるからです。
そのための仕組みづくりが大切なので、
講座では、いつもそれをお伝えしています。

そして、今日、もうひとつ
違った視点のことが浮かびました!

家中の収納を考えたとき、
収納棚には2種類あると思いました。

それは、自分のモノだけを入れているスペース。
家族共用のスペース。
という2種類です。

例えば、自分のモノだけというのは、
服(クローゼット) 
家族共用という場合もありますが、とりあえず、スペースとしては
個人個人まとまっているのでは。

アクセサリー
化粧品

個人デスク周り
などでしょうか。

それに対して、共用のモノは

文具(各個人が持っている場合もあり)
工具
タオル
など、主にリビングや洗面所にあるものです。

そして、冷蔵庫は?
まさに家族共用のもの・・・
といっても、ちょっと何かが違う?

お父さんだけが飲むビール
子どもだけが食べるお菓子
という個々人のものが入っているにせよ、

ほとんどの食品は、家族共用というより、
そこを主に管理している人(主婦、主夫?)の
手にゆだねられ、料理されるわけです。

重要なことは、
冷蔵庫は、言ってみれば「母の愛」が詰まった箱なんですね。
主夫の方にとっては「父の愛」です。

いつも家族の健康や好みを思いやり、
買いものに行って、料理をする。

工具や文具などの共用スペースよりも、
はるかに、「家族のため」が浮かんでくる場所です。

f0159480_19454295.jpg

自分のために、クローゼットや本棚を整理して、
好みのモノを再確認したり、うっとりしたり。

でも、こう考えると、冷蔵庫って、
もっと、もっと、すごいことが詰まっていると思いませんか!

ーーーーーーーー
☆中央防波堤埋立処分場と食品ロスを考える見学会で
「食品ロスをなくす冷蔵庫の整理法」を行います。
10月24日(水)9:00~12:30
詳細はこちらから

☆「サルベージ・パーティ×冷蔵庫の整理法」を行います。
10月26日(金)11:30~13:30
詳細はこちらから

☆京都府で食品ロス削減セミナー
「もう、食べものを捨てない!冷蔵庫整理のコツ」を行います。
10月28日(日)13:30~15:30
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


by ecott | 2018-10-12 20:32 | たべものオーガナイズ【冷蔵考】 | Comments(0)