食洗機と手洗いを使い分ける

みなさんは、食器洗いに、食洗機を使っていますか?
それとも、手洗い派ですか?

こういった意見は、結構大きく2つに分かれるんですよね。

私は、夕食時の食器が多いときは、食洗機を使い
そこに入れられないものは、手洗いと
使い分けています。

f0159480_20282114.jpg


もう38年も前になりますが、
新婚当時、夫の転勤でアメリカに住んでいました。

1980年、日本では、食洗機はほとんど普及していませんでしたが、
アメリカでは当たり前に、どの家庭にも付いていました。

後片づけ、食器洗いが好きでなかった私は、
大きな食洗機を見て、「ヤッタ~!」という思いでした。

汚れたお皿を、さっと水に通して、次々食洗機に入れていき、
バタンと扉を閉めて、スイッチを入れれば、
もうおわり~
キッチン台は、短時間で何もなくなります。

ひとつずつ手洗いして、水切りカゴに入れ、
乾くまで少し待って、拭いて、食器棚に戻すには、
相当の労力と時間がかかります。

自動で洗ってくれるという以上に、
乾かしてくれる、それを放っておけるなんて、
もうこの上ない便利さだと思いました。

ところが、駐在員の奥さまでも、ベテラン主婦だったりすると、
長年、手洗いをしてきて、
食洗機がかえって不便だと感じて、使ってないという人もいました。

これは、日本の食器の形にもよるからでしょう。
茶碗、お椀をはじめとして、
お皿の形も実にさまざまで、繊細なものも。

アメリカで食洗機が普及していたのは、
食事形態にもよります。
食器は、ほぼ平らなお皿。
大中小の大きさがあるくらいで、しかも丈夫。

日本では、さらに食洗機自体が小さいので、
あまり入らないうえに、そんな風に繊細なお皿を分けていると
「え~い、全部手洗いの方がめんどうじゃない~」
と、なったりするんですね。

でも、私は日本でも食洗機を積極的に使い、
手洗いのものは、手洗いで、と分けても
便利!と感じています。

お皿をたくさん使った、油ものが多かったというときは、
やはり食洗機の威力は頼もしいです。

そして、ちょこちょこしている手洗いは、、、
これはこれで、若いころよりずっと好きになりました。

というのは、お皿洗いは、とてもいい気分転換なのです。
人は、イライラしたときに、水をさわるといいと言います。
ただ手を洗うというより、それにはお皿洗いがピッタリ。

特にこんな暑いときは、
水でじゃーじゃー皿洗いは、本当に気持ちいいのです。
(お湯の方が洗浄力がありますが、夏はぬるま湯かあえて水でも)

食洗機と手洗い、うまく使い分けて
とにかく快適、快適に~~


ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-07-26 21:38 | くらしオーガナイズ | Comments(0)