10年前の自分になんという言葉をかけますか?

昨日は、環境ボランティア・JFSの感謝の会があり、
私がここに入ったのは、何年前だろうと調べてみました。

ずい分前の手帳を引っ張り出し、
この年には、こんなこともあった、あんなこともあった
と思い出しながら、ちょうど10年前のことだと分かりました。

もう10年も経ったんだと思うと、感慨ひとしお。
思えば、2008年は大きな変化の年でした。

20年間住んでいた静岡県三島市から
東京に引っ越した年なのです。

三島は夫の転勤先なので、当初は慣れないと言いつつも、
私は、そこで地域のボランティアをし、情報紙のライターになり、
国際交流団体の長になり、数えきれないほどの仲間ができました。

後半の5年間ほどは、東京の義父の介護のため
三島と東京を行ったり来たりしていました。

それが、どうしても無理になってきたとき、
家族で東京に移る(帰る)決心をしました。

そのときに、私は三島での全てのかかわりから離れることになり、
20年間やってきたことは何だったのだろう、と
寂しさと焦燥感でいっぱいになりました。

東京には、たくさん刺激があるにもかかわらず、
そこに私の居場所はないような気がして。

そんなときに始めたのが、JFSの活動でした。
三島で一からスタートしたときのように、
また、一からのスタートでした。

いや、実質的には、三島での経験があったからこそ、
その後につながっていったのです。

それが、実を結び、花開いたと分かったのは、
さらに数年経ってからのことですが。

もしも、当時の私に声をかけるとしたら、
「よくがんばったね」
「その道で正解だったよ」
と、言いたいです。

不定期に開催している「時間のオーガナイズ講座」の中で、
10年後の自分は、どうなっていたいか?について
書くワークがあります。

10年なんて、そんな先のこと分からないと思いがちですが、
それなら、10年前の自分はどうしていたでしょう?
ちょっと思い出してみましょう。
という風に、私は声かけをすることがあります。

10歳若かった自分は、今に比べれば、
未熟だったかもしれないけれど、
でも、一生懸命だったことには、変わりはないです。

そんな自分を俯瞰することができたら、
きっと10年後の自分を、もっと充実させることができるかもしれません。

懐かしい三島の源兵衛川。
きっと、今も美しい清流の風景は変わらないでしょうね。

f0159480_22285328.jpg

ーーーーーーー
☆8月13日(月)開催 「時間のオーガナイズ講座」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


こちらに、ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ



by ecott | 2018-07-22 23:07 | こころオーガナイズ | Comments(0)