さすが!やましたひでこさん「洋服はお刺身」の精神で

やましたひでこさんの
「モノが減ると心は潤う簡単「断捨離」生活」を読みました。

f0159480_10271015.jpg

やましたさんの東京のご自宅マンションが
余すところなく公開されていて、興味しんしん!

洗面所から、引き出し、冷蔵庫の中まで
写真と丁寧な説明で、その見事な収納法が
よく分かりました。

さすが、断捨離を広めた方の暮らしぶりは一貫性があり、
かなりの刺激を受けました。

中でも、私がもっとも衝撃を受けたのが、
「クローゼットを新陳代謝させる」の項目で
”洋服は「お刺身」”としているところです。

以下、引用です
ーーー
洋服は、食べ物と同じ。「旬」のものが一番おいしく、滋養とエネルギーに溢れています。
洋服はつまり「お刺身」。
だからクローゼットは、いつも新鮮な風が循環する空間でなくてはなりません。
~~~
ほとんどの服が1~2カ月サイクル。中には数年越しで着ているワンピースもありますが、
これらも含め、クローゼットにはいつも新鮮で出番のある「お刺身」しかありません。
~~~
積極的に着たいと思わなくなったら、潔く手放す。
ーーー

私も、つね日ごろからクローゼットの新陳代謝には、とても興味がありますが、
これほど潔く循環させているとは、本当にびっくり!

手持ちの服をあれこれチェックするのは、大好きですが、
中には、あまり着ていないけれど、
「まだ着られる」
「もっと出番を多くしてあげなければ」
というものが、いくつか。

それで、気づきました!
そういう想いでいると、無理をしているんだ、と。
あまり気乗りがしないけれど、着てあげないといけないような気がして。

それが、着ていて心から満足できるものかどうか?
というと、違うんです。
そうなると、やはり基準は、はっきり!

ときめくもの、心地いいもの、
そして、やはり自分にとって「旬」のものであれば。

そういう気持ちで服選びをしていくと、より楽しくなります。

1~2カ月サイクルでというのは、私には無理なので、
もう少し長いスパンにはしますが。

つねに循環を作るという意味では、
服も、食べものも同じだと思っていましたが、
洋服が「お刺身」だとすると、
ますますクローゼットと冷蔵庫は、似ていますね~^^


ーーーーーーー
☆7月13日(金)開催 講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
詳細はこちらから

☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2018-07-05 12:55 | おしゃれオーガナイズ | Comments(0)