さもない日常に「恋する」方法

今日の関東地方はさわやかな晴天で、
暑くも、寒くもないという心地よさ。

ゴールデンウィーク中の都内は、電車も空いていて、
街ものんびりムードですね。

遠出もしなかった、特別のこともなかった、
という方に、今日は、
さもない日常が、スペシャルに変わる方法を
お伝えします。

それは、私流の考えですが、その答えは、
「ブログを書くこと」です。

ブログには、その日に
感動したこと、うれしかったこと、楽しかったこと、などを
思い出しながら、プラスの言葉にして、書いていきます。

「感動した」と言っても、大したことでなくていいのです。
空がきれいだった
ご飯がおいしかった
家族といっぱい話せた など、など。

文章化すれば、
さもないことが、実はすごく幸せな出来事だと、
気づくことができるのです。

私は、ライター時代に、たくさんの取材をして、
しょっちゅう文章を書いていました。

主に伊豆で活躍する人、穴場のお店など。
取材で話を聴くのは、1時間ていどですが、
その後、かなり時間をかけて「書く」ことに向き合うと、
じーっとそればかりに集中して、ほぼ「恋する」状態になります。

取材された側は、私のことなど忘れていても、
私は、その方、または、そのお店に対して、想いが深まり、
片想い状態(^^)になるわけです。
「書く」ということは、それほどの魔力があるんですね。

だから、取材し、記事にした人やお店には、
「あそこの〇〇は、本当に素晴らしくてね~~」
と、つい熱が入って、人にも宣伝したくなるのです。

ブログも、それと同じことが言えると気づきました。

例えば、出席したパーティやイベントについて、
実際はそれほどの思い入れがなかったとしても、
思い出し、書いているうちに、
すっかりその良さを発見できるものです。
やっぱり行って良かった~、素敵な人ばかりだった♡と。

もっと、さもない日常のこと、
私が最近書いた、イチゴにしても、図書館にしても、
「書く」ことによって、「好き」になるのです。
そんなモノやコトに対しても、「恋する」状態に。

だとしたら、ほんとうに何でもないと思うことを
丁寧に思い出し、すくい上げていくことで、
恋して、幸せな気分になるとしたら・・・

ブログを書くって、素晴らしいことです!

我が家は、この休み中に、
家族でお寿司を食べたり、
たくさん話をしたり、

f0159480_22152973.jpg

出かけて、雑貨店をのぞいたり、
緑のきれいな街を歩いたり、

そんな些細なことに、感謝です。

ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


by ecott | 2018-05-05 23:15 | Comments(0)