風邪をひいたときにわかる家庭料理のありがたさ

先日、風邪をひいて、珍しく数日寝込んでしまいました。
と言っても、熱があるほどでもなく、ただダルくて、ひたすら眠い感じ。

それで、寝ながら何を考えていたかというと、
冷蔵庫の中に、あれとあれがあるから、
こんな料理がいいかも・・・
と、風邪なのにやたら食べることばかり考えていたという(^^)

高熱で重症なら、それは考えられませんが、
そこそこの風邪なら、食べもので治る!という意識が
あったからでしょう。

花粉症のことでも、これは書きましたが(花粉症が教えてくれる体に必要な食べもの
○○が食べたい!って、とにかく家庭料理が浮かんでしまうんです。

油揚げと小松菜の煮びたし
わかめとしらすいっぱいのサラダ
ひじきの煮物
豆腐と野菜たっぷりの白和え
納豆と桜エビの卵やき

など、など、など、、、

そして、必ず欲しいのが野菜たっぷりの味噌汁

f0159480_21465631.jpg


幸い、キッチンに立つ元気もありましたから、
こういうものを作っているときも、また幸せ。

野菜を刻んでいるだけで、風邪が治りそうな気分になります。

大変だから、外食にするとか、買ってきたもので済ませるとか、
全然そんな気分になれないんですね。
(料理が得意でない家族は、買ってこようか~とは言ってくれますが)

食べたいものは、とにかく家庭料理なんです。
カンタンでいいから、シンプルでいいから。
いや、シンプルこそ、こういうときの最大のごちそうなんです。

だとしたら、普段からそれがすぐにできる
食の仕組みづくりが大切ですね。

薬よりも何よりも、まずは「食」から、なので。


ーーーーーーー
☆冷蔵庫・キッチン片づけサービス 受付中
詳細はこちらから

☆「カフェで個人レッスン」 受付中
詳細はこちらから

ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
シンプルライフについては、こちらです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ



by ecott | 2018-04-13 22:30 | たべものオーガナイズ | Comments(0)