中身が変われば生き方が変わる【冷蔵考】

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」を読みました。

フードライターであり、料理講師のアメリカ人女性
キャスリーン・フリンが、料理を通して食の神髄を伝える体験ルポです。

f0159480_20021166.jpg

まず、私がハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、ぐっと惹かれたこの帯の名文!
「冷蔵庫の中身が変われば生き方が変わる」
「ほんの少し買い、たくさん作り、捨てないしあわせ」

キャスリーンは、料理に自信を失っている10人の女性の食生活を知り、
教室で徐々にカンタン、シンプル、ヘルシーな
料理の本質を教えていくのです。

加工食品ばかりに頼って、健康を損なうなど、
アメリカの食問題は、今や日本でも似た傾向があり、
人ごとではありません。

そこに含まれている添加物が、いかに多いか!
ほんの少しカンタンな料理法を知るだけで、健康的な食事が
できるとしたら・・・
確かに、冷蔵庫の中身が変われば生き方が変わってきます。

そして、私が特に目が離せなかったのが、
「ミニマルに買うことはスマート」という章。

大量の食品を廃棄する国家
・アメリカは国家として、消費を見越して生産された食物の40%をムダにしている。
・スーパーなどでは、数%の食物を売り物にならないとして廃棄している。
・残りの25~30%は我々が家庭で廃棄している。

では、なぜ私たちはこんなにも食品を無駄にするかというと
「私たちは、自分たちのリアルな生活のために買い物をするわけでなく、
自分が思い描く生活を想定して買い物する」

なるほど!確かにそういうことで、使いきれない食材が余り、
忘れ去られてしまうのでしょう。

そして、
「冷蔵庫に入れている食材が少ないことは、よい料理を作らせる。
代用しなければならないからだ」

これにも、納得、共感です!
レシピ通りでなく、「今、あるもの」で作るということ。

これが、「ほんの少し買い、たくさん作り、捨てないしあわせ」なのです。

この本を読み終え、食と冷蔵庫について、
まだまだやりたいこと、伝えていきたいことがある!と、想いを新たにしました。

ーーーーー
☆講座「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」のお知らせ
日時:2018年1月28日(日)13:00~14:30
場所:「10°カフェ」(高田馬場)
詳細はこちらから


ライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2018-01-22 21:19 | たべものオーガナイズ | Comments(0)