<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2014年に向けて「これで、よし!」

気になるところを、少しずつ掃除し、
買い物して、
花を飾って、
おせちの準備をして、

でも、全然完璧ではありません。

掃除は、やろうと思えばいくらでも・・・
片づけだって、気になるところは、来年に繰り越し。
おせちとは、形ばかりの自己流。

あ~、おわってないという方、ご安心を。
気持ちに区切りをつけるのは、自分自身なので、
今年の締めくくりとして、「これで、よし!」
出来たことは、もちろんたくさんあるので「これで、よし!」

そして、穏やかなお正月を迎えましょう。

今年出会った人、出あったもの、出あった出来事、全てに感謝です。

みなさま、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

f0159480_1822680.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-31 18:03 | Comments(0)

2013年ブログの反響に「ありがとうございました」

今年も残すところあと1日。
この1年、ブログを訪れてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

f0159480_20393011.jpg

細々と書き続けてきましたが、今年はフェイスブックとのリンクや、
にほんブログ村、エキサイトブログの中のジャンルから、
より多くの方に見ていただき、とてもうれしく大きな励みとなりました。

反響のあった記事のランキングを、まとめてみました。

1 フードロスチャレンジは冷蔵庫の整理から
   フードロス問題と冷蔵庫整理について、
   ライフオーガナイザー仲間とシェアしたとき。
   多くの方がリンクしてくださったお陰か、
   たくさんの方に読んでいただけたようです。

2 ライフオーガナイザーって素晴らしい!!
   そのとき心から思っていたことを勢いで書いたもので、
   思わぬ反響に、びっくりしました。

3 伊豆でつながる“ゆとり時間”
   久しぶりの中伊豆でのんびりと。
   これもさまざまな人がリンクしてくださったお陰です。

4 カンファレンスにて8分スピーチ
    「冷蔵庫オーガナイズからつながるフードロス・チャレンジ」
   のテーマでスピーチさせていただきました。
   この1年のまとめのようで、感慨深いものがありました。

5 92歳と90歳、究極のシンプルライフへ
   実家の両親と向き合ったことも、私にとってのライフオーガナイズ。
   今年の大きなテーマでした。

6 カフェセミナー☆衣・食・住の「もったいない」整理法
   来年開催のセミナーのご案内に、多くの関心を寄せていただき、
   とてもありがたいことです。
   これまでより、さらに具体的にテーマを絞ったものです。

全体として、この1年はフードロス問題と冷蔵庫整理、
食材サルベージパーティ(サルパ)に多くの反響をいただき、
さらに講座やセミナーのご案内につきましても、多くの方に見ていただけたようです。

日々、心から思うこと、感じること、それを自分なりに書けることは、
つくずく幸せだな~と思います。

さらに、それを読んでくれて、なにかのアクションを起こしてくれることなど、
もう望外の喜びです。

本当にありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-30 21:10 | Comments(0)

「100万人のキャンドルナイト」を立ち上げた人たち

昨日は、丸の内の「Daichi&Keats」にて、
「100万人のキャンドルナイト」を立ち上げ、広めてきた人たちが、
久しぶりに集まるという会がありました。

f0159480_19514724.jpg

2003年に、「大地を守る会」代表の藤田和芳さんや、
辻信一さん、マエキタミヤコさん、竹村真一さん、枝廣淳子さんの
5人の呼びかけで始まったこのムーブメント。

私も枝廣さんつながりで、5年前から
海外チームのメンバーに加えていただき、
時々記事を書きながら、たくさんのことを学んできました。

そして、昨日強く思ったことは・・・
「人は、楽しそうにしている人の周りに集まってくる」
ということです!

Webチームで、当初から先進的に情報発信していた若い人たちは、
今、それぞれが全国各地で大活躍しています。
その場が、隠岐諸島の海士町だったり、熊本だったり、
香川だったり、東北だったり・・

「僕たちは島で、未来を見ることにした」の本を出している海士町「巡の環」の2人。
「暮らし方冒険家」の夫婦は、現在熊本在住。

都会でなくとも、パソコンひとつあれば、今やどこでも暮らせる、
そんな若い人たちの生き方が、あちこちで取り上げられていますが、
キャンドルナイトで集まっていた人たちこそ、
その先駆者だったのでは!

「楽しそうにやってる」・・・
だから人が集まってくる、コミュニティができる、
昨日、改めてわくわくするような話を聞きながら、そう思い、

キャンドルナイトそのものが、そうだったんですよね。
○○反対!運動ではなく、なんだか楽しそう。。。と。

席を何度か替わって、いろんな人と話をし、
そして、美味しいお料理も堪能しました。

「Daichi&Keats」は、大地を守る会の直営店なので、 
有機野菜や自然派ワイン、もうバッチリです!

こちらは、野菜のとろ~っとした甘みが出ていたポトフです。

f0159480_195545.jpg

去年書いた記事です。
     ↓
10年目のキャンドルナイト「終わり」からの「始まり」

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-28 22:00 | Comments(0)

好きなものを言い続ける

日本ライフオーガナイザー協会主催の京都カンファレンスのワークショップで、
みんなが交流するために、次々と相手を変えて、じゃんけんをしていくという
ゲームがありました。

負けた人は、勝った人に、「好きなものは?」と聞く単純なルールです。
でも単純ながら、勝てば勝つほど、好きなものを答えられるので、
気分が良くなるわけです。

私が最初勝ったとき、「好きなものは?」と聞かれて、
あまり考える時間もないので、とっさに「パンケーキ!」と答えました。
次にまた勝って、今度は「森林浴」と答えました。

その次に、また勝って、また「パンケーキ」。
なぜか次々勝ち続け、「パンケーキ」と「森林浴」を交互に言いました。
すっかり気分が良くなりました。
何人もそれを繰り返し、一度だけ負けたのですが、あとは全部勝ちました。

これまで決してじゃんけんに強かったわけではないし、
何も考えずに出していただけです。

実は、このとき、もうすぐ自分が前へ出て発表するというときで、
朝からずっと緊張していたので、ありがたいことに、
かなりうれしいリラックスタイムになったのです。

それにしても、バカみたいに繰り返したこの2語。
でも、とっさというのは、案外本質だったりして、
パンケーキだけでなく、ごはんもお肉も野菜も、なんだって
好きなんですが、要は食べること。
そして、緑多い自然に囲まれて、いい空気を吸えたらもう最高です。

とっさでも、落ち着いて考えても、同じだったかも。
好きなことを言い続けると、気持ちは前向きになれます!
あ、でも負けても、相手の好きなものを聞けることはやっぱり楽しいことですヨ。

このワークショップを担当してくださった渡辺奈都子先生に、感謝です。

では、実際のパンケーキの画像をどうぞ(^^)

f0159480_2330262.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-26 23:42 | Comments(0)

志の高い人

今日は、素敵なクリスマスでした!

博報堂さんの11階から、夜景が見えて(あ、残念!写真を撮るのを忘れました)
。。。というクリスマスの会ではなく、

「フードロス・チャレンジ・プロジェクト応援団顔合わせ&活動報告、活動創作会」
というものだったのです。

プロジェクトが立ち上がってちょうど1年。
今年は、私もスタディツアーに参加させていただいたことがきっかけで、
プロジェクトの事務局を務めているこの博報堂さんに、
何度か来させていただきました。

そして、フードロス問題と冷蔵庫整理(オーガナイズ)について、
この1年、いろんな場で話をしたり、書いたりしてきました。

今日は、フードロスに関して、さまざまに広がっていった
「サルベージパーティ」や、「ごちそうとぼうさい」や、「体験型ゲーム」などの報告や、
集まった人たちの想いを聴いて、
ただただ皆さん「志が高い!」というのが、印象。

学生さんも多かったけれど、しっかりと自分のビジョンを持っているのです。

さらに、社会問題の解決に楽しくかかわっていくことが、いろんな切り口でできるんだ!
というアイデアが次々出るんです。

そして、今日はライフオーガナイザー率が高く、5人が出席(全員で20人くらいのうち?)。
その中のひとりは、高原真由美代表理事で、
やっぱり「志が高い!」

・・・というのは
これからライフオーガナイザーとして、できることを、
この場で的確に素早く伝えること。かつ具体的に!なんです!

もちろん、フードロス・チャレンジ・プロジェクトの実行委員の方、
次々と浮かんだアイデアを、これまで形にしてきているんです。

「どうしようか~」「できるかな~」「うじうじ」・・・ではなく、
キッパリ気持ちのよい人たちと、新しいことが生み出されていく場に、
今日、私自身もいられたということ、
そして、この1年を思いつつ、
何よりのクリスマスプレゼントだったな~と感じています。

来年につながっていきます。
新しいことが、また次々と。

今日の写真の代わりに、昨日のイルミネーションを☆

f0159480_0235378.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-26 00:31 | Comments(0)

クリスマスイブの表参道

クリスマスイブの表参道は、華やかで、にぎやかでした~

f0159480_20214212.jpg

紅葉のころから、街は既にクリスマスムードでしたが、
あれから駆け足で時間が過ぎていったよう。

でも、新しい手帳のお陰か、せわしなくなりそうな年末も、
ちょっと気持ち楽々です~

出かける前にパソコンの中を整理して、資料を作って、
ついでにビーフシチューも作って、
そして、来年のセミナーのお話もいただいたので、カフェで打ち合わせを。

外へ出たら、すっかり日が落ちて、びっくりするくらい素敵なライトアップ!

f0159480_20215391.jpg

人の流れがますますにぎやかになっていて、スーパーにも少し寄って、
ミニホームパーティーに間に合いました!
(シチューもトロトロになっていたし)

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-24 22:49 | Comments(0)

ダイエットとフードロス

忘年会がつづく季節ですね。
そんな日の翌日、体重計に乗るとたいてい
「あ~~!多すぎ」ということになっています。

f0159480_20212611.jpg

そこで、元に戻すべく調整します。
ここで意識しないで、次の日も同じように食べてしまう、
またはそれ以上に食べてしまうと、元に戻すのが難しくなります。
そして肥満への道。。。

わたし自身、過去にかなり太っていて、ダイエットを繰り返していたので、
よっくわかるのです。
 (過去記事は、こちら→ダイエットはモノのオーガナイズとスバリ!同じです

今は、適正体重と自分にとっての食べものの適正量がわかっているので、
すぐに調整可能です。

大切なことは、なんとなく食べない。
意識して食べること。
宴会で、食べきれないな~と思ったら、
食べられそうな人に食べてもらう。
逆に、だれかが嫌いで自分が好きなものならいただく。
・・・なんていう料理エクスチェンジができれば。

「残すのはもったいないから、食べてしまおう」と、お腹をパンパンに
すると、結局自分の体が健康でなくなり、「もったいない」ことに。

お店に聞いて、お持ち帰り可能なら、包んでもらうのもひとつ。
お店によって、料理によってさまざまで、不可の場合も多いでしょうが、
一応聞いてみるというひと手間を。

食べ放題だったら、もちろん食べられる量だけ取る。
フードロスを出さないためにも、ダイエットのためにも。

外食がつづいたら、家庭料理でリセット。
体が自然にアッサリ系を求めていたりもします。

ほんの少しの意識で、フードロスを減らし、体重も減らし、
「ちょうどいい」にできれば、理想的ですよね~

クリスマス~お正月、おいしいものを、本当においしく食べるためにも、
食べものとじっくり向き合えたらいいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-23 20:36 | たべものオーガナイズ | Comments(0)

ライフオーガナイザー協会が「文部科学大臣賞」を受賞!

この年末になって、なんだか周りでいろんなことがリンクしながら、
いいニュースが続いています。

日本に「ライフオーガナイザー」が誕生して、ちょうど5周年。
先日は、記念すべきカンファレンスが行われ、
日を空けずに飛び込んできたニュースが、こちら。(画像は協会より)

f0159480_20443839.jpg

公益財団法人日本生涯学習協議会の協会アワードで、
日本ライフオーガナイザー協会が、
その最高の栄誉である文部科学大臣賞を受賞!
 

「社会に良い事をしながら、儲かる仕組みを作り上げる。
教える人も、学ぶ人も幸せになる社会。
そして、その講座が幸せの連鎖を生み出す。
そんな活動をしている協会を評価し、表彰します」

という素晴らしい理由から、表彰されたのです。

私もライフオーガナイザーのひとりとして、こんなにうれしく、
誇りに思うことはありません。

自分が学んで、満足して、うれしくなって、幸せになると、
自然に人に言いたくなりますよね~
ライフオーガナイズって、まさにそんな連鎖なんです。

文部科学大臣賞というドーンと大きな太鼓判をいただき、
みんなのモチベーションも、ますます上がり、
社会貢献度もアップです~

こちらにも、たくさんの情報があります。
  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-22 22:36 | Comments(0)

時間編セミナーを開催しました

本日、ライフオーガナイズ時間編セミナーを開催し、
またまた素敵な方々と出会うことができました。

f0159480_19583517.jpg

将来どうなっていたいかをシェアすると、
皆さんはっきりとした素敵な目標を持っていることがわかり、
「そうなんだ~」とお互い頷くことしきり。
私も、ずっと頷きっぱなしでした。

時間の感覚を捉えるのは難しいことですが、
ライフオーガナイズのセミナーは、俯瞰するところから考えていきます。

モノの整理も同じように考えます。
だから、細かな収納術とか時間術ではないんです。

ちょっと前に流行った収納術では、すき間家具なんかを置いて、
ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうとか・・

時間術も、忙しい毎日、いかにすき間時間を有効に使うかと考えると、
例えば料理しながら耳から英語を聴いて、足裏マッサージをする、な~んて。

大きなところから考えた結果として、
最後に、多少そんなテクニックがあってもいいのかもしれませんが(^^;
まずは仕組みです。
そこがわかれば、うれしくなります。気持ちも楽になります。

寒い師走のこの時期に、足を運んでくださったみなさま
本当にありがとうございました☆

ライフオーガナイズ情報、こちらに満載です!
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-20 21:08 | *時間編講座 | Comments(0)

40歳の起業で「ライフオーガナイザー」誕生

「ライフオーガナイザー」という新しい言葉ができて、この12月でちょうど5年。
協会ができて、仲間ができて、つながって、パワフルに広がっていったことの原点が
昨日、よーくわかりました!

昨日は、関東地域のイベントとして、
高原真由美代表理事の講演「40歳からの起業~私の場合」があったのです。

f0159480_99179.jpg

これまでも、少しずつ協会ができたきっかけについて、見たり聞いたりしていたものの、
まとまった話を聴くのは初めてでした。

高原さんが、会社員としてインテリアコーディネーターとして働きながら、
偶然(必然!?)というような人生のハプニングや、人との出会いがあって、
起業へと結びつくストーリーは感動的でした!

ある節目で、たくさんの本を読んだこと、想いを抱くこと、
そして、大切なことは「できるか?」より「やりたいか?」を優先すること。

なぜなら、考えすぎていたら動けなくなってしまうから。
「できるか?」と考えたら、そんなことはだれにも分からなくて、
「やりたい!」という気持ちがあれば、
自然にどうやったらやれるかを考えるようになるという・・

アメリカにプロフェッショナルオーガナイザーという職業があり、既に確立されていて、
じゃあ、日本でもできないかと、
この「思い始め」と、実際に行動を移すまでの期間が、
ものすごく短いのです!

それまでの流れはあったものの、大きなことは1カ月以内、ひょっとして数日内で
動いたのかもしれません。

キーパーソンになる人に偶然出会う、偶然隣の席に座る、ちょっと話してみる。。。
そんなことが全てつながっていき、日本ライフオーガナイザー協会を設立。

現地のアメリカに行ったとき、協会員は副理事の佐伯新和さん
たったの2人だったそうです。

でも、今や900人近く!
思考と空間の整理をして、暮らしが楽になったと共感する仲間が
次々と増えていったからです。

もはや海外から注目される協会になり、
ライフオーガナイザーは、国内でもメディアに取り上げられることが年々増えています。

わたしたちは、いろいろなことに感動し影響を受けながら、頭の中で考えています。
でも、次の一歩を迷っているうちにどんどん時間が経ってしまうとしたら、
もったいないですね。
「できるか?」より「やりたいか?」で、前に進む。。。勇気をもらいました。

わたしも3年前に出会ったこの縁をほんとうに大切にし、伝えつづけます!

ーーーーー
☆「ライフオーガナイズ時間編セミナー」のお知らせ

日時 12月20日(金) 9:30~12:00
場所 家庭クラブ会館(新宿駅近く)

詳しくはこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-12-18 09:36 | Comments(0)