ライフオーガナイザーの可能性

ライフオーガナイザーは今、日本全国で700人以上。
日本で協会が立ち上がってから5年目ですが、すごい勢いで広がっています。

ライフオーガナイザーとは、アメリカ発の思考と空間の整理のプロで、
オーガナイズは、モノの整理だけでなく、情報や時間の整理も含まれ、
暮らし全般のあらゆることとリンクしているんです。

そのため、違った分野の仕事とも相性がいいし、
一見関係のなさそうなジャンルでも不思議と結びつくのです。

ライフオーガナイザーで、
建築家、インテリアコーディネーターというのは、もちろん相性がいいし、
そのほかに、
ファッションアドバイザー、カラーコーディネーター
風水、心理学、アロマテラピー、
介護、福祉
広告、販売、営業
金融、ファイナンシャルプランナー
教師、編集、ライター、システムエンジニア
栄養士、パティシエ、カフェ経営 など、など、、
主婦、母、子育て経験というのも強みです。

わたしは、これまでに国際交流のイベント企画や、編集、
自然や食に関する取材、ライティングをし、
街づくりのボランティア
そして主婦であり、母であり、親の介護経験あり…で、
年数が経ってきたわけですが、
そこに加わったライフオーガナイザーという肩書が、
最初はあまりそぐわないような気がしていました。

しばらくは何も結びつかず、でも、
最近は、自分が意識することで全てがつながってきたのです。

そして、今年になってかかわるようになったフードロス問題。
昨日もフードロス・チャレンジ・プロジェクト
活動報告会に行ってきました。

食の問題は、心豊かな暮らし全般を考えることに結びつき、
ライフオーガナイズは社会的課題の解決にも役立つのでは、と。

いろいろな人と話をしましたが、会場で会ったライフオーガナイザー
Sさん、Kさんと、帰りはここへ。
夕暮れ時、駒場の森のレストランに灯りがついていたので。

f0159480_2221713.jpg

この日同じキーワードで集まれたことが、うれしくって、
思いをシェアしながら、3人で話が盛り上がりました。

Sさん、Kさんそれぞれの強みも素晴らしく、元気をもらい、
ライフオーガナイザーの可能性はいろいろある!と、
改めて考えるきっかけとなった1日でした。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-30 22:14 | Comments(0)

アクセサリー整理は自分を知る第一歩

アクセサリーボックスの整理をしました。

f0159480_19413013.jpg

出かける間際になって、ネックレスがからまっていたり、
使いたいものがすぐに取り出せなかったりするストレスは、結構大きいですよね。

私はアクセサリーを入れるのに、
無印良品のアクリルケースとKEYUCAの収納ボックスを使っていますが、
買ったときにはきちんと収めたつもりが、時が経つとやはり少しずつ乱れてきます。

そこで、オーガナイズの基本に立ち返って俯瞰してみようと、
中身を全部テーブルの上に出してみました。

でも、古くなったものや修理しなくてはというものがごちゃっと出てくると、
一瞬ひるんで、やる気が失せそうに・・・

うわっ、この気持ちって何でしょう?
きっと、以前の私だったら、整理(オーガナイズ)の仕方がわからなくて、
この時点でもういやになって、そのまままた元に戻していたかも^^;

でも今は、ここで「分ける」キーワードをしっかりと設定。
思い浮かんだキーワードは、
「今、好きでよく使っている」
「好きで、時々使う」
「迷う(結局ほとんど手放す)」
「修理する」という4つで、

テーブルの上に、きちんとエリアを決めて、置いていくと、
作業はサクサクと進み、あることを発見!

それは、今、好きでよく使っているものは、白っぽくて軽いもの。
前にはよく使っていたけれど、今は好きじゃないし、もう手放してもいいかなと思ったのは、
黒っぽくて重たげなもの。

その違いが、あまりにハッキリと見てとれたので、自分でも驚きでした!
洋服も、以前は黒を着ていれば落ち着くという感じでしたが、今は逆です。
黒の分量が多いと落ち着かないのです。

アクセサリーは小さいからそれほど意識せず、
最近使ってないものもまたいつか使うような気がして、そのままにしていたのです。

でも、はっきりと「分ける」作業に向き合うことで、自分の変化を知ることができました。
それならば、もう十分使ってきた黒いものとはお別れしようと、
すぐにリサイクルショップに持っていきました。

それから、好きだけど壊れていて要修理というものは、ひとつの袋にまとめました。

残った白っぽいものを眺めて、う~ん満足!

f0159480_19445450.jpg

モノの整理をするとき、自分の好みを見きわめるためには、服から始めるといいとよく言われますが、
服の場合、クローゼットやタンスから全部出してみるには、結構時間も場所も必要になってきます。

その点、アクセサリーなら時間もそれほどかからず、
それでいて自分にとっての「好み」が、はっきりと浮かび上がってきて、
「今の自分」を見つめるきっかけともなります。

整理(オーガナイズ)の第一歩としては、かなりおすすめのアクセサリー整理、
みなさんもぜひやってみてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-28 21:02 | Comments(0)

「手に入れる」より「手放す」ことの方が難しい

おととい、“モノの「おうち」を決められない理由”という記事を書き、
みなさんから多くの反響をいただきました。

それについて考えているうち、あることに気づきました。
部屋の中で、なんとなくモノが出しっ放しになっている理由の多くが、
「捨てる」または「手放す」方法がわからない。
または、わかっていても「面倒」など。

実は、モノを「手に入れる」より、「手放す」ことの方がずっと難しい時代になっているんですよね。

買うことの楽しみ、買うことの気軽さは、昔に比べてはるかに加速しています。
街を歩けば、欲しいものが、欲しい以上に、「安い」「可愛い」・・・と、誘惑をしかけてきます。

100円均一のグッズ、「これが100円!?」と思うような優れもの多いです。
ファストファッションと言われる服。。。これも安くて、気軽に買っておしゃれを楽しめますよね。
家電もどんどん新製品が出て、少し前のものなら、ぐっとお買い得になっています。
最近は、修理するより買った方が安い!ということも多いです。

でも、そんな風にして集まったモノがどんどん増えていったら・・・
必ずどこかで手放さなければ、
限られたスペースは、すぐにモノで埋め尽くされてしまいます。

「手に入れる」回数と、「手放す」回数をイコールにしておかないと、
モノの一定量はキープできないわけです。

ところが、いざ「手放す」となると、難しいんですね、これが。
「手に入れる」ときより、ずっと・・・
一度手に入れたものは、何であれ愛着がわくので、手放しにくくなります。

さあ、手放そうと思ったときには、
燃えるゴミか、燃えないゴミか、資源ゴミか、はたまた
どこかでリサイクルできるのか、だれかにあげて使ってもらえるのか、
という迷いが出てきます。

ふつうのゴミ分別の範囲なら、あまり迷うこともないのですが、
それでも粗大ゴミの場合は、区に電話して申し込んで、
指定の日にちに出せるのは3週間も先だったり...
しかも有料です。

地域によってゴミの出し方は違うし、それぞれの生活スタイルによって
「手放す」ことも、仕組み化していくことが大切です。

例えば、食品・・・
買う→食べる 買う→食べる で、完結するからカンタンですが、
ただ、ここで大量のストックを持ってしまうと、それが滞ってしまいます。

洋服の場合は、
買う→着る(とことん着る)→リサイクルする  の繰り返しです。
これも、入り口と出口の部分を、同じ頻度にしておくことで、クローゼットの一定量が保てます。

本の場合は、
買う→読む→売る  の繰り返し。
図書館で借りるなら、借りる→読む→返す 
未練もなく、さらにカンタンですね。

面倒をなくす。仕組み化をつくる。

そうすれば、モノを手に入れる瞬間から、
「もしもこれを買ったら、○○のルートになって...」という
全体の流れを意識することができます。

手放すことが容易ではなさそうと判断したり、それほどまでに欲しいか?を
考えたりすれば、安易な買い物はなくなりますね~

f0159480_21403054.jpg


”モノの「おうち」を決められない理由”は、
ライフオーガナイザー注目記事の1位になりました。(しょっちゅう変動していますが^^;)
ありがとうございました。
     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-27 22:01 | Comments(0)

ささやかな梅雨時の楽しみ

あちこちの店頭に出まわっている青梅。
氷砂糖と一緒に漬けこんで、美味しい梅ジュースができました。

f0159480_19554557.jpg

冷たい水やソーダで割って、飲んだり、
料理の隠し味に使ったり…

梅そのものも、ジャムにしたり、お肉料理に使ったり、カレーに入れてみても
いいかも。

まだ漬けていない青梅を、今度はビネガー入りのサワーにしようか、梅酒にしようか・・・
ささやかな梅雨時の楽しみです。

-----
今週末、生活者向けの
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト活動報告会」があります。
フードロス問題や食に関心のある方、ぜひ参加してみませんか!

日時 6月29日(土)14時~17時
場所 東京大学教養学部21KOMCEE(理想の教育棟)
参加費無料

詳しくはこちらを
  ↓
フードロス・チャレンジ・プロジェクト

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-26 23:28 | Comments(0)

モノの「おうち」を決められない理由

先日、“とりあえず「まとめる」”の記事で、全てのモノが帰れる「おうち」を決めよう
ということを書きましたら、その言葉にとても反応してくれた友人がいました。

こういう考え方、言い方は、いろいろな片づけ本や整理収納本に出てくることなので、
聞き慣れると当たり前のようになってしまいますが
確かにこれは片づけの極意と言えるかもしれません。

そうはいっても、全てのモノに「おうち」を、としながらも、
やっぱり住所不定「うろうろ」のモノが出てくるのです。

では、なぜそうなって、そこら辺に長い間置きっぱなしになってしまうのか、
その原因と、ひとつひとつの解決法を考えてみました。

1 おうち(収納場所)は、決まっているが・・・
   ・そこへ戻す時間がない  
      この場合、本当に忙しくて、ただ時間がない!
      「後で」なら、すぐに解決。
      しかし、ひょっとして以下の問題もありかも
         ↓
   ・そこは戻しにくい。
      ・・・ということは、収納方法に問題ありなので、見直す必要が。

   ・そこはもはやぎゅうぎゅうで、入る隙間がない。
      収納全体を見直し、減らすなどして、空間をつくる。

2 新しく入ってきたもののおうちが決まらない。
   引き出物、試供品、DMなど
      これらは、収納するか、捨てるかという判断が必要。
     「いつか」使うかも?「いつか」必要かも?と迷い時間を少なくするための
      判断力を鍛える 
        ↓
      自分の基準を設ける
   

3 使えるものかどうかがわからない
     古いリモコン、古いコード、薬など
        これも迷い時間を少なくするため、早めに判断する。

4 修理したら使えるが、修理していない
     洋服のほころび、家電など、
         なんとなく置き去りになっているものを、いつ直すか決める

5 捨てるのに面倒
     家電や古い洗剤など、捨て方がわからない、または面倒。
         早めに調べて対応する。

1は収納方法
2~5は、価値観、判断力、行動力が関係していますね。

「なぜ、片づかない?」と、嘆いている方、
まずは、部屋の中で、うろうろとしている「おうち」のないモノたちが、
「なぜここにいるんだろう?」と、考えるところから始めてください。

そして、どの理由にあたるのか原因がわかれば、しめたもの。
次の解決に近づくステップの第一歩になります~

わたしも分かりました^^;
あとは、価値観、判断力、行動力を磨くのみです~

f0159480_232548.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-25 23:11 | Comments(0)

名前もレトロ「日乃出旅館」

小田原の日乃出旅館。

f0159480_1818730.jpg

歴史を感じさせる日本旅館ですが、この座敷を利用したイベントがありました。
1、2階ともいろいろと出店していて、早や夏まつりの雰囲気。

ガラス工芸家Marikoさんと、野菜料理家Mihoさんのブースでは、
オーガニックワイン、ポテトのお総菜、ピクルス、寒天と梅の甘露煮、バナナケーキなどがあり、
それからお隣のブースでは天然酵母パン・・・と、
大好きなものばかり、いただいてきました!

f0159480_18182459.jpg

そして、日が落ちればもうひとつのキャンドルナイト。

f0159480_20243683.jpg

夜までいられなかったのが残念~と、後ろ髪を引かれる思いで帰ってきましたが
開け放った窓からの風が、とっても心地よかった1日。

小田原の方とも、たくさんお話させていただき
日乃出旅館のこの空間を大事に使っているんだな~
という思いがひしひしと伝わってきました。

ここ数年、夏至と冬至にキャンドルナイトを行っているそうです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-23 20:36 | Comments(0)

「始まり」のキャンドルナイト

リニューアルオープンした「タウンデザインカフェ」で、
昨日の夜は、キャンドルナイト。

f0159480_1024513.jpg

キャンドルの灯りのもとで、3つのワークショップがあって、
私は「オシャレなコーヒーの淹れ方」に参加しました。

f0159480_1057386.jpg

同じ豆でも、淹れ方、お湯の温度、抽出時間によって、こんなにも味が違うとは!
大好きなコーヒーの香りに包まれ、 
篠田拓郎さんのコーヒーにまつわる話を聴きながら、
ゆったりとした時間が流れました。

f0159480_10572910.jpg

紫陽花、スペシャルケーキ…細やかな演出も素敵で、
そして、たくさんの方とお話させていただきました。

f0159480_10593334.jpg

「夏至と冬至の夜に、でんきを消す」
ただ、それだけを呼びかけてきた「100万人のキャンドルナイト」ですが、
去年書かせていただいた記事
      ↓
10年目のキャンドルナイト「終わり」からの「始まり」

11年目の今年は、改めて「始まり」の感が強いこのカフェで、
とてもリアルで温かなキャンドルナイトに参加できたことが、
わたしにとって、なによりうれしく…

講師やカフェスタッフのみなさま、ご一緒させていただいたみなさま
ほんとうにありがとうございました!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-22 11:06 | Comments(0)

入門講座を受ける「きっかけ」

天気予報を気にしつつ、今日はなんとか雨に降られずの行き帰り。
南新宿の「家庭クラブ会館」で、ライフオーガナイザー入門講座を行いました。

「ライフオーガナイザーって何?」という興味を抱いて、
みなさん入門講座にいらしてくださるのですが、
その前に、そもそもなぜ「ライフオーガナイザー」というキーワードを見つけ、
なぜ講座を受けようと思ったか?という「きっかけ」が、それぞれあるわけです。

毎回思うのですが、それは奇跡に近い偶然ではないかと・・・

友人、知人からライフオーガナイザーについて聞いた。
ブログのつながりで知った。
 (ほかにも、偶然HPを見た、テレビを見た、雑誌を見た)
など、きっかけはさまざまですが、
そこから、さらに

自分自身の生活を見直したい、
快適な暮らしをしたい、
仕事として興味がある  など、

それに反応して、関心を持って、講座に足を運んでくださる
というこのご縁は、ほんとうに有難いことです。

思えば、私自身の今も、ライフオーガナイザー仲間の現在も、
みな「もしも、あのときあれがなかったら・・・」という出発点の
偶然が重なってきたことばかりです。

今日の出会いに感謝しつつ、
みなさまの感想を書かせていただきます。

・とても充実した時間を過ごすことができました。
 ありがとうございます。

・内容は難しくなく、分かりやすかったです。
 今日から活用できそうです。

・ライフオーガナイズという考え方にとても共感して
 “まずは”自分の生活の身近なところから始めてみます。

f0159480_20471788.jpg

受講してくださったみなさま、ありがとうございました!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-19 21:28 | Comments(0)

「花」は身近なところにあります

恒例の実家訪問、
お天気が良ければ、年老いた母の車椅子を押して、近所まで出かけます。

「今日は、な~んにも買うものがない」と母がボヤく日でも、
住宅街を歩けば、
少し前には、どこかのお宅の庭の桜が満開で、
道にまで、散り敷く花びらを堪能し、

その次には、あちこちにツツジが咲きほこり、
シャクナゲも、ちらりと庭先に見え、

先週あたりから、アジサイの紫が濃くなってきたと思ったら、
今週は行く先々で満開となっていました。

f0159480_2125659.jpg

その1軒の軒先に、「ご自由にお持ちください」の札。
なんと、アジサイの切り花が、バケツにこんもりと。
なんて素敵な厚意なんでしょう!
母と2人喜び合って、2輪いただいていくことにしました。

その見知らぬお宅の方にお礼が言いたくて、
私は、小さな紙きれに、
「アジサイ、いただいていきます。
ありがとうございます!」
と書いて、郵便受けに入れてきました。

旅の情報で、全国から届く花便り。
もう遠出はできない母だけど、
身近なところで見つけられる幸せも、たくさんあります。

車いすが多少重くても・・・
季節感をこんなにも味わえるのは、このときが一番かな~と、
そんなわたしが一番喜んでいるのかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-17 21:06 | Comments(4)

出来た!塩麹

冷蔵庫はスッキリですが、上質な調味料だけはしっかり揃えておきたいと思っていたところ、
親戚からタイムリーに届いたのが、これ!
新潟の有機農法米を使った生麹です。

f0159480_20153765.jpg

・・・で、さっそく塩麹を作ってみました。
麹に塩を加え、水を注ぎ、常温で発酵させます。
夏なら5日間ほど置けば、出来あがり。

f0159480_20154765.jpg

いろんな料理に使えますが、お肉(今日は鶏肉)に塩麹をまぶして、しばらく置き、
まずはフライパンで焼くだけでも、柔らかで、旨味たっぷりの逸品に。

f0159480_20174342.jpg

ほかの調味料はなしで、これだけで野菜にもしっかり味がしみて、
緑黄色野菜もしんなりして、後を引くんです~

これまでも市販の塩麹を使っていましたが、生麹から作るのも簡単な上、量はたっぷり。
万能お助け調味料があれば、かなり心強いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-06-16 21:47 | Comments(0)