「カフェで個人レッスン」のご案内

明日から4月ですね!
いつもお世話になっている表参道の「タウンデザインカフェ」にて、
オーガナイズの個人レッスンを始めます。
ーーーーー
カフェで ☆ 個人レッスン 
   「もの」と「心」のわくわく整理法 

「部屋が片づかない」「整理が苦手」「暮らしを変えたい!」などとお悩みの女性へ。
カフェのコーナーでお茶を飲みながら、個人レッスンを受けてみませんか。

「アメリカ発の思考と空間の整理術」をお伝えしているライフオーガナイザーが、
「価値観」や「利き脳」などを確かめながら、
あなたに合った整理法をアドバイスいたします。

ライフオーガナイザーがご自宅に伺うには、少し躊躇してしまうという方にもおすすめ。
迷っていること、もやもやしていることを「変えていく」第一歩を
まずはカフェレッスンで踏み出してみませんか!

f0159480_21223364.jpg
場所 タウンデザインカフェ神宮前
     渋谷区神宮前5-7-18 プラザ青山1F
      TEL 03-6427-1223
       地図はこちら

費用 3,500円(1時間半) (別途ドリンク代実費)

講師 マスターライフオーガナイザー 大野 多恵子

お申し込みフォームに、ご都合のよい日時を第3希望まで
お書きください。
(但し、火曜日~日曜日12:00~18:00の間)
*女性限定とさせていただきます。

お申し込みフォームはこちらから
追って詳しいメールをさしあげます。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-31 10:22 | *カフェ個人レッスン | Comments(0)

炊きたてごはん会

原宿のキャットストリートには、面白い店が並んでいますね。
昨日は、さらにその路地奥にあるキッチン付きのシェアオフィスに行ってきました。

f0159480_21843.jpg

ここで何が行われたかというと、「炊きたてごはん夜会」というもの。
「ごはん生活研究所」が主催している何やら興味津々のイベントがずっと前から気になっていて、
友人のYさんと一緒にようやく参加することができました。

昨夜は、「山形つや姫をみんなで食べる会」ということで、なんと山形からつや姫レディもいらしていました。

f0159480_2164058.jpg

土鍋で炊いた炊きたてごはんは、とにかく美味しい!
日本人としては、やっぱりここに戻るという感じです。

f0159480_217512.jpg

「つや姫」は、平成22年デビューという新しい品種。
ごはんを提供してくださった小池精米店の小池理雄さんが絶賛、おすすめのお米です。
創業80年という小池精米店、今では原宿で唯一のお米屋さんだとか。

来る道々、確かに発見しました!
おしゃれなセレクトショップやカフェが並ぶ界隈に、お米屋さんと八百屋さんの2軒。
ほんとうに貴重だと思います。

こんな空間、こんな雰囲気で食べる「ごはん会」、いいですね!
いつも素敵な企画をし、情報をくださっているのはトータルフードプロデューサーの平井巧さんです。

みなさんにお世話になって、楽しい夜会でした~

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-29 21:39 | Comments(0)

4月開催☆ライフオーガナイズ講座~時間編~のお知らせ

卒業、入学、引っ越しなど、3月、4月はさまざまに暮らしが変化するときですね。
新年度の区切りは、また新たに何かを始めてみるいいチャンスでもあります。

4月開催の「ライフオーガナイズ講座~時間編~」で一緒に学んでみませんか。

普段の時間の使い方を振り返り、将来を見据えて、
自分にとって今本当に大切なことは何か?
ということを考えていきます。
ーーーーー
日時 2013年4月25日(木)9:30~12:00

場所 「家庭クラブ会館」2階 第5会議室
     JR新宿駅南口から徒歩8分
    都営地下鉄新宿線、大江戸線新宿駅から徒歩4分

定員  7名

受講料 3,500円 (JALO会員2,500円)

講師  マスターライフオーガナイザー 大野 多恵子(おおのたえこ)

●お申し込み こちらのフォームからお願いします。
      追って、メールで詳細をご連絡いたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-26 22:27 | *時間編講座 | Comments(0)

大切な「ひとり時間」

多用な日が続くときこそ、「ひとり時間」を取ることがとても大切です。
せわしなく仕事をこなしたり、会合が続いたり、家族とずっと一緒だったりすることから少し離れてみて
ひとり時間を取れば、いろいろなことがリセットできます。

f0159480_1052629.jpg

本を読んだり、ここ数日やってきたこと、今年になってやってきたことなどを振り返ったり、
これからのプランを見直したり、その時間を持つことで、
改めて次のざわざわの中に入っていける感じです。

私にとっては、そこへ行けばリフレッシュできて、充電できるという
お気に入りのカフェがいくつかあります。
フルタイムの仕事をしている人も、子育て中のお母さんも、
なかなかそんな時間が取れないと思うかもしれませんが、
カフェでなくても、家の中、公園などで、
ほんの少しでも「ひとり時間」を意識してとっていくことをおすすめします。

f0159480_10523519.jpg

池田千恵さんの著書『「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)から
  ・自己客観化の重要性
  ・心の「着火点」の見つけ方
一見矛盾しているようなこの2つ・・・
心の中に熱いものを持ちながら、頭は冷静になって物事を進めていくバランスが重要
その心の声を引き出すのが「ひとり時間」なのです。

池田千恵さんは、『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』を書いた方でもあります。
早朝にも「ひとり時間」の確保、いいですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-23 11:07 | Comments(0)

買い物メモには「うちにある食材」も書く

みなさんは、食料品の買い物に行くときに、買い物メモを持っていきますか?
私は、必ず持っていきます。
持っていかないと、悲しいことに覚えられないんですね、これが。

いや、覚えているつもりでも、デパートやスーパーの絢爛豪華な商品にあれもこれも目移りがしてしまうと、
本来買おうと思っていたものを忘れそうになるからです。
だから、今日は絶対これを買わなければというものは、必ずメモをします。

それから、もうひとつぜひおすすめしたいのが、同じメモの下段には「うちにある食材」も書くのです。
主に「冷蔵庫にあって、早めに使いたいもの」です。

その日の献立は、売り場を見ながら決めるという人も多いと思うのですが、
私はだいたい決めておく日もあれば、売り場を見てからという日もあり、
そのあたりははっきりしてないのです。

でも、「冷蔵庫にあるものメモ」を持っていれば、それにプラスできるメニューを考えながら買い物ができます。
これも書かないでいると、やっぱり絢爛豪華に押されて
「う~ん、うちには何があったかな?」なんて思考が止まったり、
「ないかも」と思って買うと、二重になったりもします。

例えば
  買うもの  牛乳、パン、バナナ、味噌

  あるもの  レタス、ジャガイモ、玉ねぎ、いんげん
         豆腐、チーズ、卵、夕べの残りの煮物
なんていう具合です。

こういった買い物の仕方で、最近は食材を余らせずとことん使い切るということに、
ますます意識が向くようになりました。
ストックと、その日買うものとのバランスをとって、うまく循環させていくことが、
冷蔵庫整理のキープにも大いにつながるのです。

f0159480_201433100.jpg

ーーーーー
☆カフェセミナー 「もったいない」シリーズのお知らせ
  ライフオーガナイザーが伝える
     「暮らし楽々!冷蔵庫の整理法」
一度の整理で、料理も買い物も楽になって心もスッキリ!
ライフオーガナイザーならではのコツをお伝えします。

日時:2013年3月29日(金)13:00~15:00
場所:タウンデザインカフェ神宮前
    詳しくはこちらをご覧ください

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-21 20:25 | Comments(0)

百花繚乱

ぐんぐん気温が上がった昨日は、こんな素敵な場所へ行ってきました。
青空をバックに花が咲き乱れる一軒家。

f0159480_9171288.jpg

新宿御苑の近くに佇む一軒家「ラ・ケヤキ」の庭には、白木蓮の花が大きく開いていて、
散り始めた梅、咲き始めた桜の色もあざやかで、いろんな春がいっぺんにやってきたよう。
中央には、どーんと大きな欅の木がそびえ立ち、後ろには御苑の緑が続いているのです。

ちょっと道を迷い、都会の中で突然現れたこの景色に、しばし見とれました。

ここでの集まりは、フードロス・チャレンジ・プロジェクトのワークショップで、
またまた場所を変えての新鮮な気分でした。

集まった人たちは20人ぐらいで、先日のスタディツアーを振り返って気づいたことを共有しました。
この濃い時間、たくさんのインプットに、まだまだ私自身の頭の整理が必要ですが、
とにもかくにも百花繚乱~の1日でした。

―――――
☆カフェセミナー 「もったいない」シリーズのお知らせ
  ライフオーガナイザーが伝える
     「暮らし楽々!冷蔵庫の整理法」
まずは、あなたの家のフードロスが減ったら、料理も買い物も楽になって
心もスッキリ!
ライフオーガナイザーならではのコツをお伝えします。

日時:2013年3月29日(金)13:00~15:00
場所: タウンデザインカフェ神宮前
詳しくはこちらをご覧ください

こちらも百花繚乱です(^0^)
    ↓   
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-20 10:23 | Comments(0)

「共創」の時代です

三島で水辺再生や環境改善活動を続けてきたグラウンドワーク三島が、20周年を迎えました。
昨日と一昨日、その記念イベントが行われたようですが、私は残念ながら参加できず。

f0159480_2364538.jpg

でも、ほとんど発足当時から、私もたくさんの仲間とともに、富士山の湧水流れる川掃除をしたり、
イベントの準備をしたり、冊子の編集をしたり、
なんだかいつも学園祭のノリで集まっていたような雰囲気を懐かしく思い出します。

三島には熱い人が多かったな~と思うのですが、グラウンドワーク三島では
当時から「市民、行政、企業が一緒になって」という手法を取り入れていました。
今になって思うと、やはり先進的でした。

このごろ「共創」という言葉をよく聞きますが、
グラウンドワーク三島のやっていたことが、まさしくこの「共創」でした。

最近書いていたJFSの2つの記事が、どちらも「共創」にかかわるようなテーマでした。
ひとつの分野だけで物事を解決するのではなくて、いろいろなジャンルの人が一緒になってつながって、
新しい考え方が生まれていくというもの。

今、かかわっているフードロス・チャレンジ・プロジェクトも、まさにそうです。
企業、NPO、行政 生活者などが一緒になってフードロスについて考えていこうというものです。
先日のツアーでも、食品関係の企業の方や、NPOの方、広告代理店の方などと、たくさんお話させていただきました。

なんだか、現在、私の中の主婦とかライフオーガナイザーとか、
過去にいろんな人とかかわってやってきた街づくりとか国際交流とかが、ひしめき合って、
自分の中での「共創」が起こっている感じです。
少し整理しなくては・・・(^^)

(写真は、三島の大好きな「ディレッタントカフェ」から見える源兵衛川です~)

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-18 23:29 | Comments(0)

服装が決まれば、心が決まる

暖かくなったり、また寒くなったり、今ごろの季節は着るものに迷いますね~
でも、出かけるときのTPOに応じて、服装はあらかじめ決めておきたいもの。

f0159480_21515470.jpg

当日になって決めると、バタバタとして心の余裕がなくなります。

特に「ここ一番!」という大事なイベントのときには、入念に準備しておきたいものです。
服装が決まれば、その日の自分のイメージが決まって、その場にいる姿を当然のように想像することができるからです。
前からいつもそれは感じていたことで、決めることによって気持ちがぐんと上がります。
「服装が決まれば、心が決まる」のです。

その日の気温の変化にも対応できるよう、柔軟に幅を持たせて準備できれば、なお安心です。

でも、私の場合最近は手持ちの服が少ないので、あまり迷うことなく組み合わせができてしまいますけどね(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-17 22:02 | Comments(0)

食べ残しの「もったいない」を考える

昨日のつづきですが、フードロス・チャレンジ・プロジェクトのスタディツアーでは、
こちらにも行きました。

立食パーティーなどで食べきれなかった料理を、持ち帰りできる新横浜国際ホテル。
料理にもよりますが、ホテルでは珍しいドギーバッグサービスです。

f0159480_2038288.jpg

だいたい宴会とかパーティーでは、どうしても料理が残りがちで「もったいない」と思うことが多いですよね。
なぜ残ってしまうのか、その理由を考えると
・おめでたい席や接待であれば、料理が足りなかったら失礼と考えるので、多めに用意する。
・話に夢中だと、つい食べる方がおろそかになってしまう。
・大皿料理の場合、遠慮するなど、少しずつ残りやすい。

などなどの理由が考えられるので、事前にきちんと対策できればいいのですが、それでも残ってしまった場合、
こんなケースに詰めてくれたら、本当にありがたいです。

f0159480_20383810.jpg

でも、パーティーも個人的な外食でも、このようなサービスを積極的にうたっていなくても、
「持ち帰りできますか?」と聞いてみる、こちらからの働きかけも大切です。
ものにもよりますが、包んでくれるお店は結構多いものです。
―――――
☆カフェセミナー 「もったいない」シリーズのお知らせ
   ライフオーガナイザーが伝える
      「暮らし楽々!冷蔵庫の整理法」

家庭の食品管理、まずはここから。
一度のオーガナイズで、その後の料理、買い物、暮らし方が
楽~になります。

日時:2013年3月29日(金)13:00~15:00
場所:TOWN DESIGN CAFÉ (タウンデザインカフェ神宮前)

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-16 23:10 | Comments(0)

食品ロスを考えるスタディツアー

「食べられるものを捨てることについて考える、行動する」というビジョンを掲げる
フードロス・チャレンジ・プロジェクト。

かねてからとっても気になっていたテーマだけに、私は今年1月にこのキックオフミーティングに参加して、
それがきっかけでプロジェクトの仲間としてお声をかけていただきました。

生活者、企業、行政、NPO、学識者が一緒になってこのテーマに取り組んでいこうというもので、
私はライフオーガナイザー&生活者という立場です。

3月はそのためのワークショップとスタディツアーが続いています。
今週はスーパーマーケットの見学や、かまぼこ工場の見学などで、たくさん学んできました。

売り場や製造過程で、いかに食品ロスを減らすかという話には、興味津々。
かつて情報紙の編集をしていたころに、いろいろな店や畑や漁港などをまわって取材していたことを思い出しました。

小田原のかまぼこで有名な「鈴廣」周辺では、早咲きの桜が満開!

f0159480_2316228.jpg

ランチの場所はここ。

f0159480_23163077.jpg

自然の循環を大切にしている「鈴廣」直営のレストランで、
かまぼこを作る際、魚から身をとった後に残る皮や骨や内臓から肥料を作って、それを地元の農家で使うのだとか。
それでできた野菜たっぷりのランチがこちらです。

f0159480_23163986.jpg

バイキング形式なので、もちろん食べられるだけの量を取って
この循環に感謝の気持ちを込めて「いただきます」。

さまざまなジャンルの人たちと話ができたのも、このような機会があったからこそ。
いろんなことがつながって、さらにライフオーガナイズにもつながっていくので、
この学びについては、少しずつ思考の整理をしながら発信していくつもりです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-03-15 23:48 | Comments(0)