防災用品の考え方

このカゴ、あちこちに置いてみて、邪魔だったり、使い勝手が悪かったりしたので、一時は手放そうと思っていました。
ところが、玄関のこの位置で復活しました~
f0159480_19592172.jpg

中に何が入っているかというと、ランタン、懐中電灯、キャンドルなど、防災用品です。
投げ込み方式で、臨時にちょい置きしたいものも入れたりします。

去年、オーガナイズを進めていたときに、防災用品については、改めて「しまう」という考え方を止めました。

ほかにリュックとカバンにもそれらしきものを詰めていますが、それは特別なものだと思うと、場所ふさぎになるので、その中が日常使うものの置き場所だと考えることにしました。

無印良品でも、防災用品について「いつものもしも」という考え方を提案していますね。

前は、非常用持ち出し品は、特別なものとして詰めていたから、そのまま放置。
それも見直さないでいると、いくら長持ちするというカンパンでも水でも、さすがに古くなり、リュック全体が埃っぽくもなります。

今は、カンパンではなく、日常食べるものでちょっと日持ちのするものを入れています。
軍手の置き場所も、この中が定位置としました。

でも、まだそれに慣れないころ、軍手を使おうと思って、ないないとずっと探しまわり、ようやく非常持ち出し用のリュックに入れたのを思い出しました(^^;
これも慣れと仕組み化ですね。

今日は、その中の飲み物、食べものを点検しましたが、どれも微妙な賞味期限なので、さっそく飲んだり食べたりすることにします。
f0159480_19594641.jpg

忘れてはいけない「いつものもしも」ですね!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-30 20:02 | Comments(2)

本日の入門講座@南新宿

今日も、まだまだ日差しの強い1日でした。

新宿の文化学園がある敷地・・・
今日は、その建物の一角にある「家庭クラブ会館」にて、ライフオーガナイザー入門講座を行いました。
f0159480_20245426.jpg

暮らしの変化で、どうしたら・・・
モノの整理をいろいろ試したけれど、もっといい方法は・・・
などなど、みなさんいろいろなきっかけで、この入門講座にいらしていただきました。
f0159480_2025870.jpg

「モノの整理の前に、まずは思考の整理」
これが、ライフオーガナイズの大きな特徴なので、従来の整理法とは違うことに期待を寄せてくださった方が多いと思います。

より心地よい暮らしに向けてのライフオーガナイズの手法が、今日の講座で少しでも伝わったなら、うれしく思います。

ワークを通して、それぞれの方の価値観や暮らしぶりをシェアし、私もまた本当に多くのことをインプットさせていただきました。

●本日参加された方のご感想より

・ライフオーガナイザーについて、よく分かりました。
なかなかモノの整理は難しいですが、少しずつでもスッキリさせて、頭の中、思考もすっきりさせていければ  と思います。

・自分の思考の傾向がわかってよかった。

・他の受講生の方の考え方も聞けたり、面白かったです

・思い込みを外すことを改めて考えてみたいと思います。

・利き脳の話をもう少し聞きたかった。

・楽しかった。

・ライフオーガナイザーとは何かを知ることができました。
整理、収納には自分の生き方、価値観があり、人それぞれ違うため、その人に合ったやり方で行うのが一 番重要なことと知りました。

ーーー
講座の後は、みなさんと一緒に沖縄料理店でランチを!
ここで、話にもうひと花咲きました~
f0159480_2025496.jpg

本日、オブザーバーとして参加されたゆうこりんも、ブログ「私サイズ」の暮らし方に入門講座の様子をアップしてくださいました。

受講生のみなさま、ゆうこりん、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-28 20:38 | Comments(0)

「いつか」と、蓋をしてしまわない

ライフオーガナイザーになってから、じわじわと何かが変わりつつあるというのを日々感じています。

それは、急速な変化というわけではなかったのですが、整理が大の苦手だった過去の私のやり方を思い出してみると、変化が実感できるのです。

「俯瞰」と「仕組み化」・・・実は、これがとても大切なキーワードなのですが、
まずはモノの整理法として、恥ずかしながら過去の一例・・・

押し入れの奥に積んであった引き出物などの贈答品を、時々整理していたのですが、
ひとつずつ箱を開けて、タオルやシーツが入っていると、
「今はまだ使わないけど、いつか使うかも」
と、箱に戻していました。

別の箱も開けて、
「あまり好きじゃないけど、ちょっと取っておこう」
「いつかバザーに出そう」
と、目的をはっきりさせずに、これまた箱に戻して、いくつもいくつもその状態で積み重ねておいたのです。

それから半年とか1年ぐらいたって、また整理しましょうというときには、箱には何が入っていたかすっかり忘れているので、また開けて、また「いつか」と元に戻して、同じことをやっていたわけです~~;;

今思うと、なんでこんなこと繰り返してたのかな~と、思います。

ほかのモノに関しても、ほぼ同じ。
クローゼットも引き出しも、ざっと見て、引き抜いたりするぐらいの整理で、何も大きな変化がなかったのです。

その時は、全部出してみて俯瞰する、ということを知らなかったからです。

俯瞰して目的を決めて「分ける」という作業が、オーガナイズの第一歩です。

今なら、贈答品の箱は全部開けてみて、使うものはすぐに使う、使わないものはバサーなどの行き先を決めるという、目的をはっきりさせます。
・・・というより、それが手元に来た時点で決めます。

箱に蓋をしてしまったら、当然中は見えません。
その時には覚えているつもりでも、すぐに忘れます。
忘れたら、また箱を開けなければいけません。

「いつか」と、蓋をしてしまわないで、「今」決める!

「もやもや」に、蓋をしない!っていうことで、クリアになっていくんですね、何ごとも。

こちらに、ライフオーガナイズ情報満載です。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-27 22:01 | Comments(0)

服を「手放す」って?

クローゼットのオーガナイズ作業をするときのコツとして、
服を全部床などに出してみて、「好き」とか、「よく着る」などのキーワードを設定して、まずは「分ける」という作業をします。

その中の「もう着ない、手放す」というもの以外は、クローゼットに戻していきます。

では、「手放す」に関しては、どうでしょうか?
燃えるゴミの日に出す?だれかにあげる?リサイクル?・・・と、
迷ったまま、行き先が決められず、そのまま紙袋に入れたまま放置ということはありませんか?

この行き先、なぜ決められないのでしょうか?
もったいない・・・かも、
面倒・・・だし、
もやもや・・・ということになっていませんか?

カフェセミナー「心が変わる!服の手放し方」では、
そこのところを詳しくお伝えし、
みなさんのクローゼットスッキリ、心スッキリの後押しをいたします!

タウンデザインカフェの8月ニュースでも、告知されました。
f0159480_1313271.jpg

表参道の素敵なカフェでの開催です!

  ☆「心が変わる!服の手放し方」☆       
           ~おしゃれエコライフを目指して~

日時:9月11日(火) 13:00~14:30

場所:TOWN DESIGN CAFE(タウンデザインカフェ神宮前)
    渋谷区神宮前5-7-18 プラザ青山1F
      TEL 03-6427-1223
       地図はこちら

内容:・ライフオーガナイズとは?
    ・服を「手放す」とは?
    ・ワーク 自分基準の服循環を作ろう

参加費:1,500円(ドリンク、お菓子付き)

お申し込み:こちらのフォームからお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-25 13:18 | Comments(0)

これまでの10年、これからの10年

昨日は、ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)のボランティアミーティングで、青山の環境パートナーシッププラザ(GEOC)へ。
f0159480_19262253.jpg

この10年間、コツコツと日本の環境情報を世界へ送り続けてきたJFS。

いつもキラ星のごとく、社会の先頭を切って輝いている代表の枝廣淳子さんは、ますます輝きを増しています!
枝廣さんの説明で、この10年の環境に関する動きをJFSの活動とともに振り返りながら、みんなで意見交換をしました。

私が、JFSの仲間に縁あって入れていただいたのは、4年ぐらい前。
それ以前の流れがあって、そして細々とでもかかわってこられたことは、自分にとっての変化とともに感慨深いものがありました。

「今」という小さな動きは見えにくくても、10年という束になるとやはり大きな歩みでした。

ライフオーガナイザーになってから、10年先のビジョンをよく考えるようになりましたが、これまでの10年を振り返ってみると、改めてこれからの時間がいかに貴重かを感じます。

世界とのかかわり、社会とのかかわり、JFSとのかかわり・・・
少しずつでも、今ここにいられることが、よかった~、と思えるのです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-23 19:36 | Comments(0)

収納しやすいもの、しにくいもの

先日、「きれい」をキープしやすい場所、しにくい場所という話を書きましたが、
これを場所ではなくモノ別に考えてみると・・・

材質によって、収納やキープがしやすい、しにくい、ということに気づきました。
その材質とは
「カチッとしたもの」か、「ペラっとしたもの」かの違いです!

キッチンのキープがしやすいとしたのは、鍋や皿など、硬質のカチっとしたものが多いからです。
収納場所さえ決まっていれば、ほぼ崩れることなく元へ戻せます。

それに比べて、ペラっとしているものとは、衣類と紙ものです。
収納パターンを決めても、途中で乱れやすいので、時々整頓が必要です。

服は吊るすかたたむというどちらかの方法で、ペラっとしたものを、いかにシャキっと収納して取り出しやすくするかがポイントです。

そして、ペラっとした最たるものが各種の紙もので、資料、チラシ、ダイレクトメール、子どものプリント、領収書・・・など、ほぼ毎日のように入ってきます。

これは、クリアファイルに入れて、シャキっとさせて、さらにボックスケースなどに立てると、カチっとしますね。
f0159480_20253465.jpg

あとは分類の問題ですが、やはり難易度としては高そうです。

そうそう、「カチッと」と「ペラっと」が混在しているものがあります。
バッグです。

しっかりした皮のバッグがあるかと思えば、うすーい布やナイロンのバッグもあり、バッグの収納はまだまだ悩みます~

収納方法に、「これ!」という正解があるわけではありませんが、ライフスタイルに合った方法を見つけ出していくのが、これまたライフオーガナイズの楽しさです♪

***
8月28日(火)開催の「ライフオーガナイザー入門講座」は、
満席になりました。

お申し込みいただきました皆さま、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-20 22:24 | Comments(0)

パンの消費期限

先日の新聞に出ていましたが、日本の家計調査の結果、パンの出費が、ついに米を上まわったそうです。
f0159480_22343871.jpg

パンは手軽に食べられるから、今や若い人だけでなく、高齢者にとっても便利で貴重な主食ですよね。

でも、高齢者宅に行くと、パンを買い置きして、消費期限がはるかに過ぎていた、カビがはえていたなんていうことが、結構あるんです。

あまり買い物に出られない高齢の方にとっては、ついつい多めに買ってしまうのでしょう。

ここで気を付けたいのは、消費期限と賞味期限の違いです。
「しょうひきげん」
「しょうみきげん」
と、発音がとても似ているので、勘違いしてしまいがちですが、漢字をよーく見ると、意味が全然違います。

「消費」は、消えて費やす、つまり、その日までに食べましょうという生鮮食料品などで、期間が短いものです。

「賞味」は、味わうわけですから、その日付を目安に、味わいが多少落ちるけれど、すぐに傷むわけではないということ。
缶詰とかレトルト食品など、比較的長く保存できるものが、こちらです。

パンの表示は消費期限なので、2~3日で食べきった方がいいのです。
(ものによっては、その日のうち)

そういう私も、以前はパンをたまに捨てていたことを猛省しています。
その理由は、焼き立てパンのおいしさに惑わされ、前に買っておいたパンよりも優先的に食べてしまう。
前に買ったのは、そのうちに食べようと思いながらも、日がたって結局廃棄・・・

そういうわけで、今のところこまめに買い物に出られるうちは、食パンの6枚切りすら1斤で買わずに、半斤(3枚入り)にしています。

食品の廃棄問題が先日から気になり、それはオーガナイズで大いに解決できる部分があるのでは!と思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-19 22:46 | Comments(2)

夏5の夕涼み

暑さも少し陰り始めた、夕暮れどきのディズニーシー。

夜限定の「夏5」というプランを使って、夕方5時から入場しました。
f0159480_2181652.jpg

夜だけでも、いろいろな楽しみ方ができます。

暮れなずむ景色を眺めながら、ゆっくり過ごすもよし、
ショーを観るのもよし、
ディナーに、スパークリングワイン・・・
f0159480_2184219.jpg

そして、圧巻の締めくくりが、水上ショー・ファンタズミック!
f0159480_2191277.jpg

遅い時間になっても、人の波は途絶えることなく、、、

でも、夏ピークのお祭り気分って
人が多いから楽しい、
活気があるから楽しい、
みんなが楽しんでいるから、また楽しい・・んですよね。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-17 22:04 | Comments(2)

待ち時間の過ごし方

本と手帳さえあれば、待っている時間も、ただただ楽しい~
f0159480_1045520.jpg

先日、三島へ行くために品川から新幹線に乗ろうと思ったら、改札口に人があふれんばかりにかたまっていて、身動きもとれない状態になっていました。

静岡―浜松間で大雨のため、新幹線が上下線とも運転見合わせとか。
帰省時期もピークで、大きな荷物を持った人たちは、本当に大変そう。

私は荷物も軽く、軽装でしたが、ハテ、どうしたものか?

しばらく待つにしても座る場所もなかったので、思いついて品川エキュートのカフェへ。
「まあ、いつかは動くでしょう」と思い、コーヒーとサンドイッチを注文しました。

こんなとき、本を読んだり、手帳を眺めて思いついたことを書いたりしながら、妄想にふけったりしていると、「待っている」ことはほとんど忘れてしまいます。

ほかのときでもそうです。

長蛇の列で待つ、病院の待合室で待つ。。。

そのときに、じーーっと順番を確かめたり、番号掲示板を睨んでいたりしたら、イライラするばかりです。
「待つ」というよりは、自分の時間ができて「ラッキー!」と思えばいいのです。

炎天下でのバス待ち、スーパーのレジ待ち、、、
本や手帳が広げられなくても、少しの間でも、自分の頭の中だけの楽しい妄想タイムだっていいのです。
(にやっとするのには、要注意^^)

ところで、品川のカフェであまりにリラックスしてしまって、「新幹線そろそろ動いてるかな~」と、改札へ行ってみたら、とっくに動いてました^^;

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-16 11:15 | Comments(0)

「きれい」をキープしやすい場所、しにくい場所

家の中を一度オーガナイズして、暮らしの土台をつくってしまえば、後はとても楽になります。
それがライフオーガナイズの基本なのですが、さらにその状態の維持(キープ)もできなくてはなりません。

私が自宅オーガナイズ後に実感したことですが、キープが断然しやすくなった場所が、キッチンとリビングで、それに比べて、キープが難しいと感じるのが、パソコンデスク周りの本棚や書類です。
(もちろん、この基準は人によって違います)

キッチンとリビングは、毎日一番多く過ごす場所で、一番モノの出し入れも多くて、自分でも意外に思うのですが、基本となる大きなモノの戻し場所が決めやすいからです。

冷蔵庫の中や、食品に関しては、日々変化していくので、先日も書いたように要注意ですが、鍋や食器に関しては、ほとんど出入りがありません。
新しいものを買う頻度が少ないから、収納場所さえバッチリ固定してしまえば、あまり変化がないからです。

それに比べて、書類、いわゆる紙もののキープは、私にとってはしばらく難解でした。
パソコンデスクが置いてある部屋の状態も、それを難しくしていたんです~
でも、これもコツさえつかめば・・・!(この話は、改めて)

間取りや生活スタイルによって、人それぞれ違うのですが、土台作りとキープについて、つねに意識していくことが「ライフオーガナイズ」です。

「ライフオーガナイザー入門講座」では、
暮らしの仕組み化についてもお話させていただきます。

*****
★8月の「ライフオーガナイザー入門講座」
f0159480_22125354.jpg
●日時 2012年8月28日(火)9:30~12:00

●場所 「家庭クラブ会館」2階 第5会議室
    
●定員  8名 残席2

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2012-08-15 22:44 | Comments(0)