グラス探し

シンプルな水飲みグラスがいいな、と思う。
でも、きちんとそろったのがなくて、機会があれば店をあちこち見てまわっていた。
とりあえず、以前から使っていた水飲みグラスはこの定番。
f0159480_165752.jpg

それから、6月にシブヤ大学の「ワインとグラスのマリアージュ」に参加したときに各自がひとつずつ持ち帰ったのが、このグラス。
f0159480_16123390.jpg

ワイングラスは足つきでなければと思っていたが、リーデル社ではワインの品種別おすすめグラスが、かなりの種類ある。

後々、このグラスがかなりの優れものだということが、使ってみてよくわかった。
お茶もお水も、ビールも、もちろんワインも、この薄手のこの形が、味も香りもとても引き立ててくれる。
引き立てるというより、飲み物がグーンとグレードアップして、すっかり気に入って毎日使っている。

ワインとグラスのマリアージュは楽しくて、奥深く、いつかリーデル社に行って、ゆっくりグラス選びをしたいなあと思う。

整理収納アドバイザーyoshiさんの「モノカウントプロジェクト」の7月テーマは「グラス」。
カウントに参加してみたいけれど、引越しの影響で、我が家はまだちょっと定まらない状態で、なんとかしなければ~

by ecott | 2010-07-28 17:13 | Comments(4)

旧原宿中学

廃校となってしまった原宿中学は、
現在「ケアコミュニティ原宿の丘」として使われているそうだ。
f0159480_22393228.jpg

表参道や青山通りも近いが、少し路地を入っただけで、ひっそりとした住宅街になる。

その一角に建つ校舎を見つけたとき、ひっそりとして、凛としていて、なんて美しいんだろうと思った。
すぐ近くの道は、いつも通っていたのに、このような建物があるなんて今日まで知らなかった。

平成9年に廃校になって、区のコミュニティ施設になったということだが、もともとの学校の外観を極力残しているとのこと。

だからなのか、だれもいない中学校という、映画のワンシーンに出てきそうなこの空気。
f0159480_2240836.jpg

見上げた先に、緑が気になる屋上が見えて、後で知ったのは、やっぱりビオトープを設置しているのだとか。

もひとつ見上げたその先には、夏の雲が広がっていた。
本格的に梅雨明けだ!

* * *

ここへ行った目的は、「シブヤ大学」の授業日ということで、その話は改めて。

by ecott | 2010-07-17 22:46 | Comments(3)

いろいろ野菜

南新宿の「アフタヌーンティー」にて
f0159480_10332331.jpg

「アフタヌーンティー」と言えば、紅茶やスコーン、パスタなどが定番だが、ランチメニューでこんな一皿が新鮮だった。
最近加わったメニューなのかも。

チキンのソテーに、野菜がたっぷり。バルサミコソースの味がしっかりとしていてボリュームのある温サラダという感じ。
トマト、ピーマン、かぼちゃ、れんこんなどなど、野菜の種類はかなり多くて、この数えきれないほどの色がうれしい。

25年以上前に「アフタヌーンティー」が渋谷に出来たばかりのころ、メニューも食器も、そのさり気ないセンスがなんておしゃれなんだろうっていつもため息ものだった。
なんて女心をわかっているのかしら、と。

今はあちこちに店ができたが、新メニューで、またまた女心がくすぐられる。いろいろ野菜のこの色あいで栄養バランスもバッチリね、と。

サザンテラスにあるこの店、明るくてスペースたっぷりで、特に好きな場所だ。

by ecott | 2010-07-14 10:47 | Comments(2)

ロハス検定

6月に受けた「ロハス検定」の結果が届き、
2級と3級に合格した!
f0159480_11433753.jpg

アメリカ発祥のロハス(Lifestyles Of Health And Sustainability)は、かんたんに言うと「自分も心地よく、地球のためにもよい」ライフスタイル。
そんな社会との結びつきを目指す人のための「ロハス検定」は、雑誌「ソトコト」と日本野菜ソムリエ協会の主催で、今回は第1回目なのだ。

私は、「隣人祭り」について調べていたことから、この情報を偶然知った。
第1回検定は6月、第2回は9月とあって、それを知った時点では5月だったから、6月ではあまりに日がないかな~と思いながらも、記念すべき第1回のチャンスは、これしかない!と思った瞬間に、即決した。

この1、2回は、3級と2級だけだが、その先には1級とS級があるとのこと。
過去問題も、サンプルテキストも一切ないので、難易度が全くわからないから、まずは3級の申し込みをした。
申し込みをすることで、初めてテキストが届く。
届いてみると、それほど厚くもなく、わかりやすい内容だったので、これなら2級もいけるかも!と思い、急いで2級も追加受験することにした。同日に両方の受験が可能だったから。

しかし、その時点で受験日まで2週間ほど。
だいたいの概要はわかっても、テキストの読み込み、固有名詞や数字などの暗記をしていたら、いくら時間があっても足りない。
試験を受けるというのは、学生時代以来だから、いやはやゆうに30年以上はたっている。

じっくり勉強することを習慣にしていないから、こうなると、得意のすき間時間の活用だ。電車の中、家事をしながら、道を歩きながら・・・
でも、テーマは、オーガニック、リサイクル、森林、食育、もったいない、などなど、興味のあることばかり。
勉強がこんなに楽しいなんて、学生のころには全然思わなかったことだ。

試験当日、日常にはない異質のピーンとした緊張感が全身を覆っていたような感じだった。
でも、それはいやな感覚でなく、むしろ心地よい緊張感。
自分の中で、「落ちたら、また受ければいいや」という気楽な思いと、「絶対合格!」の前向き気分のバランスを、うまく取ることができたから。

午前は3級。問題数は意外と多い。緊張の糸が張り詰めたまま、お昼休みになるが、これで問題傾向がわかったので、午後の2級も大丈夫!と確信した。

伊豆で取材して知ったさまざまなこと、現在、環境NGOで書いている環境ニュースに加え、自分自身のライフスタイル。バラバラだった知識が、勉強することでクリアになり、ひとつにつながり、頭の中の整理ができた気がする。

勉強は嫌いだったが、さ~て1級、S級に挑戦しようかどうしようか。。。

by ecott | 2010-07-09 11:54 | Comments(12)

梅雨の晴れ間 ~たそがれ時~

ポツン、ポツンと灯りがつき始めるころ
f0159480_22154028.jpg

ビルの灯りが、少なめの日もある。
f0159480_2216234.jpg

今夜は、キャンドルナイトを呼びかけている最終日。
夏至から七夕まで。

洞爺湖サミットが行われた2008年から、七夕までの呼びかけが、なんとなく定着して、企業も積極的に消灯を始めた。

7月7日、雲の向こうの星空とキャンドルナイト、そう、覚えやすくていいよね。

by ecott | 2010-07-07 22:36 | Comments(0)

全粒粉のクッキー

カフェ「ツチオーネ」で作ったクッキーは、素朴でサクサク
f0159480_21575430.jpg

「大地を守る会」が主催するイベント「カフェde スイーツレッスン」に参加した。

お菓子やパン作りに、とても凝った時期があったけれど、最近はずっと機会が減って、今回はほんとうに久しぶり。
全粒粉を使うということと、会場がカフェ「ツチオーネ」ということに、ぐっと心が動いた。

自由が丘の「ツチオーネ」は、有機野菜をふんだんに使ったランチも美味しいし、デザートにも定評がある。

先生は、パティシエの猪股知子さん。
小麦を挽く電動石臼のミルを使って、小麦をガガーッと素早く粉にするのを初めて見た。
f0159480_2274689.jpg

コーヒーも小麦も挽き立てが新鮮で、香りも良くなるという点では同じということ。挽き立て小麦でお菓子を作るなんて、めったにないチャンスだ。

全粒粉は、小麦の胚芽や皮の部分も使っているから、食物繊維や鉄分が多くて、普通の小麦粉より栄養価が高い。

こねて、丸めて、一度冷凍してから切って、オーブンで焼く。
焼きたてもいいけれど、冷めてからの方がサクサク感が出る。

家に持ち帰って、毎日少しずつの楽しいおやつタイムになった。

by ecott | 2010-07-03 22:09 | Comments(4)

梅雨の晴れ間

新宿方面
f0159480_1846258.jpg

梅雨だから、青空が、なおうれしい。
f0159480_18461547.jpg

雨の恵みはありがたいけれど、長雨だったら、
やっぱりお日様が恋しい。

その晴れ間が、余計輝いて見える。
いいバランス~

by ecott | 2010-07-01 18:57 | Comments(6)