スッキリ!

ひとつずつ掃除を終えて、今年も残すところわずか
f0159480_21245443.jpg

ほんとうは、とてもとても苦手な掃除。

でも、何が苦手だったのか、今までずっともやもやとしていたことが、最近少しずつわかってきた。

それは、「やらなくっちゃ」という気持ちを持っている過程。
部屋のあの辺りがなんとなく気になる、あの引き出しの中、どうなってたっけ?
その「わからない」部分がいやなのだ。

なんとも暗く、重苦しい部分を、思い切って「エイっ」と掃除すれば、「スッキリ!」
なんだ、こんなに単純明快なことだったのね、と。

それは、まるで心のもやもやを隠していたかのように、見たくない、触れたくない部分。
そこを、捨てる、整理する、空間が広がることで、心には大きな開放感が生まれる。

たくさん出ている「掃除と心」の関係の本、そして、「整理収納アドバイザー」の友人、知人からの盛りだくさんな情報に、今年はただただ感謝。
来年は、ますますスッキリ、クリアな年になることを願って・・・

by ecott | 2009-12-30 21:53 | Comments(0)

冬至キャンドルナイト

サザエキャンドルで
f0159480_1721591.jpg

サザエの殻に使用済みの天ぷら油を流したエコキャンドル。
冬至キャンドルナイトも、これがあればまたひととき演出ができる。

これを作ったのは夏至のころ。
国連大学前の広場でやっていたイベントの一環で、手作りキャンドルを、私もひとつ家に持ち帰った。

f0159480_1715214.jpg

そして早や冬至の今日、縁あって、「100万人のキャンドルナイト」の幹事会チームに入って約1年が過ぎたところだ。

ここに来るまで、なかなかその意味が掴めなかった。
3年ぐらい前に、三島のおにぎりカフェ「丸平」さんの蔵で、キャンドルナイトのイベントに参加した。なんだか楽しそう、ただそれだけの思いでみんなが集まり、飲んだりおしゃべりしたりした。

新聞などで「でんきを消してスローな夜を」というコピーを見ることもしばしば。
東京タワーの灯りが消された、というようなニュースも、なんとなく知っていた。
代々木公園でもイベントをやっているようだし、NHKでも特集があったっけ。。。

バラバラの情報が、幹事会にやってきて、ようやくつながった。
イベント主催者は、それぞれ違っていて、「100万人のキャンドルナイト」では、「夏至と冬至の夜2時間、でんきを消してキャンドルの灯りで過ごしてみませんか」という呼びかけをするだけ。
ただ、それを発信していくプラットフォーム。

環境問題を考えるとか、○○しなければならない、でなく、全く自由な発想で。

それぞれの場所で、それぞれの人たちが静かに過ごす夜。
蔵でのキャンドルナイト、あのゆるやかにつながっていた楽しさ、そんな時間の過ごし方は、とても有意義だった。

ゆるやかながら、今そのムーブメントは、HPで、twitterで、全国に、世界に大きく広がっている。
新しい関わり方で、ここにいられる今、まだまだ発見は続く、つづく。。。

by ecott | 2009-12-22 17:11 | Comments(4)

ランチボックス

野菜の種類が多いと、うれしい。
f0159480_14121367.jpg

先日のエコプロ展で買ったランチボックスは、ごはんの上にいろいろ野菜がのった丼スタイル。
去年は広い会場をうろうろしてしまったが、今年はエコごはんコーナーをしっかりチェックしていたお陰で、充実したランチタイムとなった。

12月はイベント続き。
ちょっとかけ足、あれもこれもやらなっくちゃ、という年内の「やりたいことリスト」を横目に、どんな時もバランスよい食事は欠かせない。
野菜の種類は、しっかり多めに確保すれば、元気持続~~

by ecott | 2009-12-21 14:22 | Comments(0)