ぽかぽか太陽光

光のカーテン、冬の太陽のありがたさ
f0159480_23143087.jpg

南側の部屋に、こんなに日差しがたっぷり入るなんて、この季節になって気づいたこと。
お天気さえ良ければ、日中は暖房なしでOK。

f0159480_23153041.jpg

今、渋谷区で主催している「渋谷のエコライフ」という講座を受けているが、その第2回目が、新エネルギーの話だった。

新エネルギーというと、まずは浮かぶのが太陽光発電、風力発電。
ほかにバイオマス、水力、地熱、雪氷熱など。

この日の先生は、新エネルギー財団の方だったが、もともとの専門が文学だったというから、環境問題に、文学や映画の話を交えて、とにかく面白かった。

新エネルギーの話よりも、そもそも人類が石油を使ってきた歴史のことが中心で、これは長年蓄えてきた親の財産を使ってしまったというような例え。
そして農耕民族の日本人が、せっせと作物を育てて収穫してきたように、今度はエネルギーも自分たちで作り出す時代です、ということ。

話の中には、七人の侍とか、ラドンとかノストラダムスとかが次々と出てきた。
現代は地球温暖化で騒がれ、CO2を減らそうと言われている一方、それはウソなんていう説があるとしても、今は人類文明のたな卸し、見直しの時期なのでは、ということに大納得。

で、太陽光発電のことをもう少し詳しく聞きたかった気もするが、とりあえず我が家は、全く自然な直接太陽光で、この冬を凌げそうな気配。
ありがたや、ぽかぽかお日様です。

by ecott | 2008-11-29 23:43 | Comments(8)

京都で秋さがし

紅葉には、ちょっと早かったけれど・・・
f0159480_1283749.jpg

突然、京都。  たまには、京都。
紅葉を待ちきれない、という感じで、嵐山はそぞろ歩きをする人たちで、いっぱいのにぎわいだったな~

渡月橋、天龍寺、宝厳院、松巌寺……
小さな寺の山門から、少しずつもみじの赤い色が見えて、全面真紅に染まったらと…と、その風情を想像して楽しんでみる。

f0159480_129728.jpg

大原の方にも足を延ばしたかったが、今回は限られた時間。
何度目の京都になるのか、地理的にも疎いし、子供のころの記憶は、ほとんどなし。
ていねいに時間をかけて、一つひとつ的を絞って見てみたいと欲が出てきたのは、やっぱり大人になってから。

京都のことを、「お楽しみの重層性」「和のテーマパーク」と表現していた酒井順子さんの「都と京(みやことみやこ)」を思い出す。
さすが、リピーターとしての言葉だなあ。
京都初心者として、また読んでみたくなった。

by ecott | 2008-11-07 12:20 | Comments(8)

寄り道スポット

神宮の森、代々木公園を一望できるオリンピックセンター
f0159480_17533983.jpg

通称代々木のオリンピックセンター。
いくつもの棟が建つ広い敷地は、空間も緑もたっぷりで、ちょっと寄り道散歩をするのには、絶好の穴場だ。
東京オリンピックの選手村跡地で、今は研修センターとして、会議室や宿泊施設がある。

f0159480_1758990.jpg

都心で、こういった静かな場所が、前から好きだった。
ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って通学や通勤していたころ、
その空気がいやで、それが東京の最大の難点だと思っていた。

反対にぽかんと空間があいたように、広い敷地に緑が多いのも、また東京の一面。
人ごみとのギャップが、またいいんだな。
私にとって当時の印象は、北の丸公園とか、竹橋の近代美術館がそんな場所だった。

オリンピックセンターは、ちょっと特殊な場所かもしれないが、それだけにほかにはない“めっけもの”空間。
高い空から、秋がひたひた迫ってくるようなお天気だった。

めっけものは、季節限定のハロウィンランチも…
さんま定食などと並んで、そこだけフレンチっぽいプレートで、秋色たっぷりにおしゃれしました~というのも、なかなかいい感じだった。

f0159480_17582495.jpg

by ecott | 2008-11-01 18:09 | Comments(9)