<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地場産品

茨城産のピーマン、千葉産の梨
f0159480_10241940.jpg

今年の夏は、野菜が値下がりしたそうだ。理由ははっきりしないが、猛暑で夏野菜の生育が良かったのも一因かも。

色ツヤ良いピーマンも、店頭でよく見かけたなあ。
今年の梨も、みずみずしくて甘い。
f0159480_10244014.jpg

ところで、これってどこで作られているんだろう、と最近ますます産地が気になる。
10年ぐらい前に、「地場産品を食べよう」という何かの呼びかけがあっても、そのときにはピンと来なかった。
「なぜ?」と、疑問はそのまま・・・
それから、食の安全や環境問題に触れるうち、次第にその意味することがわかってきた。

地産地消であれば、食べ物を遠くから運んでこなくてもすむ。
遠ければ遠いほど流通経路が複雑になって、輸送にかかるエネルギーコスト、CO2排出量も人件費も、そこに入れられる保存料などの付加も増えていく。
私たちが選ぶ毎日の食材が、イコール環境問題にもかかわってくるということがわかると、そのつど産地が気になってくる。

最近は、フードマイレージという言葉で、その意味も広く知られるようになってきた。
食料の輸送距離という意味で、食料自給率39%の日本では、フードマイレージが世界でずば抜けて高いということにも、びっくり。

同じ国内産でも、例えば東京だと、北海道産や沖縄産よりも、千葉とか茨城の方が近いわけだ。
県別の自給率でも、興味深いデータを見つけた。
それによると東京都の食料自給率は、全国でも最低の1%。次いで大阪が2%、神奈川が3%。
それに対し、一番自給率のいいのが、北海道の200%で、なんとうらやましいこと!続いて秋田の141%、山形の122%。

静岡は意外に低くて、18%。おかしいな~、野菜もみかんも、お茶も、魚も、名産地のはずなのに・・・。

三島にずっと住んでいて、そのことがちょっと不思議だった。
三島産の野菜というのは、立地条件が良くて、とてもおいしいと聞いていたが、何年か前まで近所の店でその野菜を見たことがなかった。
特別上等なジャガイモや大根が、東京や京都の一流ホテルや高級料理店に出荷されると聞いて、驚いた。

それがここ数年、JAの直売所とか、「村の駅」とか、スーパーの一部コーナーでも出まわるようになって、ようやく手に入るようになった。
その評判は、とっても良くて、売れ行き好調みたいだ。

ところでフードマイレージだけでなく、地産地消が大切なもうひとつの理由として、「身土不二」という考えがある。身体と土とは一体で、自分が暮らす土地の旬のものを食べることが、環境に調和していい、という考え・・・

引越しが多いと、どうなるかな~
いずれにしても、東京にいては、かなり難しいこと。。。

by ecott | 2008-08-27 10:33 | Comments(8)

神楽坂ゆるゆる散歩

路地裏が面白い
f0159480_21243538.jpg

ゆるやかな坂道から1歩横道に入っていくと、迷路のように石畳の路地が続く神楽坂。
粋な塀や門構えがいくつも見える。

f0159480_21245763.jpg

行き止まりになって、またぐるぐる戻ってみる。
日本料理店にまじって、イタリアン、フレンチ・・・
酒屋の奥に隠れ家めいた飲み屋も発見。

f0159480_21251917.jpg

伊豆の友人、知人で、「以前は神楽坂に住んでいた」という人を3人知っている。
全く別々に出会った3人だから、その偶然に驚いて、面白いな~と思っていた。
ひとりは男性、ふたりは女性だが、長年の都会暮らしの後に、伊豆で新しい生活を始めたという共通点。
さらなる共通点は、3人ともアーティストということだ。

その魅力ある神楽坂とは、どんなところなんだろう?とずっと気になっていた。
地下鉄東西線の神楽坂駅は、古くは私にとって通過駅だったが、きちんと降りて歩いたことはなかったなと思う。

実際の街は、暑い日中なのに、路地裏に何かしゃきっとした静寂さがあった。
ピーンと筋の通った趣とでもいうか・・・
でもまた表通りに出れば、にぎやかな商店街で、そこから別の街へと広がっていく便利さ。
いろんな表情を含んだ空気が、個性的な音楽や造形物を生み出すアーティストたちの肌に合っていたのかな、と思う。

いやいや、昔はもっと静かでもっと風情があってね~なんて、3人それぞれのつぶやきが聞こえるような気もする。

by ecott | 2008-08-20 21:54 | Comments(8)

LEDのあかり

このデザインに一目ぼれした
無印良品の懐中電灯
f0159480_2014966.jpg

なんてすっきりとしたデザインの懐中電灯だろう、きっとお店のディスプレイもいいのね~と、最初はなんとなく見ていただけ。

しかしデザインもさることながら、さらにすばらしい優れものだということが分かった。
立てれば足元灯として、間接照明として部屋のアクセントにと、使える!
災害があったら、さっとそのまま懐中電灯として握りしめればいいわけだし・・
f0159480_20215100.jpg

しかも、この光源はLED(発光ダイオード)。
低い消費電力で長寿命、温度への影響も少ない第4世代と言われるあかりだ。
表参道ヒルズ前の街灯やイルミネーション、三島の大通りの街灯も、このLEDを使っていることで何かと話題になった。
さすが、無印良品は環境面でもデザイン面でも発想がすてきだ。

今日は、さーっと涼しい風が吹いて、一段落だったが、この夏ずっと続いた猛暑で、特に気になった多大な電気使用量。
部屋の電気をつける、エアコンを入れる、パソコンをつける。
なんとか減らそうとして、エアコンを消す、電気も必要最小限にしてなるべく消す。
しかしパソコンがこれほど熱を発しているなんて、涼しいときには気づかなかった。それだけでも、猛暑に追いうちをかけていた。

電気機器のために暑さが増すから、オフィスや電気屋さんでは、エアコンをより強力にしないと凌げない。
とすると室外機から猛烈な熱風を吹き出すから、都会のヒートアイランド現象著しい。室内をひんやりと快適にするために、外ではますます熱くなるという悪循環。
今年の夏は、特にそのことをずっと実感、体感していたかも。

このLEDのあかりが、そんなときの微々たるお助けグッズになったら・・・
キャンドルナイトではないが、ほんの少しでもと考えてしまう。

by ecott | 2008-08-17 20:16 | Comments(8)

ほっとくっキング

ジャガイモもカボチャも「ほっとく」だけの
余熱クッキング
f0159480_20553468.jpg

最近、ひたすらガスの余熱で料理をすることにしている。
煮物も味噌汁も、沸騰させてから火にかけるのは、ほんのわずか。
具がまだ硬くても、とりあえず火を止めてあとは「ほっとく」。
適当に時間が経てば、硬いジャガイモもカボチャもほくほくになる。
ましてや、この猛暑では特におすすめだ。

f0159480_20554342.jpg

前にお世話になった「沼津友の会」の鍋帽子を使ったエコクッキングが、この発想のヒントだ。
鍋帽子とは、キルティングした布団のようなもので作ったカバーで、鍋をすっぽりと覆う。
私が見せてもらった料理教室では、ごはん、煮物、茶碗蒸し、デザートまで次々と数分だけ火を通したら、この帽子を鍋にかぶせて置いておくだけ。熱が逃げないようにして、余熱で料理が出来上がる。

ずっとガスにかけておくより、味もじっくりとよくしみわたっておいしくなる。ガスの節約にもなるし、長時間火の前にいなくても済むから、「ほっとく」時間で別のこともできると、一石三鳥だ。

私は、この鍋帽子を作るのが面倒だなと思って、そのうち帽子なしでもぴっちりフタをしておけば、ある程度の余熱で大丈夫だと分かった。

こんな暑さで「hotクッキング」はしたくないから、「ほっとくっキング」!
カレーやおでんは、その代表格だが、ほかにもいろいろと過保護は止めて「ほっとく」ことで、まろやか~になるから不思議だ。

by ecott | 2008-08-10 21:05 | Comments(10)

ツバル

こんなにきれいな島が、温暖化の危機に・・・
f0159480_21231246.jpg

写真家・遠藤秀一さんの写真展とトークショーが、
東京ミッドタウンのFUJIFILM SQUAREで行われた。
題して「ツバル:沈みゆく島国が語りかける現実」。

地球温暖化の影響で海面上昇し、南太平洋の小さな国ツバルが、
このままでいくと、なくなってしまうという危機にさらされている。

ツバルは9つの島からなるが、トークショーでは、その1つフナフティ島の暮らしが紹介された。
楽園のような島で、現地の人たちは、海で魚を捕り、タロイモ、バナナ、ヤシの実を食べて自給自足の暮らしをする。
話を聞きながら、前にトンガ出身の彫刻家が三島に来たときに、一緒に川歩きしたことを思い出した。彼はどこへ行くにも裸足で、島の素朴な暮らしをあれこれ想像したものだ。

同じ南太平洋に浮かぶツバルの異変は、50年ほど前から起こっているという。海面が徐々に上昇していて、満潮のときの映像では、その変化がよく分かった。

世界中のあちこちで起きている温暖化による異常現象。
ツバルの場合、深刻な現実として、アラームを発している。

先進国が出してきた大量のCO2のツケが、本当にまわってきてしまった!
世界でCO2排出量が多い順に、アメリカ、中国、EU、ロシア、日本・・・
地図上では、日本とて小さな島国なのに不思議な気がするこの順位。

遠藤さんも結びの言葉で述べていたが、海外、特に途上国を旅してきた人からよく聞く共通した感想・・・現地の子供たちは、なんてキラキラとしたきれいな目をしているんだろう。
日本に帰ってきたときに、日本って、本当に豊かな国なんだろうか?
モノがあり過ぎて、あってもあっても満足できないのでは・・・と。

写真が美しいからこそ、考えさせられることは多かったなあ。。。

by ecott | 2008-08-03 21:41 | Comments(10)