カテゴリ:くらしオーガナイズ( 113 )

捨てても、捨てても、片づかない

「捨てても、捨てても、なんだか片づかないのよね~」ということを、
最近何人かの方から聞きました。

そう!思いあたります。
かつての私、まさにそんな気持ちでした。
スッキリとした空間がほしい、そのためにはモノをどんどん捨てるに限る、
と思っていましたから。

でも、いつまでたってもなんとなくスッキリしないのは、どうして?と
ずっと思っていました。

ライフオーガナイズのやり方としては、
「捨てる」から始めない。。。なんです!

「捨てる」前にやることがあるんです。
それは、「分ける」です。

「分ける」前にも、もうひとつやることがあるんです。
それは、「考える」です。

なぜ片づけるのか、なぜ整理するかの目的を考えるんです。
その目的を考えるには、理想の暮らしや価値観について、
考えることになります。

すると、大切なものが分かって、
「分ける」作業がスムーズにできると、
自然に「減らす」ことができるのです。

これを繰り返していくうちに、少しずつ居心地がよくなって
「捨てても捨てても…」という気持ちは、次第になくなっていきますよ~

-------
★「ライフオーガナイザー入門講座」を開催します。

日時 8月20日(火)9:30~12:00
場所 家庭クラブ会館(新宿駅近く)

内容 ライフオーガナイズとは?
    ライフオーガナイザーの仕事とは?
    暮らしに役立てるライフオーガナイズの手法

詳細はこちらです → ライフオーガナイザー入門講座☆8月のご案内

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-08-07 22:18 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

暮らしの土台をつくる

かつて、よく雑誌を見ていたころ、
繰り返しページをめくっては、美しい部屋、インテリアに憧れたものです。

でも、現実は雑誌と同じにはならないことを知りました!
影響を受けて、マネできたのは、ランチョンマットを替えて楽しむテーブルセッティングぐらい。
それは、簡単に目で見える狭い範囲なので、自分でも工夫することができたからです。

でも、リビングもキッチンも、何から何まで美しい!という雑誌の世界は、
やはり現実とはなりませんでした。

最近気づいたのですが、それはかなりの上級編だということです。
片づけ方法、整理方法の基礎を知らない人が、
いきなりセンスの良いスッキリとした部屋づくりをするのは無理なのです。

ライフオーガナイズを知って、それがよくわかりました。
わたしたちは、片づけを学校の授業で特別に習ったわけでもなく、
手を洗ったり、歯を磨いたりするのと同じように、
親からの躾として教わることと考えられてきました。

使ったものは元へ戻す、このくらいの躾はできそうですが、
でも、親がその元へ戻す場所の仕組みを作っていなかったら、子どもはできません。

そう、親だって方法を知らない人が多いのです。(まさに私がそうでした)
片づけ、整理は、実は習うべきことで、それがライフオーガナイズ=暮らしの土台作りです。
この土台があって、初めて次のステップ「センスのいい部屋」があるのです。

雑誌の世界は、もう当然土台があるという前提で、
その上に素敵な家具を配置し、色のいいクッションがあり、おしゃれな雑貨が置いてあるということです。

これまで、この土台について、あまり言われてこなかったけれど、
モノがぐっと増えた現代では、その基礎からの見直しがとても大切です。

アメリカから入ってきた「思考と空間の整理術」ライフオーガナイズ。
その考え方を知って、私の暮らしは、ほんとうに楽になりました。

インテリアによって「きれいになりました!」というよりは、
「楽になりました!」
この一語に尽きるということは、暮らしの土台が変わったということです。

f0159480_19353938.jpg


ーーーーー
☆「ライフオーガナイザー入門講座」を開催します。

日時 8月20日(火)9:30~12:00
場所 家庭クラブ会館(新宿駅近く)

内容 ・ライフオーガナイズとは?
    ・ライフオーガナイザーの仕事とは?
    ・暮らしに役立てるライフオーガナイズの手法

  詳細はこちらです
        ↓
ライフオーガナイザー入門講座☆8月のご案内

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-07-30 20:24 | くらしオーガナイズ | Comments(0)

家族が片づけない!?

夫がモノを出しっぱなし、
実家の母のモノが多すぎる、
子どもが片づけなくてイライラ
このようなこと、いろんな方から本当によく聞く言葉です。

夏休み、思わず子どもに「片づけなさ~い!」と怒鳴る回数も増えたりして、
あ~、主婦はむなしいわ~と感じている方も多いかもしれません。

でも! そういうお母さん、あなたが片づけ上手ですか?

ひょっとして夫は、「妻が片づけない」と、思っているかもしれません。

これ・・・なにを隠そう、全て過去の私です。

ライフオーガナイザーになって、冷静に判断できるようになってから、
なぜこういうことが起こるかと考えてみました。

自分のモノは、そこに置いていて把握しているつもりが、
他人のモノは、置いてあるということ=散らかって見えたりします。

オーガナイズのひとつの考え方は、「価値観の違いを知る」ということ。
家族でも、みんな価値観や好みが違うわけですから、当然大切にしたいモノも
違ってきます。

自分の姿を、鏡や写真以外で見ることはできないのですが、
他人のことやモノは、ついつい目についてしまうのです。

では、どうしたらいいのか?
まずは粛々と、自分ができる範囲を片づけることです。
オーガナイズを積み重ね、仕組み化ができたら、ただ定位置に戻す。

f0159480_2115584.jpg

日ごろからこんなことを考えていたところ、
同期のオーガナイザーの三浦妙子さんの素晴らしいブログ記事に出あったので、
リンクさせていただきますね~
    ↓
夏休み、子供に「片づけなさい~!」という前に

三浦さん、ほんとうに素敵なお母さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-07-23 22:23 | くらしオーガナイズ | Comments(0)