「断捨離」メルマガでご紹介いただきました

8月に開催された「片づけ大賞2016」の大賞をいただいてから、
びっくりするような出来事が、いろいろありました。

そのひとつとして、片づけ大賞の審査委員長である
かたづけ士の小松易さんが、「断捨離メルマガ」の中で、
私のことを書いてくださったのです。

やましたひでこさんの公式サイト「断捨離」にアップされる
記事で、小松さんも定期的に書かれていて、
タイトルは「使いどき」を意識せよ!というもの。

小松さんは、ご自身の講演会で、
いつも頻繁に「出し入れ」することの多い財布を例に
話されることが多く、それを冷蔵庫と比較して興味深い記事に
してくださったのです。

私の著書「冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく」から
「冷蔵庫は、一日平均35回も開け閉めしている」
「冷蔵庫は『ホテル』のようなもの」
「『保存する』冷蔵庫」から「『使う』冷蔵庫」へ
という箇所を取り上げていただき、
「使いどき」を意識するということ。

f0159480_8581165.jpg

記事は、
財布も、冷蔵庫も、片づけの入り口として、
片づけをトライするには
「冷蔵庫か、財布か」
「一点集中・全面突破!」で頑張ってみてください。
と、締めくくられています。

私も、片づけセミナーで、財布を整理するワークを
取り入れたことがありますが、こんな例として取り上げて
いただけたことは、大感激でした!

「片づけ大賞」の席で、審査委員長としてお目にかかれただけでも
光栄だったのに、「もったいない」ほど、盛りだくさんのこの夏でした。

f0159480_23143156.jpg


ライフオーガナイザーの情報は、こちらに集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2016-09-14 23:22 | Comments(0)