右左脳タイプの家具選び

引っ越しに伴い、IKEAでパソコン机と棚を購入。
棚は、まだ組み立て作業中で、完成ではありませんが・・・

f0159480_22151474.jpg

これに決めるまで、全く私の頭はぐるぐる、
カーテンに続き、迷いに迷いました。

ふと、この迷いは私の利き脳・右左タイプによるものでは?
と気づいたのです。

ライフオーガナイズでは、片づけに利き脳を生かす手法を紹介していますが、
おおまかに言うと、ざっくり右脳タイプとキッチリ左脳タイプに分かれます。

私は、インプット右脳、アウトプット左脳の右左ですが、
どんなタイプかというと、
「素敵にしたい!という理想が高く、完璧を目指すあまり、
うまくいかないと途中であきらめてしまうことも。
感覚的イメージを実現するには、好みの収納グッズを用意して形から入るのもおすすめ」
と、あります。

ふつう、片づけの基本としては、
収納グッズを、先に買ってはいけない、
モノの量を確かめ、きちんと測ってから、と言われています。

ところが右左脳タイプに限っては、どうもそうではなく
先に買ってよし!と。
この意味が最近までよくわかりませんでしたが、
今回の引っ越し準備で新しく家具を買おうというときに、
まさに、これを実感したのです。

机と椅子は、すぐに決まりました。
棚は、本や雑貨を全部しまえて、白で、
手の届くところに、何でも置けて・・・と
イメージしていたのですが、いざサイズを測ると
このくらいで収まるのだろうか、いったい何と何を収納して、、、
と、頭の中がぐるぐるし始めました。

いつもそうなのですが、理想を描くのは楽しい
いろんなお店を見るのも好き、
じゃあ買おうという段階になると、
ほんとうにこれでいいの?サイズは?収納量は?
ととことん迷っては、買えないで帰ってくるという
パターンが多かったのです。

カーテンを決めるときもそうでしたが、
右脳で理想をパっと描き
左脳で、計測して理想とマッチさせようとすると
なんだか決めてがなくなってしまう心細さをずっと感じていたのです。

そんなとき、「形から入る!」ことを思いだし、
もうこれだ!とひと目ぼれした棚のデザイン。
考え過ぎず、買ってから入れるものを決めよう~
ぐらいの勢いで。

これから扉を付けて、そして収まるべきところに
モノが収まれば、、、ときめくかな~

引っ越しが完了して、落ち着いたら、また改めて感想を書きたいと思います。

ーーーーー
セミナーのお知らせ
☆「幸せを呼ぶ!冷蔵庫の整理法」
日時:5月10日(火)10:00~11:30
場所:渋谷区文化総合センター大和田
詳細は、こちらから

ライフオーガナイザーの情報は、こちらに集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2016-04-14 22:28 | くらしオーガナイズ | Comments(0)