命も食材も救うパッククッキング

5月に、防災備蓄アドバイザーの岡部梨恵子さん
パッククッキングを習い、その後自宅でも実践してみました。

もしも今、大地震が来て、ライフラインが止まってしまったとしたら・・・
日ごろから、わたしは冷蔵庫の整理で食品の無駄をなくそう、
ということをテーマにしていますが、
実は、このことと防災備蓄はとても関係があるのです。

非常食というと、缶詰や乾パンなどがすぐに思い浮かびますが、
まず最初に食べたいものは、冷蔵庫の中のものです。

停電になったら、生ものが入っているここから食べてしまわないと
どんどん傷んできます。
ゴミと化しても、捨てることすらできなくなるかもしれません。

ガスも水も使えない状態のとき、
卓上コンロと買い置きの水を最少に使って調理する方法が
パッククッキングです。

f0159480_9345854.jpg

最初に、鍋にお湯を沸かしておいて
食材入りのポリ袋を、次々と入れていきます。

まずは、わが家の冷蔵庫にあった厚揚げと野菜、みりん、しょうゆも一緒に入れて、
袋の口をぎゅっと縛って、お湯の中に。

出来上がりがこちら。

f0159480_9352792.jpg

じゃがいもも少量の水を足して、同じようにポリ袋に。
冷凍の餃子も同じく。
サラダも添えて、1食分が出来ました!

f0159480_936015.jpg

そして、これは私が前に何度か紹介していた
「ほっとくッキング」にも通じることがわかりました。

お湯を一度沸騰させれば、いつまでもコンロの火をつけていなくても
蓋をしておくだけで、余熱調理ができます。
ほっとく(放っておく)ことで、
ジャガイモも餃子も、ほくほく、ふわっとして、
普通に調理するより美味しくなるほどです。

「今、あるもの」で、命をつなぎ、食材を救い、
少しでもエネルギーを節約して、食べること。

どんな状態のときも、「ちょうどよく」対応できること、
まだまだ工夫してみたいです。

ライフオーガナイザーの情報が集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

シンプルライフについては、こちらです。
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2015-07-06 09:45 | たべものオーガナイズ | Comments(0)