「幸せ」をつかむ方法

「いつかやらなきゃ」ということが、毎日あって、
でも、その「いつか」とか、もやもやした状態って、
決して心地よくないですよね。

でも、うんとカンタンなことでも、できると本当にうれしいんです!
取れかかったボタンを直した
ファイルの中身を整理した
気になっていた旧友に連絡が取れた

それは、自分で決めた些細なことができたという満足感です。

前にも書いた「幸せがずっと続く12の行動習慣」(ソニア・リュボミアスキー著)
という本の中に出てくる「快楽順応」という言葉。

大きな願望が叶えられれば、人は幸せかというと、
叶ったとしても、やがてはそれに慣れてしまうということです。
例えば、家やお金や結婚や健康さえも。

ドッカーンと大きな幸せを求めるより、
小さな満足感を、日々持続させていく方が幸福度が上がるんですね。

「自分を予約する手帳術」を書いた佐々木かをりさんによれば、
手帳の余白にやりたいことを書き、それが「出来た!」となったときに、
満足感を感じ、それが増えていくことが幸せだとしています。

「人生が輝く!主婦のための手帳術」を書いた
あな吉さんこと朝倉ユキさんも、
やることリストのフセンを、できたらはがせば、やはり
達成感でハッピーになっていくということを書いています。

要は、自分の人生を自分でコントロールしていると感じられることが
幸せなんですね。

ボタンをつけた、ファイルを整理した、
そんな些細なひとつひとつでさえ、
もやもや気分から、やったーと感じられる瞬間。

小さなことから、もうちょっと大きな夢プランも、
その繰り返しで、その積み重ね。

「幸せをつかむ」って、こういうことだと・・・
なんだか妙に納得してしまっているこのごろです(^^)

f0159480_201268.jpg


「幸せ」感じるライフオーガナイザーのブログが集まっています。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-03-23 20:11 | こころオーガナイズ | Comments(0)