バッグの中も「立てる収納」で

おすすめ収納術のひとつとして、「立てる」ということがあります。
ほとんどのものは、「立てる」ことで、全体が見渡せる、俯瞰できるからです。

本や書類、タンスの中のTシャツやセーター、冷凍品も、できれば野菜も「立てる」。
そして、バッグの中身も「立てる」といいんです!

f0159480_21354.jpg

先日、「バッグは歩く収納ボックス」という記事で、
全部出す、分ける、戻すことが、部屋の整理と同じということを書きましたが、
実は、収納も同じなんですね~

NHKの「あさイチ」でやっていたバッグの整理法が、まさにこれでした。

まずは、書類や本をしっかり支えにしたら、
お財布、手帳、ペンケース、メガネケースなど、みんな立てて入れていきます。

これまで、長財布なら、その向きのまま横に、
化粧ポーチも横にして入れていましたが、
立てたら、びっくりするくらい使い勝手が良くなりました!
収まり具合が良く、特に出し入れの多いお財布の取り出しがぐっと楽になりました。

コロンとした形のバッグには、部屋で使うような小物用収納ボックスを
そのままバッグ内に入れると、きれいに立てられますよ~

ほんのちょっとしたコツで、全く使い勝手が違ってくるものです。

ライフオーガナイズの情報が、集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

by ecott | 2014-03-15 21:31 | くらしオーガナイズ | Comments(0)