「お片づけ」と「大片づけ」

片づけ、整理、整頓、収納・・・
こういった言葉の説明や定義って、なかなか難しいものです。
本によっても、人によっても、少しずつ使い方が違うからです。

ライフオーガナイズでは、まずは暮らしの土台づくりとして、
オーガナイズという基礎をしっかりと築くために、
モノを整理して収納位置を決めます。

そして、それを一度決めた収納場所に、
きちんと戻すことを習慣化する日常の作業を
「片づけ」としています。

大切なことが2段階あるわけです。
土台づくり と
毎日の習慣化

でも、一般的には「片づけ」という言葉はどちらにも使われたりしています。
そこで、わたしがふと浮かんだ言葉が、そうだ!わかりやすくするために
「お片づけ」と
「大片づけ」
にすればいいんだ!ということ。

例えば、小さな子どもに「使ったおもちゃは、元に戻そうね~」
というのが「お片づけ」

それに対して「大片づけ」は、大々的にモノを減らしたり、選別すること。

「大掃除」は、掃いたり、拭いたりと昔からやってきたことですが、
それだけでなく、モノや情報が増えてしまった現代生活に必要なのが、
「大片づけ」なんですね。

organize(オーガナイズ)という英語が入ってしまうのがわかりにくいなら、
「大片づけ」で暮らしの土台をつくって、
 (ややっ! この2つ語感が似ている!?)
毎日「お片づけ」の習慣をつけましょう~、ということかな。

このようなこと、セミナーではいろいろな例えとともにお伝えしています。

f0159480_21511558.jpg

ーーーーー
☆カフェセミナー
   衣・食・住の「もったいない」整理法

1月は「利き脳を生かした住まいの整理法」を開催します。
   1月18日(土)、21日(火)

全国のライフオーガナイザーのブログが集まっています。
   ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2014-01-15 22:04 | くらしオーガナイズ | Comments(0)