利き脳「左左」タイプは、こんな感じ

ライフオーガナイズでは、利き脳を生かした片づけ術をお伝えしています。
大まかに言うと、感覚派の右脳タイプか、理論派の左脳タイプかによって、
向いている片づけ法が違うということです。

インプットとアウトプットが、それぞれ右脳派か左脳派かということを合わせると、
タイプは、「右右」「右左」「左右」「左左」と4つに分けられます。

片づけだけでなく、ふだんの行動を考えてみて、その人がどんな脳タイプかによって、
「はは~」「やっぱり」と、思うことが最近よくあります。
絶対にというわけではなく、大まかにそんなタイプということが分かるだけでも
興味深いことです。

わたしの周りには、「左左」タイプが多いかな、と感じている最近。
9月には、カフェにて「利き脳片づけ術セミナー」を開催しましたが、
受講生の方が「左左」タイプでした。

ちょうど、カフェで出されたお菓子やシュガーを入れた箱。

f0159480_22434942.jpg

こんな区切りがある箱、使いやすそうですね~と、話がはずみました。
細かく区切ってある方が収納しやすいと感じるのが、まさに「左左」タイプなのです。

そして、共通して言われることが、
「会社ではモノがうまく戻せるけれど、家ではうまくできない」ということ。
それは、会社などのオフィスでは、仕組み化がきちんとできている場合が多く、
家庭では雑多なものが多いので、仕組み化(オーガナイズ)するまでが
ちょっと大変かもしれません。

でも、一度土台ができてしまえば、家庭でも会社でも同じように、
収納すること、戻すことは得意な「左左」タイプなのです。

90歳になる母は、雑多なものに囲まれて暮らし、感覚派かと思いきや、
先日利き脳チェックをしてみたら、なんと「左左」でした。

でも、よく考えてみると確かに行動は「左左」的かも・・・
と、そこで発見したのがこれ!

f0159480_22411583.jpg

母手づくりの薬箱。
きっちりとした仕切りです。

私は「右左」タイプですが、利き脳研究、面白いです(^^)

ライフオーガナイザーの皆さん、利き脳のことも多く書いています。
     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-10-05 23:30 | くらしオーガナイズ | Comments(0)