大きなものも小さなものも「俯瞰」してみる

六本木ヒルズから、東京の街を俯瞰。

f0159480_19135923.jpg

いっぺんに見えるということは、圧巻、壮観。
気持ちも大きくなります。

ライフオーガナイズの講座では、
上から見る、全体を見る、把握するという「俯瞰」がとても大切だということを、
基本としてお伝えしています。

最初の説明で、私がよく例に出すのが、こうした風景を上から見ることも、
家の引き出しひとつを上から見ることも、「俯瞰」だということ。

範囲が大きくても、小さくても、その意識を持つことが重要なんです。
それによって、今、何をするべきか、何を整理していくかがわかるからです。

明日は、家で眠っている食材を持ち寄り、シェフにお料理してもらって、
みんなで食べようという食材サルベージパーティー「サルパ!」の日です。

家庭の食材ストックを見ながら、さあ何を持っていこうかと考えるところから
始まるパーティーなんです。

そこで、冷蔵庫や食品棚を「俯瞰する」!
この際、全部出してみて整理をすれば、何が無駄になっているかがよくわかります。

大きなものも、小さなものも、
人生も、引き出しの中も、まずは「俯瞰」からスタートです。

さあ、明日はどんなパーティーになるかな~、またご報告します^^

ライフオーガナイズ情報は、こちらに盛りだくさん
    ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-09-06 20:41 | こころオーガナイズ | Comments(1)

Commented by 唯野 at 2013-09-08 07:05 x
大阪のライフオーガナイザーで、人の悪口やイヤミを聞こえるように言ったり、キチガイのようにイライラして騒ぐ人間性に問題のある人がいます。こんな人が「ライフオーガナイズで皆を幸せにしたい」とか言ってます。不幸にするばかりですので、もっと人間性を高めるよう指導して欲しいと思います。心が汚れている