「書くことについて」書いたら、終わらないのですが。。。

書くことは楽しい~と、いつも思います。
「書くことについて」書いたら、ずっと終わらない気がするので、
今日は、まずほんの少し。

書くことが好きになったのは、中学生のころからです。
自分が小学生だったころというのは、今思うと、
な~んにも考えていなかったな、という子ども。

それに比べ、多感な中学生になると、あれやこれや考え始めたわけですね。
なんだか周りのこととか、自分のこととか。

その気持ちを日記に書き始めると、楽しくて、面白くて、
多い日には、ノートに何ページも書いていました。
当時は、もちろん鉛筆の手書きで、せっせと。

書いているうちに、どんどん新しい考えが浮かんだり、
最初とは違った展開で自分の気持ちを再発見したり、
書くことで、頭の中が整理されることを知りました。

そして、作文やレポートを書くことも好きになり、
その後ずーっと経ってから、取材して記事を書くことの醍醐味を知り、
今はブログを書く日々。

でも、それぞれの「書く」意味や効用は、全部違います。

ただ、中学生のころにひたすら書き続けていたあの感覚、
そこが「好き」のスタートになったことだけは、確かです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

by ecott | 2013-08-09 23:45 | こころオーガナイズ | Comments(0)